connecting...
Google translation for articles :
9 NEMBER donated to you!!

【日記】自分と向き合う時間は大事な話

nem108xem (9) 87 4 1
Yonnsann 2019-08-15 11:23:21

先日「一人旅」について話している動画を視聴しました。

 

内容としては、「一人旅をして自分の考えとちゃんと向き合うことができ、それが今に生きてるのでおススメです」って感じの話しでして、要は「自分と向き合う時間をちゃんと取ろう」ってことを伝えたものなのですが、私にも色々思うところがあったので今回はいくつか考えを書きたいと思います。

 

 

○ブレイク期間

日本では「高校→大学→就職」が普通ですよね。しかし海外ではどうやらそうではないらしく、大学を卒業してブレイク期間に入る人も多いそうです。勉強も頑張ったし改めて自分をゆっくり見つめ直そうということで、普段しないことをしてみたり、ゆっくり休んでみたりと人それぞれ好きな時間を過ごします。それについて周りがとやかく言うこともありません。

 

私の今の状態もそれと似たようなところがあるのですごくわかるのですが、このようになにもかもを一旦停止して自分を見つめ直すと、自分がどうなりたいのか、そのためにはどういった行動・努力が必要なのかが見えてきます。

 

他人の意見に振り回され、固定観念に縛られ、流されてばっかりの中生きてると、自分で何かを決断する機会が少なくなり段々と自信が持てなくなってしまいます。自信が持てないと行動に移すことも出来ないのでチャレンジをすることもなく「出来ないダメな自分」にますます追い込まれてしまいます。

 

しかし、一旦何もかもから解放されてゆっくり心を回復させていくと、心にゆとりが出てきたのか、段々前を向けるようになってきました。

 

 

「ちゃんと働くことも出来ない自分はダメだ」「社会にちゃんと入れない自分はダメだ」とずっと自分を追い込んでいたので、いっときは本当に外に出るのも怖かったのですが、最近は転職の面接に行ったりちょっと遠出したりと外にでることがそこまで苦ではなくなってきています。

そうこうしているうちに自分のやりたいこと、と言いますか、「こうなりたい」という像も段々見えてきて、それに近づくために学生の時以上に今勉強しまくってます。

 

もし教師を続けていたら恐らくこんな風に考えることはなかったでしょう。周りの雰囲気に合わせてなんとなく選んだ道で、日々に追われながら嫌な思いで過ごしていたと思います。

時間にゆとりがあるからこそ自分についてちゃんと考えて前向きになることができるのだと思いました。

 

 

○肯定してくれる

動画でもう一つ私の印象に残ったのが、「旅先で出会う人はみんな自分を肯定してくれた」というものです。

 

今まで私が「〇〇のような生活がしたい」「そのためには△△が必要だから頑張りたい」と言っても、親は絶対に否定から入りました。「それは一部の人間だけ」「甘えるな」「お前にできるわけがない」から入り、「あなたのために言っている」「周りをよくみなさい」「〇〇ちゃんはあんなにちゃんとしてるのに」といった言葉が返ってくるのが基本でした。

 

 

それを言われ続けてきたおかげもあってかすっかり自分に自信が持てなくて友達にも私に好意を持ってくれる人にも「私と付き合う人が可哀想」と卑屈になって中々心を開けない人間になったのですが、最近ある考えにたどり着きました。

 

「この人たちはこの人たちの価値観でしか話せない人なんだな」

 

当たり前のことなんですが、人間は基本的に自分の見た世界、感じた世界、己の価値観に基づいて物事を判断します。なので私の「なりたい」に対してもその世界を知らない人間、考えたこともない人間からすると未知のものであり考える前に「危険なもの」として拒否してしまいます。

 

こういったものからくる否定の意見というのは考えればわかることなのですが非常に非合理的ですよね。一度その道に行ったことがある、挑戦したことがあるという人間がそれを言うのならわかるのですが、考えたこともない人間が言ったとしてもやはり信頼性に欠けてしまいます。

 

それがわかってから私がしたことは、「とにかく否定的な言葉を避けること」でした。

 

動画では「旅に出たらいろんな経験をしている人が自分の考えを肯定してくれて自信が持てた」と語っているのですが、正にその考えで、ネガティブな言葉で萎縮してしまう前にそれをシャットダウンしてポジティブなものだけ入れていくことに集中しました。

できるだけ自分の理想としている人たちのツイッターや動画を見てモチベーションを上げて、その意識のまま勉強に取り組んで…という感じで日々を過ごすと、不思議と自分で行動することがあまり怖くなくなったと言いますか、行動へのハードルがだいぶ下がったように思います。

 

 

また、他人と自分を比べることをやめて、ひたすら過去の自分と今の自分を比べることを意識すると、過去よりは少しでも着実に成長できていると感じられて、自分自身にも肯定的な言葉が少し言えるようになりました。

 

否定されると身動きが取れなくなってそこで終了してしまうのですが、肯定されると「まずは一度試してみよう」というところから入るので、「肯定される機会」というのは非常に大事なのだと思います。

 

 

○まとめ

現代の日本だと中々「自分と向き合う時間」というものが取れないと思いますが、一度たっぷりこういう時間を取ることも大事だなあと改めて思った次第です。

現在進行形なんでどうなるかわかりませんが、とりあえず理想に向かって今を精いっぱい頑張りたいという自分の思いを綴るためにも今回筆を執りました。

 

お付き合い頂きありがとうございました。

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
Yonnsann
2019-08-16 12:26:58ID:139794

>>ミン@毒舌系セラピスト::さん
その気持ち本当に大事ですよね。
そもそも人は違うのが当たり前なので無理に同じにする方が不自然だと思います。
“人と違っても大丈夫🎵”精神で頑張りましょ〜(^^)

ミン@毒舌系セラピスト
2019-08-16 03:04:45ID:139747

躓いてばかりの半生でしたので
早い段階で、敷かれたレールや“当たり前”から脱線してきました。
おっしゃっていること、とてもよくわかります!!

人にはいろんな選択肢があって
なにかを成すのもそれぞれのスピードやルートがあって
みんな違うしみんないいし
たまに失敗しても大丈夫♬

って思えたら、心を病んでしまう人や人生を悲観する人が減るんじゃないかな、心が豊かになれるんじゃないかな、と思いながら

まずは自分が
“人と違っても大丈夫♬”を体現していこうと生きています。

Yonnsann
2019-08-15 19:10:34ID:139639

>>7zoesan::さん
時間に急かされていると判断力も低下しますしね。
自分のペースで長い人生を考えるのが大事だと思いました。

7zoesan
2019-08-15 17:18:44ID:139605

普通にいけば100年もありますからね、急がば回れ、どこかでゆっくり立ち止まる余裕を持つことの方が後々の人生を楽しく過ごすためには必要だと思います。

NEMber who posted this article

ネムログ気になったのでライブドアブログからいくつか移行します。

趣味は読書(特に太宰治)、アニメ鑑賞(特に幾原作品)、京都観光。
京都には足繁く通っているので色んな情報を提供できたらと思います。

また、教育実習、学校教員(少しですが)を経験して思ったことも少し書けたら良いと思います。

現在はwebデザインを勉強中。
29515
0

Why don't you read following articles?


0.85 XEM
127 4 0

4.0462 XEM
78 2 0

0.85 XEM
294 4 3

1.7 XEM
125 8 0

0.35 XEM
56 2 0


4.45 XEM
308 0 0