Wait a moment...

ハワイに行ってみた Vol.10

nem5.44xem (2)
256
0
2019-09-25 07:55:29
ハワイに行ってみた   Vol.10

ハレアカラ・ナショナル・パーク

 

ハレアカラ・ナショナル・パークは、マウイ島の南東部に位置する世界最大の休火山です。

パークの目玉は、直径約11㎞、深さ約800m、周囲約34kmと規格外の規模を誇る赤土のクレーターです。

クレーターには大小11個の火口丘があり、太陽光の加減によって表情が変わる幻想的な景色が広がっています。

マウイ島に行ったら絶対に訪れたい必見スポットです!

 

 

標高はマウイ島最高峰の3055mを誇り、頂上から見渡す360度のパノラマビューはまさに絶景!

マウイ島の全景のみならず、天気が良ければハワイ島やラナイ島なども見えます。

ハレアカラ山に行くには、ツアーに参加するか、レンタカーを借りていくの2通りの方法がありますが、私はいつもホテルからレンタカーを借りて山頂を訪れます。

ハレアカラ山の頂上までは車で行くことができ、サンライズや星空観察、山頂から駆け降りるサイクリングなどのオプショナルツアーに参加することもできます。

どの時期でも山頂は非常に寒いので、防寒具をしっかり持参してください。

ツアーに参加する場合は、防寒具はすべて貸してもらえることがほとんどです。

山頂までの道中は遮るものが無いので、昼間であれば、車でゆっくりと登りながら素晴らしい景色を楽しむことが出来ます。

 

 

パーク内には2つのビジターセンターがあり、トイレも完備されています。

標高2134メートルの位置にある「パーク・ヘッドクウォーターズ・ビジターセンター」、そして、標高2969メートルの場所に立つ「ハレアカラ・ビジターセンター」です。

山頂に近いハレアカラ・ビジターセンターでは、登頂の証明書を1ドルの寄付で手に入れることができます。

日付入りスタンプを自分で押して、記念に持って帰ることが出来ます。

 

山頂付近には、高山植物である銀剣草が自生しています。英語で「シルバーソード」と呼ばれる銀剣草は、20~30年に一度だけ花が咲くという貴重な植物です。

絶滅危惧種なので、手を触れることも禁じられています。高さは1~2メートルで、茎の周りに紫色の小さな花が多数咲きます。

 

ハレアカラ山頂からサンライズを見るには、早めのツアーの予約がオススメです。

特に個人で行かれる際は、2017年2月1日より、山頂からサンライズを観賞するために、午前3時から7時の間にパーク内に入園する場合は、事前予約が必須となりました。60日前からオンラインで予約できます。

 

 

あたり一面に広がる雲海は、徐々にオレンジ色に輝いてきます。

太陽が、雲海から昇ってくるこの景色はまさに絶景です。感動の瞬間を是非味わってみてください。

 

 

ハレアカラ山の頂上から眼下には、巨大なクレーターがあり、まるで宇宙や月面のような雰囲気を醸し出すこの火口は、映画「2001年宇宙の旅」の撮影地としても有名です。

 

 

 

山頂から眺める神秘的な日の出や、サンセット後の夜空を銀色に染めるほどの数の星々は、一生忘れられない思い出になることでしょう。

パーク内では、ビジターセンターで飲み物を購入することは出来ますが、レストランなどの食べ物を提供するお店はありません。

ハレアカラ山を下山してレストランを探すとなると1時間くらいはかかりますので、事前にサンドウィッチや飲み物を持参すると良いと思います。

レンタカーで個人旅行される方は、道中はガードレールなどは無く、周囲はゴツゴツした溶岩台地なので、気を付けて運転してくださいね。

この記事を書いた人
ハワイの魅力について、穴場スポットや見どころをお届けします。