connecting...
Google translation for articles :
2 NEMBER donated to you!!

【古事記入門】その51 允恭天皇

nem1.70xem (2) 149 0 1

仁徳天皇と磐之媛には息子が4人いました。長男〜三男までは

  • ノンビリした履中天皇
  • 反乱者の墨江中王
  • 歯並びが良い反正天皇

という3人でしたが、今回の主人公は若干存在感の薄い四男、男淺津間若子宿禰(をあさづまのわくごのすくね)=第19代 允恭天皇です。

 

允恭天皇の御子

 

弟男淺津間若子宿禰の王、遠つ飛鳥の宮にましまして、天の下治らしめしき。

この天皇、意富本杼(おほほど)の王が妹、忍坂大中津比賣(おさかのおおなかつひめ)の命に娶ひて、生みませる御子、木梨の輕の王、次に長田の大郎女、次に境の黒日子の王、次に穴穗の命、次に輕の大郎女、またの御名は衣通(そとほし)の郎女、(御名は衣通の王と負はせる所以は、その御身の光衣より出づればなり。)次に八瓜の白日子の王、次に大長谷の命、次に橘の大郎女、次に酒見の郎女九柱。

 

允恭天皇の宮は遠つ飛鳥の宮。はじめて飛鳥に都を置いた天皇です。

皇后である忍坂大中津比売とのあいだには9人の子を授かったのですが、今後も出番のある御子が多いので、整理しておきます。

次女の軽の大郎女に関しては「お体が輝くようで、衣を通して光が漏れ出ていたので『衣通の郎女』と呼ばれた」と書かれていますが、要するにとても美人だったということでしょう。


しかしこの美貌が次回、悲劇につながってしまいます。

 

天皇の病

 

天皇初め天つ日繼知らしめさむとせし時に、辞びまして、詔りたまひしく「我は長き病しあれば、日繼をえ知らさじ」と詔りたまひき。

然れども大后より始めて、諸卿たち堅く奏すに因りて、天の下治らしめしき。

 

允恭天皇はもともと病弱で、先代の反正天皇が崩御した際には「私は長く患っているので、皇位を継ぐことはできません」と言って継承を遠慮していました。
このとき、しばらく空位期間があったようです。

しかし皇后をはじめ臣下からしきりに継承をお願いされたため、即位を決断しました。

 

この時、新羅の國主、御調物八十一艘獻りき。

ここに御調の大使、名は金波鎭漢紀武(こみはちにかにきむ)といふ。この人藥の方を深く知れり。かれ天皇が御病を治めまつりき。

 

このとき、新羅の国主から朝貢の品が、81隻もの船に乗せて届けられました。

これに大使として乗っていたコミハチニカニキムという者は薬学の知識があったため、天皇の病気を治すことに成功しました。

 

この時代、科学の知識はやはり大陸が進んでいますね。

 

氏姓の正定

 

ここに天皇、天の下の氏氏名名の人どもの、氏姓(うじかばね)が忤(たが)ひ過てることを愁へまして、味白檮(うまかし)の言八十禍津日(ことやそまがつひ)の前に、玖訶瓮(くかべ)を据ゑて、天の下の八十伴緒(やそとものお)の氏姓を定めたまひき。

 

天皇は、ひとびとの氏(家の名前)や姓(朝廷から与えられた家の階級)が、間違っていたり故意に偽っていたりすることを嘆きました。
そこで、大和の甘樫丘で、言八十禍津日神(コトヤソマガツヒ)の前で探湯(くかたち。熱湯に手を入れて、嘘をついているものは火傷するという占い)を実施し、人々の氏姓を正しく改めました。

 

ちなみに八十禍津日神というのはイザナギが黄泉の国から戻ってきて禊をした時に生まれた神です。その箇所では

 

「上つ瀬は瀬速し、下つ瀬は弱し」と詔りたまひて、初めて中つ瀬に降り潛きて、滌ぎたまふ時に、成りませる神の名は、八十禍津日の神。次に大禍津日の神。この二神は、かの穢き繁き國に到りたまひし時の、汚垢によりて成りませる神なり。

次にその禍を直さむとして成りませる神の名は、神直毘(かむなほび)の神。次に大直毘(おほなほび)の神。次に伊豆能賣(いづのめ)。

 

と書いてあります。

要するにヤソマガツヒ、オオマガツヒというのは黄泉の国のケガレから生まれた神ということで、マガ=災いを司る神です。

 

現在この場所は甘樫坐神社(あまかしにますじんじゃ)になっています。
近所に宮を置いた推古天皇が主祭神になっていますが、もともとは八十禍津日、大禍津日、神直毘、大直毘が主祭神であったとされています。

 

 

 

そんなわけで、病弱で存在感が薄いながらも、氏姓の正定という事業を成し遂げた允恭天皇の事績でした。

允恭天皇の治世はしばらく続きますが、次回からは皇子たちがドタバタを繰り広げます。

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register

NEMber who posted this article

コーヒー豆屋。東京都北区王子でカフェ開店準備中。クリプト歴ヲタ同好会員。
26086
0

Why don't you read following articles?