connecting...
Google translation for articles :
7 NEMBER donated to you!!

さよなら資本主義の幻想

nem108xem (7) 106 8 0
 

井上いぬおです。

家賃下げようとして、HOMESをチェックしながら思ったことをまとめます

 

資本主義の幻想について。

 

## 数字のマジック

 

数字の大きいものが正義ではないと知るのは大切だと思った。

 

高い家、巨額な年収や資産、高級食材、高級ブランド

 

もっているとステータス的なもの。

 

持っているとステータスってのは自分の価値を他人任せにしてるという事と同義だと思う。

 

僕は自分の価値くらい自分で決めたい。

 

だから数字にはこだわらない生き方がしたいと思う。

 

そもそも資本主義的な観点からみて、価値(金額)が高ければ高いほど幸せなら、狩猟採集民の生活は不幸で然るべきだけど、実際はそうではない。

 

狩猟採集民の多くは先進国の人々より幸福らしい

 

先進国ではお金が無いと生きられないというシステムによる問題も確かにあると思う。けど。

 

問題は価値を数値化することによって、他人と客観的に比較しやすい事ではないかと、僕は思う。

 

人と比べるて自分の価値がどうであるかがわかると、それに一喜一憂することになる。

 

ただ、そこにはそもそも本質的な価値がない。あるのは「年収が高い人間低い人間、高級食材を買える人間買えない人間、高い家に住んでる人間安い家に住んでる人間」という事実だけ。

 

例えば、みんな同じ価値のものを食べ、同じ価値の家に住み、同じ給料をもらっていたら、そこに劣等感はない。社会主義国家みたいだけど。

 

これでは資本主義経済が回らず、文明の発展や繁栄が停止してしまう。資本主義が回らなくなる。

 

社会主義や共産主義では事実上、人々が↑に書いたように平等になるらしいけど。実際はそれを取り仕切る人間が必要であるため矛盾が生じる。その結果それらは崩壊の道をたどるか、厳密に社会主義や共産主義が成り立たないとかそんな話を聞いたことがある。詳しくないのでこれはこの辺で

 

つまり、事実としては「資本家もしくは権力者」が存在しなければ世界はまわらない。

 

そういった人間達が求めるのは、文明の発展であり、それによって甘い汁を吸うことだ。

 

トマピケティのr>gが示すように、資本家は労働によって得られる利益では考えられない利益を得続ける。

 

僕らはそのコマに過ぎない。

 

資本家は労働者が働きたくなる仕組みを作る事で、利益を得ている。

 

その仕組が

 

資本主義のもとでの幻想としての「価値」だと僕はおもう。

 

* 高級ブランド、食材、家、車、その他もろもろの「モノ」

 

このクソゲーから抜けるためには2つの手段しかないんじゃないだろうか

 

* 事業を立ち上げて一発当てる
* 価値を捨てる

 

この2つ。

 

半々くらいで両方やるって方法もある。僕はこのパターン。

 

個人事業でぼちぼち稼いで、価値を捨てた。

 

資本家の作った投資のルールに乗っからせてもらって、配当収入を得ながら、事業としての印税と、後は価値を捨てて生きてる。

 

稼ぐ方と投資の話は一旦置いておいて。前置きがむちゃクソながくなったけど…

 

今回はそんな「価値を捨てる」ための見直した方がいいんじゃないかなって思うものについて。


## 物や家

 

前置き長くなりすぎて元気がなくなってきたのでざっと。

 

まず家。

 

快適な家は求めてるとキリがない。

 

僕は漫画家業を始めた頃

 

家賃2.5万+管理費2500円+水道代2500円のボロマンションに住んでた。

 

去年、雨漏りがし始めたが大家が治してくれなかったので引っ越した。

 

この引越が失敗に終わった。失敗ってのは、単純に高いところに引っ越してしまったという事。

 

全部込みで6万。

 

失敗した。

 

今引っ越しを検討中だけど、実際問題、家なんて、ある程度住めればいい。

 

3万のところに10年住んでいたんだから、4万のところなら普通に住める。

 

実際6万になったからといって快適なわけでもなんでもない。

 

若干広いだけだ。

 

こんなものに3万も余計に払うのはバカバカしい。

 

雨漏りで焦ってた事もあったし、まだその頃はニーチェに出会って無くて(僕が価値観を見直すきっかけになったのはニーチェの超人思想)

 

高い家に住む事は、上手くいってる証拠だと思ってた。

 

今おもうとくだらない。



ミニマリストではないが、余計な物はいらないと思って処分し始めると、随分すっからかんな部屋になってきた。

 

まだまだ片付けられる段階だけど。

 

仕事用の机がデカイとはいえ、部屋の広さは25㎡もあれば十分暮らしていける。

 

田舎だから4万ちょいだせばそのくらいの部屋いくらでもある。

 

高い家に住んで時間をすり減らすより

 

安い家に住んで、その分で浮いたお金や時間を自分の経験に費やした方がマシだと思う。

 

家賃より、ジムで筋肉でもつけたほうが100万倍価値があると思う。
 
モノについてあまり描けなかったけど。
 
「ダイソンじゃなくてもホコリは吸える。」

 

と一言だけ。

 

## ブランド

 

ブランドにはもともと興味がない。

 

Tシャツは楽天で売ってる無地の500円のヤツだし。

 

