connecting...
Google translation for articles :
2 NEMBER donated to you!!

NEM使用したイベントを提案します

nem1.70xem (2) 109 0 2

NEMを使って技術的なアイデアを出すということで

今あるものをNEMを使って実行出来ないか考えてみました
ビンゴシステムを提案したいと思います

小規模といっても体育館で数十人というのではなく街単位のイベントなどに

技術的説明

期間 1日から数週間かけて

参加者は専用walletを持ってもらう
モザイク付与はFIFICで可能??日頃FIFIC使ってないのでわからないです。
媒体は紙であればQRコードなどでアドレスを読み取ってアプリでモザイク送付
(これだとFIFICは使えないのかも)
スマホであればポイントでモザイクゲット(FIFICで可能)
ビンゴの各カードのランダムな数字をモザイク付与で行う
イベントのある街でモザイクを収集してもらって自分のビンゴカードを作る
モザイクを沢山取ればビンゴの確率は増える
モザイク数によってビンゴカードの縦横の数を考慮する


場合によっては所持する特殊モザイクでビンゴカードのシャッフル機能などを付与する

 

設定期間
街のイベントなどでは1ヶ月などの単位で上記モザイク収集を可能にする

 


一定期間後ビンゴ期間を設けてモザイク所持者に通知を行う
カタパルト後の想定なのでビンゴの番号はアグリゲートトランザクションでいいはず
(違ったら指摘おねがいします)

当選者には連絡用のモザイクを送付
必要事項を記入して運営に送ってもらう

当選品をゲット
予算がない場合はモザイクのセットなど
(絵葉書セットなどの版権をモザイクにも反映するとか)
運営が所持する写真を使ったモザイクあるいは逆に絵葉書など

メリット小規模でも運営が可能
ビンゴの番号の送付などが簡単
参加者が他のエリアに移動してもイベントに参加できる

大規模な事案

期間 数ヶ月

エリア日本全国

日本の有名な場所を巡る人を対象に
言語も主要言語を対象に複数言語で

あくまでもビンゴなので小規模な場合にのっとって運営
メリットなども一緒

両方の問題点

提案しておいて悪いのですが、日頃FIFICでコイン拾えないので
(田舎すぎてコインがない)
FIFICの機能については想像で書いてます

ビンゴに対応した画面が必要ですが自分では開発できません
NEMを使った面白い事案ができそうなので
提案だけさせていただきます

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register

NEMber who posted this article

nem好き 同じ県内でNEMって聞いたことのない僻地にいます。ひっそりと苔のように生息中。
31132
0