connecting...
Google translation for articles :
15 NEMBER donated to you!!

nemlogで目次リンクを貼る方法。記事を書くなら目次は大事だよ!

nem176xem (15) 997 11 13

nemlogが大流行りしてて、NEMファンのオイちゃん個人としては嬉しいです。

さて、今回は「nemlogの記事の最初に目次を付けてみよう!」ということで、私が記事を書く際に行っている方法をご紹介します。

 

nemlogには目次機能がありません。

かといって、私が以前に試した限りではHTMLタグも使えないようです。

さて困った…

 

と、こういう書き出しは読み手にとって鬱陶しいと思いますので(笑)

早速目次リンクの付け方をご紹介させていただきます。

 

※PC用のご説明です。スマホでできるかどうかは試していません。すみません。

※かなりドン臭いやり方なので、良い方法をご存知の方、是非教えてください!

 

【目次】

1.nemlogで目次を付ける手順と注意点(画像説明あり)

1-1.目次の付け方1:目次リンクで飛ばす場所を決める

1-2.目次の付け方2:自動スクロールする場所に「アンカー」を設定する

1-3.目次の付け方3:目次にアンカーのリンクを設定する

2.よくある質問

3.nemlogで目次を付けることのデメリット

4.nemlogで目次を付けることのメリット

まとめ

 

1.nemlogで目次を付ける手順と注意点(画像説明あり)

 

nemlogの目次の付け方のご紹介にあたり、私が執筆した以前の記事を例にご紹介させていただきます。

過去記事:【経験談】「巷の不動産屋さんって普段どんな仕事してるの?」をお教えします

 

尚、編集中の画面で目次を付けるとこんな感じになります。

 

さほど見た目に変わりはありませんが、

最終的な記事の出来上がりはこんな感じになります。

 

 

1-1.目次の付け方1:目次リンクで飛ばす場所を決める

 

まず、記事を書きあげて下書き保存をしましょう。

ちなみに目次は最後に編集しますので画像挿入や見出し、文字装飾まで全部行っていただいて構いません。

 

さて、一般的なブログ記事は「タイトル」に始まり、「冒頭文」「各見出しと本文」「まとめ」という構成になることがほとんどです。

例えば、私が前回執筆した記事のタイトルと記事の構成(各見出し)は以下のようになっています。

 

「nemlogで目次リンクを貼る方法。記事を書くなら目次は大事だよ!」

1.出勤~朝礼までに行われること

2.普段の仕事内容(日中)

3.普段の仕事内容(夕方以降)

4.終業

まとめ

 

つまり、「目次をクリックしたら、ここまで自動スクロールで飛ばすようにしたいな~」という場所を自分で決めるわけですが、大抵のブログは各見出しやまとめをクリックしたら、該当の見出しの本文まで自動スクロールするように設定されていることがほとんどです。

よって、自分で書いた記事の各見出しのタイトルを目次リンクとしますので、記事の一番最初や冒頭分の後などに上記のような「文字だけの目次」を書いておきましょう。

もちろん、文章の都合で各見出しの途中に一気に飛ばしたいというのでも問題ありませんが、設定は難しいです(理由は後ほど)

 

ここで、目次リンクをクリックして飛ばす先の場所が決まったら、今度は各目次に目次リンクの設定を埋め込まなければいけませんが、まだやる事があります。

 

1-2.目次の付け方2:自動スクロールする場所に「アンカー」を設定する

 

続いて行う作業は、目次リンクをクリックして飛ばす先に印を付けることです。

どこでもドアのように、目次をクリックしたときにイメージした場所に飛ばせるなんてできませんので、目次リンクを入り口とするなら、飛ばす先に出口を作ってあげなければいけないということです。

 

早速やってみましょう。

 

(1)目次リンクをクリックして飛ばす先にある見出しのタイトルと、その前の文章の間を4~5行くらい改行しておきます。

(2)その見出しの直前の文末にカーソルを持ってきます。

 

 

(3)続いて「挿入」→「アンカー(リンクの到達点)」をクリックします。

 

 

(4)以下の画面が出ますので、IDに任意の言葉を入れます。

後で編集するときに分かりやすいように、見出しの名前や記事に関連する言葉にするのが良いかもしれません。

実際、私の書いた記事では「shigoto1」「shigoto2」「shigoto3」…という風にしていますが、下図では分かりやすいように「test」と入れました。

 

尚、私が試したところ記号は使えないようなので、半角英数字で設定しましょう。

 

 

(5)すると以下のようなマークが文章の最後に付きます。

これをアンカーと言い、意味としては「ここに印を付けたからね」ということを示しています。

先ほどの説明で言うところの、目次をクリックした後の出口ですね。

犬の生態系に当てはめるとマーキングという行為にあたります。

 


 

 

1-3.目次の付け方3:目次にアンカーのリンクを設定する

 

