Wait a moment...

投資なんて簡単。

nem2.55xem (3)
259
0
2019-09-10 12:09:56
投資なんて簡単。

怪しいタイトルである。ツイッターなら間違いなく読まずにスルーだ。5年後に資産を確実に倍にする程度の目標ならば、やはり仮想通貨であろう。

 

常識というのは、10年単位でコロコロ変わる。

 

野球の審判は50年前は誤審でも絶対であった。現在は映像にて最終判断することになる。

 

学校の先生というのは同時期聖職とも言われ、子供のためなら叩こうが怒鳴ろうが自由であった。そのかわり、時間外などという概念はなく、子供のために一生懸命であった。今は問題があるとPTAが介入し、免職ものである。ゆえに子供に馬鹿にされようが、一定の距離を保っている。

 

庶民のストレス発散は、パチンコや競馬が多かったが、今は"いいね"のボタンであったりする。

 

 

昨日新聞を読んでたまげたのは、デンマークは住宅ローンを組むと、金利を払うどころか逆に利息をくれる場合がある。

 

意味が分からない。

 

闇金ウシジマくんが、元本を返してくれた客に「おめでと!!」とかいって何万円か渡して、肩をポンポンと叩くようなものだ。

 

 

このからくりは、マイナス金利という政策が関係している。2016年より日銀は開始したもので、民間銀行が中央銀行にお金を預けた場合、逆に利子をとられてしまうという政策。このため民間銀行は、お金を企業に貸し出したり国債などの投資に向かう(国債はマイナス金利がまだマイルド)。

 

だから現在の銀行は個人からお金を集めても、まったく得をしない。逆に個人から口座管理料をもらわないと、割に合わないくらいだ。

 

つまり、”お金持ち”というのは、資産運用が下手糞な目減りしていく資産をもっている能無し、というdisrespectなニュアンスに変わっている。

 

先に書いたデンマークの住宅ローンは、銀行側が目減りするお金を持っているくらいなら、わずかな手出しがあっても住宅を建ててもらおう。そして現金を放出して、損失を防ごう。そういう流れで発生した商品だと思う。

 

 

今日セブンイレブンで、ウィンナーパンを買おうと思ったが、20%くらい値段が上がっていて150円になっていた。スーパーのみたらし団子も2本で100円だったのに、120円に上がっていた。

 

公務員の嫁は、15年前は勝ち組とかいって自称していたが、今は毎日夜の9時10時まで帰ってこない。新聞では、厚生労働省に至っては、強制労働省、拘労省などと揶揄される始末だ。

 

そんななか来月から消費税が10%に値上げされる。低所得層はどうやって生きろというのだろうか。

 

現在の金融に関する政策は、どこかにひずみを押し付けあう、オワコン政策になっている可能性がある。

 

 

かたや仮想通貨業界である。

 

価値の代替という貨幣の役割を、確実にこなす能力がある。偽造不能、偽証不能であり、対円のレートでは乱高下するが、仮想通貨そのものはびくともしていない。

 

アルゼンチンやベネズエラなど、国家破綻した国では、国家通貨の代わりにペイメントとして台頭している。アメリカでは、資産防衛策の一つとして、金塊の代わりになるとコマーシャルが放送されている。

 

かねてから100以上の企業が仮想通貨交換業の資格を申請していたが、この度LINEの子会社がそれを取得することに成功した。日本の奥様方がスマホを見ているとしたら、80%はLINEである。なにかの拍子に、"仮想通貨なら安く車が買える"とか、そんな情報が蔓延したら、追従が大好きな日本人である。ペイメントが仮想通貨に変わりうることも十分考えられる。

 

仮想通貨は、FX上での金儲けツールとしか見られていないふしもあるが、そうではない。

ツイッターで仮想通貨と検索したら、怪しい広告しか出ないのは、国が情報操作して、怪しいものだと思い込ませる手を打っている気がする。

 

仮想通貨の情報は現在ポジティブなものが多く、マイナス材料が少ないように思えます。

 

 

目減りする現金を持っている国民は、どこに向かっていくでしょう。

 

成り立たない銀行業は、新しいペイメントに何をつかっていくでしょう。

 

国家政策に愛想をつかした国民は、何をつかっていくでしょう。

 

その際障壁になる税制を改革するために、どんな議員が現れるでしょう、そして誰が投票するでしょう。

 

物価が上がって物も買えなくなるかもしれない紙幣を持つより、将来的に0.01BTCのほうが役に立つ可能性が高いです。

 

皆が将来欲しがるであろう物を、安いうちに仕込んでおく。それだけです。投資なんて簡単です。

 

なんか間違ってたらご指摘お願いします。

この記事を書いた人
囲碁、経済、暗号資産、アマチュア無線に興味があります。