この辺は語る事は特にないけど。

 

良いブランドの物を来てないと女にモテないとか言うけど。



そんな女はこちらから願い下げだし

 

そもそも女に用がない。

 

良いものを身につけるなんて、どうでもいい。

 

それより、謎の東南アジア料理の店で食べたことの無い料理を食べる方が、価値があると思う。

 

酸っぱいのか辛いのか、甘いのかなんなのか見た目では判断できないような料理を食べる事は経験だけど

 

YかSかなんかしらんが、かっこよくもないロゴがごちゃごちゃついてる柄がついてる財布になんの価値があるのかわからない。

 

## グルメ

 

グルメもそう

 

上に上げた東南アジア料理の話は「未経験から経験」としての価値だから、これには当てはまらないとしてほしいんだけど。

 

そもそもレシピってのは他人が作れるように存在してるのに

 

料理人によって味が違うと感じるのは錯覚でしかない。

 

錯覚資産なんて言葉がプチバズってたけど、まさにそれ。

 

冷静に「何にお金を払っているのか」その価値を見極めていかなければ

 

その支払ったお金を採取取得するための労働時間、つまり、寿命を削る事になる。

 

高級な牛の味がまじで分かる人なんて僕はいないと思ってて、スーパーの牛で十二分にうまいんだからどうでもよくない?と思う。

 

芸能人格付けチェックってTVが正月頃に実家に帰るとよくやってるけど

 

外しまくってるじゃないすか。

 

竹内龍人さんの本で読んだ話だけど、ペプシとコカ・コーラ味の違いが「ラベルによるもの」だと科学的検証の上でぶった切っていた。

 

実際にクソ高い料理と食べた事はないから、ぶっちゃけ偏見かもしれないけど

 

僕は、グルメは、味わってるんじゃなくて、ラベルを食ってるんだと思う。

 

もちろん「一度」なら経験として、ありかもしれないけど。




## 最低限の幸福

 

独身なら200万もあれば贅沢な幸せな生活が出来る。年に数回程度なら、軽い旅行に行ってもお釣りが来るくらい。

 

節約すれば150万もあれば生活はなんとかなる。



新製品やブランド、グルメなどにお金を払わず

 

自分の体験にのみお金を払おうと思った。
 
もちろん、わかった上で「モノへの価値」を感じるのもまた一興だとは思うし、それはその人の価値観だから否定はしない。それはその人の価値であって僕の価値ではないから、そもそも否定する権利が僕に無い。
 
他人の事なんて「いいんじゃないの」の一言で十分だと思う。

 

価値観は人それぞれだけど、僕にとってのその価値観は

 

インプットは、見たことない景色を見に行く事、面白い人に会う事、食べたことの無い料理を食べる事、面白い作品を読む事

 

アウトプットとしては、自分が思ったことを文章や漫画にすること。人を笑わせたり楽しませる事。

 

それで満足。

 

資本主義を回すための都合の良い価値観を植え付けられて「お金」に縛られた人生を送るのは、もはや他人のために生きているようなものだと思う。

 

ニーチェの超人思想よろしく、僕は自分の価値観で他人にどう思われようが、自分の人生を生きようと思った。

 

来るかどうか不確かな未来のために、今を犠牲にするのはもったいない。人間はどうあがいても、いつか死ぬ。

 

明日が来ない人がこの世には沢山いる。

 

それなのに、なぜわけのわからない錯覚のために、今日を蔑ろにしなければいけないんだろうって

 

そんな事を思ったりしたのでした。
 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
井上いぬお
2019-09-11 19:08:07ID:146682

>>ともニャン::さん
子供くらいシンプルに素直に考えて生きられるのは理想ですよねぇ。
ごちゃごちゃ考えてしまいます…

井上いぬお
2019-09-11 19:07:33ID:146681

>>amarin123::さん
ゲームの効率考えるのは楽しいですよね。
結果がすぐに現れてくれるからわかりやすいですし。
オンラインゲームにハマってた頃は、エクセルで表まで作ってやってた頃がありました。

井上いぬお
2019-09-11 19:06:22ID:146680

>>matsuno@漆黒の::さん
ご賛同ありがとうございます!

井上いぬお
2019-09-11 19:06:07ID:146679

>>7zoesan::さん
他人の価値観で生きないってのは、自分の価値観を客観的に確立させなければいけいないので
折り合いをつけるのがなかなか大変ではありますよねぇ。
僕も、何を大切にすべきなのかよくわからなくなることは多々ありますし、失敗して修正しての連続です

ともニャン
2019-09-10 23:16:34ID:146500

(ฅ✧ω✧ฅ)ニャ✧ネムログは理屈好きの人が多いニャw
Life is like children playing house

amarin123
2019-09-10 20:22:03ID:146445

僕はブロックチェーンのネトゲにハマってるんだけど、そこのコスパを追求するのが何より楽しいな。

7zoesan
2019-09-10 19:16:23ID:146433

私も過去に同様のことを書きました。
いかに他人の物差しで人生を測っている人の多いことか。
しかし、快適な生活も捨てられず、その狭間でバランスをとりながら好きな時間を最大限にできるように日々過ごしております。

NEMber who posted this article

ほそぼそと漫画家業をやりつつ、ぼんやり生きております。
31268
0

Why don't you read following articles?