connecting...
Google translation for articles :
4 NEMBER donated to you!!

ドリームテイカー

nem10.20xem (4) 111 4 0

matsuno@漆黒のさんのイベント参加記事です。

 

 

その暖かさを。

 

窓の外を見る。風が吹いているのか、木々の残り少ない葉が揺れているのがわかった。カサカサと揺れる音が今にも聞こえてきそうだった。

既に11月を終え、世間はクリスマスムードへと準備を進めている。クリスマスといえば、年に一度の特別な日。

 

僕には凄く、待ち遠しい日だった。年に一度ではなく、初めての特別な日。

 

当日のことを考えると、年甲斐もなく胸が弾んだ。クリスマスに高揚感を覚えたのは、一体いつ以来だろう? 少なくとも、何十年も先に遡ってしまう。

 

いやだな、歳は取りたくないものだ。

 

掃除用具入れからスプレー型の洗剤と、雑巾を取り出す。洗剤を窓に吹きかけ、それを雑巾でふき取る。一面終わったら、次の窓へ。さらに終わったら、その次の窓へと繰り返す。

綺麗になった窓に映るのは、ニヤけ顔の初老の男。ああ、見慣れた僕の顔だ。

 

だって、仕方ないじゃないか。どうしても、ふとした瞬間に想像してしまうんだ。

 

たまには部屋に飾り付けでもしようか? ケーキだって用意してある。プレゼントだってあるんだ。当日はちらし寿司にしよう。ああでも、ケンタッキーとかピザのほうがいいかな? 喜んでもらえるだろうか? そうだった、この日のために、新しいデジカメを買ってしまったんだった―――。

 

考えようとしなくても、そういった思いが、頭のどこかから染み出てきてしまう。どんなに振り払おうとも、すぐに意識はそこへと沈みこんでしまう。たぶん、今日の僕は使い物にならないな。

 

雑巾を洗面台に置き、手を洗う。手を拭いたタオルの匂いをかぎ、いつ出したタオルだったかを思い出そうとしたけれど、どうやらそれは徒労に終わりそうだった。面倒になり、タオルは洗濯機に放り込む。

恐らくは、このタオルを出した時も、僕の頭はクリスマスのことで一杯だったんだろうな。

 

そのままゆっくりとソファへと座り込んだ。

今日は何もするのをやめよう。なに、どうこうしなくても明日はやってくるのだ。放っておいても楽しいことが近づいてくる。

その時間が、たまらなく、愛おしく感じる。

 

当日は雪が降るだろうか? 降ってくれるといいな。でも、それで会えなくなってしまうのも困る。何事もほどほどに。でも、きっとあの白い肌には、真っ白い雪がよく似合う。

もしかしたらサンタなような恰好をしているかもしれないな。意表をついてトナカイかもしれない。どっちでもいいな。ソリは僕が引こう。ああ、プラスチックのやつでいいから買っておこうかな。雪が降ったら、一緒に滑る機会もあるかもしれない。まだ早いかな。

 

カレンダーを見る。12月25日に赤い手書きの丸がついていた。もちろん、あれは僕が書いたものだ。カレンダーに丸を書く。その行為だけであんなに胸が高鳴ることがあっただろうか。

 

本当はその丸に「孫」って書こうと思ったんだ。でも、書けるわけがない。

だって、当日もそのカレンダーはそこにあるのだから。どれだけ孫が待ち遠しかったの? なんて思われたら、恥ずかしくてたまらない。どうせ、バレているのだろうけれど。

 

……仕方ないではないか。

なんせ、今年のクリスマスは孫が初めて、我が家に来るのだ。孫にとっても初めての瞬間だし、僕にとっても初めての瞬間なのだ。心が躍らないわけがない。

 

窓の外を見る。空は寒々としているが、雪が降る気配はなさそうだった。

それでも明日は、ソリを買いに行こう。

 

 

そんな妄想? 夢?

