Wait a moment...

【映画】黒澤明監督おすすめ作品

nem2.75xem (1)
305
0
2019-06-23 11:37:02
【映画】黒澤明監督おすすめ作品

日本の代表的な映画監督であり、世界で最も評価されている映画監督と言っても過言ではない巨匠・黒澤明。

 

日本人として黒澤作品はちゃんと観といた方が良いと思い映画を死ぬほど観てた時期に一通り借りて観たのですが今観ても充分わくわくできる作品ばかりで面白かったです。勿論映像の古さやセリフの古さみたいなものはありますが、それ以上にストーリーの面白さとそこに匂わせるどうしようもない侘しさ、今の作品に多く影響を与えていることがわかる数々の演出が非常に印象的でどれも楽しく観れました。

 

全ての作品を観たわけではありませんが、私が観た作品の中で特に印象に残った作品をご紹介したいと思います。

 

 

○七人の侍

〈あらすじ〉

時は戦国時代のとある貧しい農村。農民たちは野盗と化した野武士たちの襲撃を恐れ、おののいていた。そこで村を守るために用心棒を雇うことを決意、食うに窮する七人の侍を探し出し、彼らとともに野武士に対抗すべく立ち上がる……。

 

この作品はやはり外せません。観客だけでなく世界中の映画人に多大なる影響を与えた世界を代表する名作です。『荒野の七人』『宇宙の七人』というように海外でリメイクも幾度もされています。『マグニフィセントセブン』が最近では一番新しいリメイク作品ではないでしょうか。

 

個人的にこの作品で印象に残っているのはラストでした。

 

侍と百姓が野武士達に勝ち、農民は再び平和な日常を取り戻して活気よく畑を耕す横で、仲間を失い三人だけとなった侍が悲しき目をして農民を眺めながら、

 

「今度もまた、負け戦だったな。勝ったのはあの百姓たちだ。我らではない」

 

と言い画面いっぱいに侍の墓と重々しい音楽が流れる演出は印象的でした。

 

人の命を奪い戦をすることしか術がない侍には、戦が終わればただ残るのはどうしようもない虚無。それに比べて差別される対象である農民達は、自ら命を生み出す術を知っています。果たしてどちらが強いのか、どちらが本当に生きていると言えるのか、考えさせられるラストであり、タイトルにもなっている「侍」の勇姿ではなく虚しさをテーマにした大変印象的な作品でありラストでした。

 

リメイク版は『マグニフィセントセブン』しか観ていないのですが、あれは個人的に解釈違いでした。ラストが「弱き者のために戦った偉大なる英雄達!」みたいになっていたのですが、この解釈はアメリカらしいといえばらしい文化の違い故の解釈でしょう。

「本当に強き者はどちらか」という原作の主題から逸れてしまっていたのは残念です。

 

話が少し逸れましたが、とはいえこの作品はラスト以外にも後の映画作品に強く影響を与えたことがわかる場面が多く観られ、ストーリーも大変素晴らしいものになっているので、一度は観とくべき作品だと思いました。

 

 

○乱

〈あらすじ〉

シェイクスピアの『リア王』を毛利3兄弟の物語に大胆に翻案して描いた絢爛豪華な戦国絵巻。過酷な戦国時代を生き抜いてきた猛将、一文字秀虎。70歳を迎え、家督を3人の息子に譲る決心をする。長男太郎は家督と一の城を、次郎は二の城を、三郎は三の城をそれぞれ守り協力し合うように命じ、自分は三つの城の客人となって余生を過ごしたいと告げた。しかし、秀虎を待っていたのは息子たちの反逆と骨肉の争いだった。やがて、秀虎はショックのあまり発狂してしまう。

 

フランスと合作で作られた『乱』はカラー映画の時代に入り色鮮やかな表現をふんだんに取り入れられていたのが非常に特徴的です。

 

城が倒壊する様は正に芸術で迫力があり印象に残っています。

 

『リア王』日本版という面白い発想からストーリーが展開されるので、フランス文学あるあるの容赦ない残酷さと日本の戦国の激動さを併せ持った本作品はとてもわくわくして観れるものでした。

 

