Wait a moment...

【Catapult】JeffさんがPoS+についてわかりやすく解説してくれました【PoS+】

nem95.30xem (16)
1552
10
2019-09-11 12:05:13
【Catapult】JeffさんがPoS+についてわかりやすく解説してくれました【PoS+】

NEM.ioの重鎮のひとりで、技術に詳しいJeff McDonaldさんによるPoS+の解説が、NEM OfficialによってMediumにまとめられましたのでご紹介します。

 

https://medium.com/@nemofficial/c9eeb7c6b2b9

 

スピード重視で、Google翻訳メインで一部修正を加えます。

 

NEM Official: Proof of Stake(POS)は、ブロックチェーンで最も使用されているコンセンサスアルゴリズムの1つです。NEM Foundation Councilのメンバーであり、LuxTagの共同設立者であるJeff McDonald氏は、ブロックチェーン、NEM、およびカタパルトに関する多くのイベントで講演されています。彼はいつもPOS +について尋ねられるので、彼の視点に基づいてそれが何であるかの要約をまとめました。POS +は3つの部分で構成されています。アカウントは、下記の3つの項目でインポータンスを増やすことで、ブロックを生成しハーベストする機会を増やすことができます。

1)コイン保有量

2)アカウントの活動度

3)ノードを保有



PoIよりも効率的です

 

POIアルゴリズムは多くの計算能力を使用しました。これは長期的には問題になる可能性があります。複数の異なるメトリックを追跡して、NEMブロックチェーン上の各トランザクションに重みを付け、どのアカウントが「重要」で、どのアカウントがそうでないかを判断していました。 「重要な」アカウントがエコシステムに貢献していることがわかっているため、これは役に立ちました。新しいPOS +アルゴリズムでは、ネットワーク内のアクティビティは以前と同様に評価され、測定されていますが、「重要な」アカウントはトランザクションを行って料金を支払うアカウントであることがわかったため、計算はトランザクション手数料に集約されました。したがって、要約すると、他の非常に複雑で計算が重いメトリックの代わりにトランザクション手数料を追跡するだけで、どのアカウントがより重要でネットワークアクティビティに貢献しているかを把握することができます。


ただし、アカウントアクティビティだけが重要なことではありません。加えて、アカウントにあるコインの量であるステークも、POIの重要な一部分です。一般のPOSにおいては、唯一の重要なものですね。

 

さらに、POS +はそれだけではありません。アカウントのアクティビティとステークに加えて、POS +はノード運用に対しても報酬を与えます。


フルノードの実行を奨励します

 

ほとんどのブロックチェーンには、フルノードを実行するインセンティブがありません。これは、ビットコイン、イーサリアム、および他のブロックチェーンで有名な問題であり、完全なノードを実行することは、趣味的で利他的な努力である場合がほとんどです。 (注:マイナーは、フルノードを実行するのではなく、ハッシュパワーを生成することで報酬を得るため、ほとんどすべてがノードを実行しないことを選択します。)


NEMが最初に起動されたとき、この問題は元々、スーパーノードと呼ばれるプログラムを追加することで解決されていました。スーパーノードは、多くのノードを確保することに成功しましたが、POIのブロックチェーンコンセンサスプロトコルの一部ではない報酬を支払いました。 スーパーノードプログラムはNEMに重要なサービスを提供しており、カタパルトでも何らかの形で継続する予定ですが、詳細はまだ確定していません。しかし、POS +からの改良点が追加されたことで、通常のノードを実行している人も、システムから直接報酬を受けられるようになりました!


また、通常のノードの実行をより魅力的にするための追加のボーナスとして、ノードが収集する委任ハーベスターが多いほど、ノードの実行がより利益を産みます。このインセンティブには2つの方法があります。 1つ目は、ノードオペレーターが、そのノードでの収集中に委任されたアカウントが作成する各ブロックから少額の料金を徴収できるようになったことです。 2つ目は、ノード上で委任されたすべてのハーベスタの重要性の合計が、ノード上でブロックを作成する全体的な機会を増やすのに役立つ方法で計算されることです。繰り返しますが、前述したように、これはすべて追加のレイヤーに依存することなく、Catapultに実装されたコンセンサスによって行われます。
(注:Catapultでの委任ハーベストは、ノードを運用するアカウントにブロック作成を委任して、ブロックに含まれる手数料を徴収できるようにするPOS +のアカウントの安全かつ確実な契約のことです。)


小規模アカウントに重み付け


POS +の最大の利点は、小規模なアカウントにより多くの重み付けされていることです。アカウントに非常に大きな保有コインがある場合(大規模な交換所など)、トランザクション手数料と独自のノードの実行に対するボーナスは小さくなります。一方で、独自のノードを運用している、小さいけれどもアクティブなアカウントほどボーナスは大きな割合になります。これは、NEMエコシステムの構築とネットワークのサポートの両方で積極的に活動している小規模アカウントが、委任収穫を使用してコインを保有しているだけの大規模投資家と比べて有利です。これは、POSに常に存在する「金持ちがより金持ちになる」問題と、ほとんどのPOWコインにある「POWはフルノードを実行する愛好家に報いない」問題の解決に役立ちます。


NEM開発者はこのソリューションで本当に成功しています。コミュニティが共有できることを誇りに思うことができると思います。

 


Google翻訳を使って、いつもよりスピーディーに日本語化してみました。PoS+のノード運用部分がだいぶ明らかになってきましたね。スーパーノードではなくても小規模なノードでも委任ハーベスターを集めて運用することで、より大きなハーベストを得られるようです。

 

ホントCatapultが楽しみです!