勘の良い方は上記手順の説明について「リンク飛ばしたいのは、文章の最後じゃなくて見出しタイトルなんだけど!」とイラっとしたかもしれませんが、文章の最後にアンカーを付けた理由は後でご説明しますので、黙って俺に付い…じゃなくて、まずは手順どおりやってみましょう。

 

リンクで飛ばす場所に印を付けましたので、今度は目次リンクに設定を埋め込みます。

手順は以下のとおり。

 

(6)通常、目次の位置は記事の最初の方に設定する方が多いかと思います。

それはさておき、各目次のうち先ほどアンカーを置いた「普段の仕事内容(日中)」という見出しタイトルを選択して、上にある「鎖のマーク」をクリックします。

 

 

(7)すると次の画面が出ます。

 

 

(8)それぞれの項目に何を入力するかですが、ちょっとだけ複雑なので、心を無にして下図A~Dの順番どおりにやるとスムーズです。

 

A.「リンク元テキスト」は自動入力されているはずなのでそのままで

B.「アンカー(リンクの到達点)」をクリックして出てくる「test」を選択(さっきIDで設定したやつですね!)

C.「リンク先URL」に「#test」と表示されたか確認

D.「タイトル」もリンク元テキストと同じで良いと思います

※「ターゲットの属性」は、特別に新しいウィンドウで開かせたい事情が無い限りはシカトです

 

上記が入力できましたら「OK」をクリックして確定してください。

 

私自身がこういうことに疎いのでよく分かっていませんが、それぞれの項目が何を意味するかは、実際に試した結果、以下の解釈で問題ないかなと思いまーす。

 

【リンク先URL】

ここは下記の「アンカー(リンクの到達点)」を選択すると自動で入力される専用コードみたいなもの

【リンク元テキスト】

リンクを貼りつけるところの文字

【タイトル】

リンクにつける名前?かなと。

※わざわざ目次でリンク名をつける必要はありませんのでリンク元テキストと同じでOK

【アンカー(リンクの到達点)】

先ほどアンカーを置いた時のID名

※先ほど「test」と入力したアレです

【ターゲット属性】

そのリンクをクリックしたときに、新規ウィンドウで開くか、自動スクロールするかの選択

 

(9)上記を設定すると、文字列のところがリンクっぽくなります。

 

 

(10)ちゃんとリンクが設定できているかは、編集画面のプレビューでは確認できませんので、一旦下書き保存して実際の記事で確認しましょう。

問題なければ、他の目次リンクについても上記の「目次の付け方2:自動スクロールする場所に「アンカー」を設定する」の(1)からの手順で設定していきましょう。

 

2.よくある質問

 

Q.さっきはなんで、見出しタイトルとその前の文章の間を4~5行も改行したの?嫌なんだけど。

A.はいごめんなさい。

nemlogの作りにより、実は見出しタイトルの所に直接アンカーを付けると、リンクで飛ばされる先が文章の途中からになっちゃうんです。

そう、こんな風に…

 

 

なので、少しスペースを空けて、ちょうど良い塩梅のところにアンカーを設置したんです。

この記事の目次リンクの一部も、中途半端な位置に飛ばされることに気付いた方もいらっしゃるかと思いますが、要は、そんな感じになっちゃうのです。

 

Q.間違ってリンク設定しちゃった。やり直すときは文字ごと消せばいいの?

A.リンク削除というようなボタンはありませんので、先ほどリンクを設定した時の「リンク先URL」を削除して「OK」をクリックすればリンクが解除されます。

文字ごと消してやり直す方が分かりやすいという場合は、それでもOKです。

 

Q.こんな事してるのに仕事忙しいとか言ってんの?

A.はい。

 

3.nemlogで目次を付けることのデメリット

 

言うまでもないかもしれませんが、目次の付け方の手順にあるように行間が不自然に空きます。

nemlog自体がそういう作りなので諦めるしかありませんが、かといって「スゲー見づらい!」というレベルではありません。

 

また、上記の作業ですが、超絶面倒くさいです。

実は以前に、管理者のしゅうさんに目次機能について問い合わせたところ「みんなの要望があればやるよ!」という回答でした。

しゅうさんが今、物凄く忙しいのは存じていますので、その日が来るのを待っておこうと思います。

 

とはいえ、よほど読みやすくて魅力的な文章でなければ、説明文やテキストがダラダラ続く記事は読まされる側にとって苦痛でしかありません。

目次がある記事、見出しが見やすい記事、適度にスペースが空いている記事のほうが読みやすく、読者に好まれる記事になります。

 

4.nemlogで目次を付けることのメリット

 

これはnemlogに限った話ではありませんが、記事を書く上で大変重要なのは「読み手にとって必要な情報が視覚的に、そして文章としても分かりやすくする事」です。

では、nemlogで目次を付けることにどんなメリットがあるのでしょうか。

 