誰一人として報われない地獄のような話ですが、演出や芸術面だけでも充分楽しめるものとなっています。

 

 

○八月の狂想曲(ラプソティー)

〈あらすじ〉

夏休み。長崎から少し離れた山村に住む老婆・鉦の許に4人の孫たちがやってきた。都会の生活に慣れた孫たちは田舎の生活に退屈を覚えながらも、長崎の街にある戦争の傷跡や鉦が話す昔話を聞いて、戦争に対する考えを深めていく……。

 

この作品は黒澤明監督晩年の作品となったことでも知られています。しかし、海外であれだけ名を残した黒澤監督であっただけに、この作品は特にアメリカで非難を浴びました。

 

というのも、この作品にはリチャード・ギアが出演しており、彼がアメリカ人として原爆投下を謝るシーンがあるからです。

この作品は黒澤監督らしい激しい戦闘シーンや劇的な演出がなく、それを期待している人にとっては残念に思うのも無理はないと思います。映画自体テーマがテーマだけに学校の平和学習で観せられるような「戦争の恐ろしさと反核」を学ぶための作品といった感じでした。

 

私も途中まではかなり観るのがしんんどかったのですが、後半になるにつれてタイトルになった「狂想曲」の意味が見えてきて観終わったら後は何とも言えない複雑な気持ちになったことを覚えています。

 

物語終盤、激しい雷と雨、夏の嵐に見舞われる一家。祖母はその雷の音に飛び起き急いで孫達に布団を被せ、「ピカじゃ!ピカじゃ!」と叫びます。その様子に唖然とする家族。

 

また、次の日には雷雲を見た祖母が「ピカの時と同じ雲じゃ」と言い長崎に向かって走り出したことを聞いた家族が大雨の中祖母を追いかけます。

 

泥だらけの中ずぶ濡れになって駆ける家族の姿は何とも滑稽で痛々しい。そして傘をひっくり返しながら長崎に向かってひたすら進む祖母の姿は胸を打たれるものでした。幸せそうな女学生の軽快な「野中のバラ」が流れる中、泥にまみれた家族が映されて映画は無言で幕を閉じます。

 

「反核」という重々しいテーマを扱い、当時大スターであったリチャード・ギアに台詞とはいえ原爆投下を謝らせ、世界中を魅了した劇的な戦闘シーンを描くこともなかったこの作品は、先に述べた通り海外では不評でした。

 

しかし、恐らくこのような反応が返ってくることは黒澤監督も承知していたのではないかと思います。それでも描きたかったテーマ、世界中が自分に注目しているとわかっているからこそ描いた作品が『八月の狂想曲』であったのではないかと思いました。

 

また、リチャード・ギアもこの作品に出演してくれたことに大きな意味があると思います。

彼は数々のヒット作品で大スターとなった間違いなく実力派俳優でありますが、近年では中国のチベット侵略問題を言及したあまりハリウッドから干されてしまいました。中国資本が殆どのハリウッドで中国のことに言及するのは俳優にとって命取りです。しかしその中でも口にし問題を訴えたのがリチャード・ギアでした。

 

そんな彼だからこそ、恐らく祖国から非難されるとわかっていてもこの作品に出演し原爆投下を謝る台詞を言ったのだと思います。

 

原爆投下の是非については国によって勿論見方が変わってくるものです。日本にとっては地獄を生む兵器であっても、アメリカからすれば戦争を終わらせるために必要だった正義の兵器。この齟齬は簡単に解消できるものではありませんが、その中で「世界の黒澤」が最後に残したこの作品には大きな意味があるのではないかと思います。

 

 

○まとめ

世界中に多大なる影響を与えた黒澤明監督。日本人として一度は観とかなければという思いで観た作品たちですが、どれも名作と言われるのに相応しく素晴らしい作品ばかりでした。

 

まだ黒澤作品に触れたことない人は是非『七人の侍』から入っていただければと思います。
(昔の映画なので台詞が聴きにくいと思います。日本語字幕で観ると観やすいです)

この記事を書いた人
趣味は読書(特に太宰治)、アニメ鑑賞(特に幾原作品)、旅行。 エンジニア見習い。 日々の色々を共有しながらnemのことについても学びたいと思います。