 

子どもが結婚とかそういった話は遥か未来の話で、まずは元気に育ってほしいなぁ。

でもほらやっぱり、いずれ、そういうことがあったら嬉しいな。素敵だな。という意味で夢です。

 

目標? 希望? GoalとかHopeっていうと重いし、そもそも僕の意思なんて介在する余地がほとんどないものね。

そりゃあ孫ができたら嬉しいんだろうとは思うけれど、それまで僕が生きているかもわからないし。子どもに直接それを求めるのは、ちょっと違うかな。僕の人生ではないのだから。

 

だからDream、夢程度に留めておく。たぶんそれが一番、おさまりのいいところでしょうね。

 

 

寝ているときの夢

 

といった妄想を垂れ流しましたが、一応、寝ているときの夢についてでも。

 

僕は昔から……中学ぐらいからかな? 3種類の夢を定期的に見ます。

何度も見ているので、大体の流れは覚えているのですが……。暗示とかはちょっと、よくわかりません。

 

1つは、駅前のデッキのようなところを歩いている夢です。

しばらくデッキを歩いていると、デッキの終わりには上り向きで、幅一人分のエスカレーターが10機ほど並んでいるところに出くわします。

下りのエスカレーターがない時点で変なのですが、まぁ夢ということで。

そしてそのエスカレーターに乗って上がってくるのが何かというと、ゾンビなんですね。

 

で、ゾンビから逃げる僕。僕を追うゾンビ。

 

なんとか振り切った先にはまた上りのエスカレーター10機。

と、そんな無限ループ的なやつです。よくわかんないね。

 

2つ目は、竹林をひたすら滑り下りている夢でしょうか。

その竹林はひたすら斜面になっていて、そこを竹ぼうきの掃くところみたいなのがたくさん、覆いかぶさっている感じです。

そんな斜面をひたすら滑り降りている。

僕はそんな状態でも、斜面の頂上に行きたいらしく、必死に地面を掴もうとするんです。でも掴めるのは竹ぼうきの掃くところ、あの小さい竹みたいな部分で。滑り落ちるのは止まらなくて。

悔しいのかよくわかんないんですが、そのうちに掴んだ竹を口に入れて、バリバリと噛み砕こうとする。プラスチックみたいな味がする。そんな夢です。

プラスチックの味って、どんな味かよくわからないんですが、その瞬間だけは思うんですよね。これ、プラスチックな味だ! って。まぁ夢なので。

 

体験したわけではないのですが、実家の近所に急斜面な竹林……? 崖に竹が生えていた的な場所があって、そこに恐怖を覚えたのが原因かもしれません。

 

3つめは、白いマントをつけて、空を飛ぼうとする夢でしょうか。

飛ぶためには助走が必要らしいのですが、いくら走っても足がクソ遅い。水中歩行をしているような速度で、助走をつけようとしているわけです。飛べねーよ、それ。

 

でも必死こいて走った末、頑張ってジャンプして、アンパンマンが飛ぶときのようなポーズをとると不思議! 飛ぶことができます。速度は時速5,6キロぐらいでしょうか。高さは1mぐらい。なんだこれ。

でもそれを必死に繰り返しているうちに、飛べる高さがあがっていきます。

何度も繰り返していると、そのうちにばーんと飛び上がり、東京タワーの展望室ぐらいの高さ? で飛べるようになります。速度はもうわかりません。

その状態で地上を見下ろすと、たくさんの社宅のような、団地のような、MONO消しゴムのような、そんな建物が規則的に並んでおり、それが地平線まで続いている。

 

そんな夢です。

この3つの夢は、忘れたころに見ます。また、全ての夢は白黒です。なんだろう、うちにあるテレビって白黒だったかな?

 

 

はて、夢診断とかあんまりよくわからないんですが、そんな感じでした。

すみません、こんな感じでいいんでしょうか……。

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
和泉
2019-07-18 08:39:14ID:133609

>>ゼム🦈ゼム::さん
確かに! ただ逃げるだけ以外に、なにか方法がある気もするんですが……。
ただ愚直に逃げるだけでした。そういうことを考えたりすることもないのが、やはり夢なんでしょうねー。

ゼム🦈ゼム?
2019-07-17 23:48:00ID:133521

・w・追われている夢って不思議と隠れる気になれない!なんだか相手に場所がばれてる気がするぅううううう!

和泉
2019-07-17 23:22:20ID:133489

>>matsuno@漆黒の::さん
ありがとうございます。
どうせ見るなら、すげーハッピーな夢をみたいですけどね!

matsuno@漆黒の
2019-07-17 23:13:12ID:133482

おお!なんか盛りだくさんありがとうございます!定期的に同じ夢を見る人が多いのですねー

NEMber who posted this article

湘南のポエマーを目指しているおじさん。

ポケットの中の少ないNEMと共に、未来を見つめたいと思っています。
27822
0

Why don't you read following articles?



13.75 XEM
132 8 1

12.5 XEM
113 10 0

10.335 XEM
124 4 0

4.65 XEM
52 2 0

0.85 XEM
49 0 0