 

目指せ北海道

Comment
目指せ北海道
目指せ北海道
2019-09-12 16:31:42ID:146935

>>うぇんじにあ::さん

メトリックというのは、NCDawareRankやアウトリンクマトリックスなどの、アカウントの関係性を計算する方法です。Googleの検索に使われるサイトの重要度の仮想通貨バージョンですが、かなり難解です。僕も根拠となる文献を当たってみましたが、完全には理解できていません。ただ、繰り返し計算によって収束させる方式を取っているために、アカウント数やトランザクション数が増えると爆発的に計算量が増える性質があるため、カタパルト実装への足かせになっていたようです。

委任ハーベストをしているアカウントに手数料が全額行っていたので、通常のノードを運用している人にはこれまでメリットがありませんでした。これからは、ノードそのものにも報酬が出るし、委任ハーベストから税金のような形で手数料の一部を徴収できるようになるという意味だと思います。

>>カフェイン::さん

NEMには長い歴史があるので、この文章だけ読んだら多分わからないと思います。でも、カタパルト導入によって、個人ユーザーもサーバー運用者も、努力が報酬にちゃんと反映されるようになると思われます。なので、楽しみ。

うぇんじにあ
うぇんじにあ
2019-09-12 10:24:19ID:146882

翻訳記事をどうもありがとうございます〜〜^^

> 他の非常に複雑で計算が重いメトリックの代わりにトランザクション手数料を追跡する
メトリックって具体的には何なのかなと言う疑問が残っていて・・
単一のデータ=トランザクション手数料払っているアカウントかどうか、を見るだけで良いのが負荷軽減に繋がっていて、ここで言うメトリックって言うのはトランザクション手数料以外の様々なパラメータを使って計算している事が複雑と言っているのですかね・・(勉強不足だ)

> 通常のノードを実行している人も、システムから直接報酬を受けられるようになりました!
の部分ってNEM1では、スーパーノード以外の人は委任ハーベストで間接的に報酬受け取っていたけど、それが直接的にNEM2から直接報酬受け取れるようになると言うことだと理解したのですが。
これって具体的にどう言うメリットがあるのかがイメージ出来ていなくて・・直接的な分、ハーベスト報酬が増えると言うことなのかな?

> 小規模アカウントに重み付け
ここは良く理解できました!^^
富めるものがより富むの問題を解決できそう!そしてnemlogやnemgraphで頑張っている方々がより報われる世界が実現できそう^^と思いました!

目指せ北海道
目指せ北海道
2019-09-11 16:09:15ID:146637

>>しおじい::さん

ハッシュ稼ぐだけのマシンばかりが増えて、結局フルノードは少ないってのが実際のところみたいですね。PoS+は単純だけどノードを立てて遊びたい人たちの心もがっつり掴みそうです。

しおじい
しおじい
2019-09-11 16:05:17ID:146636

> 「POWはフルノードを実行する愛好家に報いない」問題の解決に役立ちます。
個人的にBitcoinでこの問題がずっと放置されているのが気になっていたので、きちんと加味されているのは好印象ですね。
当面は無いよりマシ程度かもしれませんがw
とは言え、開発者からするとちょっとお試しでノードを建てると言うときに、取引所を経由せずにテスト用に使う少額のXEMを稼げる手段があるというのは割とありがたかったり。

目指せ北海道
目指せ北海道
2019-09-11 16:02:51ID:146635

>>おえ #NemKit 作った人::さん

どんどん投げてどんどんハーベスト!

>>nem好き::さん

サーバーの要求要件はそれなりに高そうですよね。うちでもubuntu18.04でエレファント動かしてみましたが、メモリー8Gくらいは必要そうです。不死鳥になったらまたインストールしてみようと思っています。

nem好き
nem好き
2019-09-11 15:27:39ID:146630

いつも記事作成ありがとうございます。大変勉強になります。
趣味で構築してみるのを想像するとubuntu18.4でも割とCPUとメモリパワーいるのと更に1台でカタパルト構成するの難しそうなんですよね。小さいサーバー2台ぐらいの構成で作れると楽しそうなんですけど。

目指せ北海道
目指せ北海道
2019-09-11 13:29:31ID:146608

>>やそ::さん

今の所得られている情報では、最新のRaspi4でもギリギリ無理かなという感じです。でも、APIサーバーとmongoDBサーバーを別々のRaspiで動かすとかいう裏技を使えるかもしれません。

やそ
やそ
2019-09-11 12:44:52ID:146599

ラズパイとやら?みたいなマイコン的なものでもノード作れるという話をnemlog記事で見たような気もしますし、
カタパルト移行を機にフルノードデビュー目指してみようかしら。

いつも為になる記事ありがとうございます!

この記事を書いた人
趣味はバイクでツーリングしながら、ブログを書いたり、動画配信したりすること。暗号通貨はまだまだ初心者。 nemlogに何を書こうかいろいろ考えたのですが、まずはバイクで動画配信をするための工夫や楽しさ、充実感などを伝えられたらと思ってはじめました。ラズパイをバイクに積載して、ボタン一つでYoutubeライブ配信できるシステムを作りました。それを発展させて、XEMの価格を常時監視、取引するボットも作って活用してます。子供の頃から技術書を読むのが好きなので、NEMの白書を訳したりもしています。 本業は再生医療研究者です。歯の神経の中にいる「歯髄(しずい)細胞」を活用して新しい医療を開拓するために、しずい細胞プロジェクトを推進中。細胞の流通(トレーサビリティー)管理にNEMを使っています。管理システムの名称は「ShizuiNet」。NEM.ioのAlexさん、Jeffさんと名刺交換&握手できたのが心の宝物。