connecting...
Google translation for articles :
4 NEMBER donated to you!!

「NEM共和国へ移住して1年」

nem16.70xem (4) 129 6 1

20XX年、私は1年間の期限つき移住権を得てNEM共和国へ移住した。

 

特に自国に大きな不満があったわけではないが、何やら新しい経済の形がここにあるということに興味を持ち、また「本の街」という面白い街があることも魅力的だった。

 

本の街についての詳細はこちらの記事を参考にしてもらいたいが、この街の蔵書はすべてブロックチェーンに所有権が記録されており、ここの住人は無数に公開されている「パブリック本棚」にある本が無料で借りることができる。

気に入った本は買い取ることもでき、売買が成立すれば所有権が上書き保存され、すべてオンライン上で完結するシステムだ。

 

また、この街の面白いシステムのひとつにPoR(プルーフ・オブ・リーディング)というものがあって「本を読んだ量」に応じてコインが分配されるのだ。

 

本を読めば読むほどコインが貯まるなんて、私にとっては夢のような街だ。

まったくこのシステムを考えた人はどんだけ本好きだったのだろうか、それを採用するNEM共和国という国自体もそうとうに面白い国だ。

 

ということで私は1年間の期限付き移住権を得て、ここに来ることになった。

 

この記事は私の移住生活とこの国の魅力を記録したNEM共和国プロジェクトへの参加記事である。

 

この国には中央集権国家がなく、税金というものが存在しない。

すべてのインフラはその必要性に対する意見書が提出され、共和国住人によるPOI投票により決定される。

 

投票の重要度は共和国(コミュニティ)に対する貢献度によって異なり、当然ながら貢献度の高い人ほど重要度が高い。

 

この国は基本的に所有して溜め込むことに価値はなく、いかに共和国国通貨であるNEMを回して、経済に貢献しているのかが評価される。

 

私はこの国に来て、共和国ないの保健事業や住人の健康増進事業に関わっているが、私はその役割に対する対価としてNEMを受け取り、それを生活する上で必要な物の購入に充てたり、公共の事業への投資や寄付に当てたりしている。

 

共和国内の物自体の価値は常に一定であり、需要と供給による差はその人の気持ちによりチップが上乗せされる仕組みだ。

 

当然、多くチップを払えば払った人の重要度は上がるため、払った側にもメリットがある。

 

ちなみにこの国での私の貯NEMは0である。

 

ここでは仕事というものは基本的にはない、役割があるだけで皆が自分の得意なことや好きなことで住人に貢献している。

そして、その貢献に応じてチップが支払われるのだ。

 

そして貢献がある一定の水準に達するとボーナスチップが貰えることがある。

これも貢献度によって貰える回数が異なるようだ。

 

基本的に余計に儲けることはデメリットしかなく、この国における重要度も上がらないため、常に皆が使う先を探しているのだ。

 

だから人の役割は常にあり、経済は順調に成長している。

 

経済的な格差もないため、ここでは犯罪が起こることもほとんどない。

 

そのため、移住希望者が後を絶たず、人口が増えており、子供も増えている。

 

ただこの国のことを多くの外国はよく思っていないようだ。

だからここの通貨は対国外通貨に対し価値が上がらない。

そのため他の国に旅行がいけないのが少々ネックではある。

 

それでも、この国には自分の役割があり、働きたいときに働いて、他人と比べることもなく、好きな本を読みながら、自分の身の丈にあった生活する自由がある。

 

これは生まれ故郷で暮らしていたときには感じたことのなかった自由だ。

 

私の移住生活は明後日でちょうど1年を迎える。

正直、この国にくる前は1年を待たずに帰国することも考えていたが、どうやら私はこの国の居心地のよさにすっかり毒されたようだ。

 

明日はNEM共和国移住権の延長の申請に行くつもりだ。

この1年で私の重要度も延長可能なぐらい上がっていたのだ。

永住権の獲得にはまだまだ重要度は足りないのでまたコツコツ上げていこうと思う。

 

この記事がNEM共和国移住を考えている皆の参考になれば幸いである。

 

20××.9.21

NEM共和国、本の街1番地

図書館のいつもの席より。

 

7zoesan

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
7zoesan
2019-09-22 09:12:10ID:149049

>>ゼム🦈×🐳ゼム::さん
懐かしの本の街からの妄想、自由だぁぁ!

ゼム🦈×🐳ゼム
2019-09-21 22:46:01ID:148938

・w・プルーフ・オブ・リーディング!懐かしい!
自由だぁああああああああああああ!

7zoesan
2019-09-21 22:38:14ID:148935

>>matsuno@漆黒の::さん
誰かのためが回ってリンクしていきながら新たな価値を生み出していって循環していくシステム、妄想は膨らむばかりです!

7zoesan
2019-09-21 22:35:32ID:148933

>>YUTO::さん
ほんと真剣に考えてみると共和国として成立するにはある程度自国供給で賄えるだけの資源が必要ですので対外国の輸入に頼るとなかなかNEMは苦しい立場になりそうです。
なんて妄想がいきすぎまして笑
楽しい思考イベントありがとうございました。

matsuno
2019-09-21 22:18:43ID:148913

行動価値によるイノベーションを興したい!

YUTO
2019-09-21 21:31:31ID:148888

自分の役割を自覚して、生活をしている姿をみると、居心地がかなりよさそう!!
でも、他国から嫉妬されてのは、羨ましいの裏返しかもしれないと思いますね!!

NEMber who posted this article

北海道で理学療法士兼スポーツトレーナーとして活動しています。
これまでの臨床経験から得た気づきや学びに関すること、
日々の読書の備忘録など、徒然なるままに健康と幸福と自身の人生観についてアウトプットしていきたいと思います。
NEMはあまり関係ないことが多く、申し訳ありません!!

ツイッターもはじめましたので、よかったらフォローお願いいたします。
32058
0