・目次によって「この記事にはこんなことが書いてありますよ」という概要を知らせることができる

・読者の「読むのダリ」という感情を抑え、「ここだけでも読んでみよう」というモチベーションアップに繋がる

・書き手側として、記事の構成を大事にするようになる

・書いてる途中でよくある「あれ?何を書こうと思ったんだっけ?」を排除できる

 

ブログの読み手というのは、基本的に文章を全部読もうという人は多くありません。

もちろん勉強のつもりで全部読む人もいますが、大体の人は「大事なところだけ知りたい」という感情が先にきます。

 

全部読んでもらわなくていいんです。

目次を付ける目的は「ふむ、こんなことが書いてあるのか」とか「お、この見出しの話が気になるな」と思ってもらい、実際にそれをクリックした先の文章だけでも読んでもらうこと。

小説家を目指しているのでない限り、ネットメディアの記事の作成者というのは「読ませる」よりも「知ってもらう」ことを前提としなければいけません。

「それを知りたかった!」という人にピンポイントな情報を届けられるかが記事の役目なのです。

 

 

まとめ

 

最後に偉そうなことを言いましたが、私もまだまだ未熟なライターです。

逆に、ライターという仕事をしているからこそ言えることでもあるのですが、「自分はそうは思いません!」と思ったなら、それはそれで良いと思います。

もちろんnemlogで自分の近況報告をしたり、トレード成績を披露したり、マニアックな話を書いてみたりするもの全然良いと思いますし、それは個人の自由です。

nemlogが盛り上がるならそれが一番なのですから。

 

ただ、「ちゃんと読んでもらいたいなー」「これは知ってほしいなー」という場合は、今回のような目次を付けることを踏まえて、読んでもらうための工夫が必要であるということは覚えておいて損はありませんよ!

ハッキリ言ってこの記事を書くのにも4時間くらいかかりましたが、「為になった!」という方は是非是非、投げnemお待ちしております(笑)

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
matsuno@漆黒の
2019-03-17 10:32:14ID:82529

活用させていただきます。ありがとうございます!

YUTO
2019-02-05 10:22:02ID:45556

この記事の掲載カテゴリーをマニュアルにすると助かります。
どうか、よろしくお願いします。

KATAKUNA
2019-01-09 08:23:09ID:20938

>>とし兵衛@投げ銭作家::さん
こちらもコメントありがとうございます!
実は色々機能変更とかもあったので、そろそろこの記事も編集を加えないといけないのですが、そのうちやります(笑)
でも、目次だけじゃなくて、色々いじってるとnemlogってなかなか便利ですので、ぜひお試しあれ!

としべえ2.0β
2019-01-09 05:53:23ID:20913

一手間かけると目次も作れるんですね。勉強になりました!

KATAKUNA
2018-09-27 16:48:21ID:954

孫の手さんコメントありがとうございます!
恐らく需要あるかな~と思って書いた記事なので、コメント嬉しいです。
ちょいと面倒な作業にはなりますが、目次が付けられると読者も読みやすいですしね!

孫の手
2018-09-26 11:16:03ID:804

目次検索できるんですね! 小見出しが難しくて頑張ってなかったんですが目次リンクあるなら頑張って小見出し考えて目次書こうと思いました!!有難うございます

孫の手
2018-09-26 11:15:56ID:803

目次検索できるんですね! 小見出しが難しくて頑張ってなかったんですが目次リンクあるなら頑張って小見出し考えて目次書こうと思いました!!有難うございます

案山子の優午
2018-09-24 22:57:07ID:710

参考になります。次回以降できたら、やってみたい。

KATAKUNA
2018-09-24 21:44:46ID:703

わー!
皆さんにそう言っていただけると涙が出る思いです。
今後も頑張ります!
何をどう頑張るか決まってませんが(笑)

ワッケ
2018-09-24 21:31:10ID:696

とても助かります!!参考にさせて頂きます^^

NEMber who posted this article

個人的にブログ始めました。※忙しすぎて更新遅れ気味ですが →https://katakuna-blog-realestate.blogspot.com/

不動産、金融関連の記事を書いております。
15年位前まで賃貸、売買、投資用不動産の会社に勤めていましたが、激務とストレスで死にかけて退職。
その後、契約社員などで適当に働くも、クラウドソーシングを知り「不動産屋にいた時の経験を活かせるな」と記事を書き始めたところ、比較的に好評。
今は、不動産や金融系のフリーランスライターを生業としています。

正直に言いますと、宅建を始めとして、FP、証券外務員、簿記など各資格の勉強はしましたが一切取得しておりません。
というか「お前にそんな時間あんのか?」という理由で取らせてもらえなかったのもありますし、しょーもない家庭の事情で自分の時間が全く取れなかったというのもあります(笑)

とはいえ、知識は知識。
nemlogでは、もっと業界を分かりやすく理解してもらうための記事や、「へー!」って思ってもらえるような雑学的な記事を発信していこうという方針です。(今のところ)
お役立ちコラム的なものとして読んでもらえるブログを目指します。
2836
0

Why don't you read following articles?