connecting...
Google translation for articles :
10 NEMBER donated to you!!

【NEM技術勉強会】通貨(金)の時代からツール(鉄)の時代へ【夢】

nem114xem (10) 209 8 0

昨夜の夢にトランプ大統領が出てきて、僕は困った顔をしたトランプさんとご家族のお世話係という変な役回りでした。せっかくの変な夢なので、Matsunoさんのお題記事をこなそうイベント参加記事として、夢から想像を膨らませたちょっと未来のことを書こうと思います。


1. ビットコイン時代の終焉

 

先日、アメリカFRBの利下げ報道を受けてビットコイン(BTC)は大きく下落しました。BTCを始めとする多くの暗号通貨が、一定の価値を認められ、世界経済と連動しはじめる一方、問題点も浮かび上がってきました。金のXEMと鉄のXEMでも述べたように、法定通貨と交換する目的(黄鉄鉱状態)では、暗号通貨は価値が安定しません。これは、PoWのマイニングコストを法定通貨と交換という形で相殺しないとならないことから生じる暗号通貨の性質です。また、取引所のセキュリティーはどんなに頑張っても銀行ほどにはなりません。結果としてハッキングターゲットになり、マネーロンダリングにも使われます。

 

2. Libraショック

 

これらの問題を解決するひとつの方法として、FacebookがLibraを提案しました(Libraのホワイトペーパーを斜め読みしてみた)。Libraはマイニングを必要とせず、発行は法定通貨などと交換になります。株式のように発行者や投資家がその価格を決めるのではなく、出資者が協議してステーブルコインとして発行することで、価格を安定させます。ブロックチェーンを形成するネットワークはクローズドで公開されず、資産量がこれまでのステーブルコインと比べて桁外れに大きいため、正確に1Libra=1ドルになるでしょう。これが実現すると、現在BTCや他のアルトコインが持っている資産が、一気にLibraに流れ込むくらいのインパクトがあります。BTCは暴落し、日本円やユーロ、株式などからも資金が流入する可能性もあります。ドルよりLibraの方が便利ということになれば、世界共通通貨の誕生です。暗号通貨の真打ち登場で、アメリカ上院議会も対応しきれておらず「Facebookだと個人情報が心配」とかいう低レベルの質問しか出てきません。これがトランプさんが困っていた原因です。BTCからLibraへのシフトによってアメリカや世界の経済は大きく変貌するでしょう。

 

3. ブロックチェーンのもうひとつの顔

 

さて、世界経済の混乱はともかく、資産としての価値を奪われた暗号通貨がどうなるかというと、半減期を迎えている高コストなPoW系はほぼ淘汰されると思います。黄鉄鉱では金には太刀打ちできません。生き残るのはEthereumやNEMといった、通貨()としての価値ではなく、ツール()としての価値を持つブロックチェーンです。黄鉄鉱を精錬して、鉄を取り出せるブロックチェーンですね。Libraにもスマートコントラクト機能が搭載されますが、通貨としての機能の方の旨味が大きいので、あまり重たい処理は載せてこないと思われます。一方、通貨としての役割から開放されるEthereumやNEMは、別な方向に進化を始めるでしょう。その一つが、モザイクとメッセージを利用したアポスティーユなどの、完全記録媒体としての役目です。

 

4. IoTという精錬術

 

ブロックチェーンの役割が通貨発行と記録媒体に分業化されるのは、自然な流れです。通貨としては価値が高いほうが良いですが、ツールとしては価格は安いほど良いからです。これらの2つの機能は必然的に分離される運命にあります。

 

 

そして、黄鉄鉱から鉄を精錬するのが、現代の錬金術「IoT」です。安価なハードウェアとプログラムを組み合わせ、様々な端末からブロックチェーンにどんどん情報を送り込むことができます。芸術作品やブランドの価値をブロックチェーンが支える時代が到来し、写真、映像、書籍などのデータのハッシュが大量にブロックチェーンに書き込まれ,、読み出されます。その機能は、ごく当たり前のようにスマホやカメラ、バーコードリーダーなどに搭載されるようになるでしょう。特にNEMは、モザイクという形でトークンを無限に発行できますから、今後躍進が期待できます。NEM導入企業は、モザイク発行やサービス提供の対価として利益を得るようになります。

 

5. さいごに

 

変な夢からはじまった、ちょっと未来の物語は、いかがだったでしょうか。Libra登場から、僕の中での暗号通貨の捉え方が大きく変化しました。投資対象としてではなく、ひとつの技術としてお金と切り離して考えるようになったのです。もちろん、まだまだビットコインの価値は持続するでしょうし、Libraが順調に立ち上がるとは限りません。でも、ブロックチェーンが通貨という役割から解き放たれた時、鉄が金よりも実用的な価値を持つように、真に革命的な出来事になるんじゃないかと思います。だからNEMの未来は明るい!カタパルト頑張れ!

 


今回も読んでくださってありがとうございます!

 

目指せ北海道

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
目指せ北海道
2019-07-19 10:37:02ID:133835

>>kumaco::さん
リブラが日本でも話題になり、通貨としての重さを全部引き受けてくれれば、他のブロックチェーンの方向性も見えてくるんだと思います。投げネム、モナゲは日本独特の文化になりそうですね。

kumaco
2019-07-19 03:30:52ID:133783

nemの未来を明るくするために
ネムログを盛り上げて行きましょう✨

目指せ北海道
2019-07-18 05:33:18ID:133569

>>ゼム🦈ゼム::さん>>matsuno@漆黒の::さん

コメントありがとうございます。LibraにはNEMを真似たようなところがたくさんあります。夢をたくさん与えてくれるNEMは、やっぱり良いものなんだと思います。

matsuno@漆黒の
2019-07-17 23:41:16ID:133511

思ったよりもブロックチェーンの進展が早いですね。。あと1年ぐらいは現状維持だと思っていたのですが。
鉄鋼から経済を生み出す。。賛成です!!

目指せ北海道
2019-07-17 14:28:16ID:133362

>>7zoesan::さん
最近、寝苦しいせいか変な夢ばかり見てます。エアコンつけると寒いしなー。

>>YUTO::さん
ビットコインは特別なコインとして記念コイン的な価値を維持するでしょうね。プレミア付きそう。モナコインも日本では残りそうです。モナゲ文化は不滅です。

YUTO
2019-07-17 14:21:55ID:133361

もしかしたら、ビットコインやドージコイン、モナコインのもう一つの道として、伝統工芸品的なブランド価値を持つ方向にいくのではないのかと感じました。

7zoesan
2019-07-17 12:47:08ID:133345

いい夢が見れそうです!

NEMber who posted this article

趣味はバイクでツーリングしながら、ブログを書いたり、動画配信したりすること。暗号通貨はまだまだ初心者。

nemlogに何を書こうかいろいろ考えたのですが、まずはバイクで動画配信をするための工夫や楽しさ、充実感などを伝えられたらと思ってはじめました。ラズパイをバイクに積載して、ボタン一つでYoutubeライブ配信できるシステムを作りました。それを発展させて、XEMの価格を常時監視、取引するボットも作ったりしています。

本業は再生医療系研究者です。歯を内側から再生している「歯髄(しずい)細胞」を世界に広めるために、しずい細胞プロジェクトを推進中。細胞の流通(トレーサビリティー)管理にNEMのモザイクを使いたいと思って、NEMについて勉強してます。管理システムの名称は「ShizuiNet」にしようと思っています。NEM.ioのAlexさん、Jeffさんと名刺交換&握手できたのが心の宝物。
27839
0

Why don't you read following articles?

目指せ北海道's articles