Wait a moment...

モナコインをセルフGOXしちゃった話

26394
YUTO
nem2.55xem (3)
387
6
2019-06-25 13:45:45
モナコインをセルフGOXしちゃった話

Ask Mona 3.0が始まり、モナコインの管理はMpurseで管理することになりました。
だが、Mpurseを使うにあたって、一番やってはいけないだろう事をやらかしました!!

 

 こちらのサイトによると、ChromeのMpurseはデフォルトだと全サイトで読み書きできる状態であるそうなので、セキュリティを高めるために、変更しようと思いました。
 しかし、サイトに書いていることをうる覚えのまま、設定の変更をしようとし、いろいろいじっていくと、とんでもない事になってしまいました!!
 どんなことをしたのか、今回紹介します。


まず、Mpurseを開くと、このメニューが出ます!!

 

次に、右上の丸いアイコンをクリックします。

次に、Settingsにマウスを当てると、このようになります。

 

Settingsをクリックして、進むと、このようになります。

このあと、取り返しのつかないことをしてしまいました!!


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、Purge All Accountsの項目で、Purge allにチェックを入れてしまい、Pargeの意味を知らないまま、実行してしまいました!!
しかも、秘密鍵を控えていませんでした!!

こうして、アカウントから締め出しをくらい、0.4479014MONAをセルフGOXさせてしまいました(;_;)

※2019年6月25日時点では、14.62XEM(約138.86円)相当をセルフGOXしたことになります。

こうして、セルフGOXを初体験してしまいました!!

 

このことを、Ask Monaでスレを立てたら、にすたさんから、「勇者だ」と言われました。(→こちら)

 

このとき、Purge All Accountsの意味を調べると、「全てのアカウントを消す」という意味であり、その下に赤い字で書かれている以下の文面

All account and settings will be removed from your wallet. Please make sure you have the original seed phrase before continuing.
を翻訳すると、
すべてのアカウントと設定はあなたの財布から削除されます。続行する前に、元のシードフレーズがあることを確認してください。
とのことでした。元のシードフレーズとは、プライベートキーの事かと思います。
全て英語で書かれていたので、意味を考えず、実行したら、見事に追い出されちゃいました( i _ i )


それが原因で、Ask Mona 3.0をもう一度登録し直すハメになっちゃいました!!

今回のセルフGOXで、purgeの意味を体験でもって知れたし、よくわからない事は立ち止まる事が一番あることを再確認した形になり、138.86円という授業料を支払う結果となりました。

 

今後、暗号資産を扱う上で反省点にしたいと思い、この記事にて書き残すことにしました。

Comment
YUTO
YUTO
2019-06-25 22:21:23ID:128081

ちなみに、GOXする前の自分のアカウントは、このスレの173番目になります。
https://web3.askmona.org/3?n=1000

YUTO
YUTO
2019-06-25 22:05:07ID:128075

>>やそ::さん
コメントありがとう😀

やそ
やそ
2019-06-25 21:27:52ID:128070

どんまい。

YUTO
YUTO
2019-06-25 14:53:16ID:128029

>>目指せ北海道::さん
調べてみたら、12個の英単語が確かにありました。
すいませんでした。
忘れないようにしておきます。

YUTO
YUTO
2019-06-25 14:36:11ID:128027

>>目指せ北海道::さん
もにゃとMona Walletの時は、アカウントを作るときに12個の単語がありましたが、Mpurseにはそれがありませんでした。
Mpurseについては、今のところは、にすたさんのホームページがくわしいようです。
https://blog.n-ista.org/2019/06/mpursegoogle-chromefirefox.html

目指せ北海道
目指せ北海道
2019-06-25 14:25:03ID:128022

シードフレーズは、アカウントを作った時に出る、12個の英単語だと思います。一見文章のように見えるので、見逃しそうになりますね。

この記事を書いた人
NEMのユートピアを目指してるYUTOです!! nemlogでは、イベント情報のまとめ記事や、記事の感想記事を中心に書いています。 nemlogがユートピアになるように、着々と計画中です!!