Wait a moment...

「ドキドキの夏と秋」の話

33054
7zoesan
nem6.12xem (4)
191
4
2019-10-09 22:08:11
「ドキドキの夏と秋」の話

本日、水曜お題記事のテーマは「ドキっとしたこと」

 

ひとえに「ドキっと」したといっても、その要因は様々あります。

 

恐れ、不安、興奮、驚き、恋・・・

 

その中でも最近で私が一番「ドキっ」とした要因は「興奮」。

 

この夏に母校が甲子園出場まであと1歩と迫ったことでした。

 

母校の20数年の歴史の中で夏の大会でベスト4まで駒をすすめることができたのはたった1回、創部2年目、1-2年生の21名のメンバーだけで全道大会のベスト4までいきました。

「ミラクル情報!!」と各スポーツ紙を賑わせ、先輩たちは一気に北海道高校野球界で名を売ったのです。

 

その時、中3だった私、中学の時やっていたクラブチームの練習場はその高校のすぐ近くにあったこともあり、公立で野球の強い面白い高校がある!!と進学を決意しました。

そうして集まった3期部員は30名超となり、一気に母校は強豪校へ仲間いりしたのです。

 

しかしながら、そこからは苦戦が続き、1期下の後輩が新人戦ベスト4と選抜大会出場権に迫りましたが、以降は全道大会出場レベルで止まってしまい、1昨年までは10年間全道大会にも出れずにいました。

 

そして、昨年に久々に夏の全道大会出場し、今年は春の大会は全道ベスト4、そして夏は準優勝となったのです。

 

夏の大会決勝は延長14回の熱戦で、3-4で惜しくも甲子園出場を逃しましました。

夏の準々決勝に強豪北海高校を破ってベスト4進出を決めた試合、私は球場で選手のサポートに入っていたのですが、息詰まる熱戦に仕事どころではなく終始ドキドキしっぱなし、試合後はOBとして選手を激励してきました。

 

決勝戦も呼吸をするのも忘れるぐらい息詰まる投手戦に、終始ドキドキです。

 

結果は非常に残念でしたが、母校初の全道準優勝という歴史を残してくれました。

そんなドキドキの熱い夏をくれた後輩に感謝です。

 

高校野球連盟登録選手数143,867名、そのうち、夏の甲子園の土を踏むことができるのはたった900名、たった0.67%しかいない狭き門なのです。

選抜大会をあわせてもその割合は全体の1.28%でしかありません。

 

この限られた人しか立つことのできない夢舞台に立つために全国の高校野球部員は3年間、毎日必死になって頑張っているのです。

そしてその夢に破れた多くの選手たちはおじさんになり、朝野球で汗を流しながら、後輩にその夢を託しているのです。

 

さて、現在は各地で春の甲子園、選抜大会の出場をかけた試合が行われています。

今日札幌では全道大会の2回戦が行われました。

 

我が母校は札幌支部予選を見事突破し、先日行われてた全道大会の1回戦は10-2の快勝で2回戦に進み、本日、全道大会2回戦を円山球場で行いました。

 

結果は・・・

 

11ー2、5回コールドで快勝!!!

ベスト8進出です。

明日はベスト4をかけた試合があります。

夢の甲子園の舞台まで、およそ後3つです!(選抜大会なので選ばれるかどうかは優勝しても未定)

夏に負けじとドキドキの秋なんです!

 

悲願達成に向け、最後まで応援したいと思います!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

Comment
7zoesan
7zoesan
2019-10-13 19:21:35ID:153253

>>matsuno::さん
はい!ドキドキです。

matsuno
matsuno
2019-10-13 19:20:37ID:153252

おおこれはドキドキですね。夢を追う人はいつでも素敵ですね。

7zoesan
7zoesan
2019-10-12 16:22:41ID:153006

>>サバトラ::さん
残念ながら負けてしまいました!
夢はこれからも続きます!
コメントありがとうございました!

サバトラ
サバトラ
2019-10-12 13:15:42ID:152916

息子が高校の時野球してました。
入部したての頃、先輩達が甲子園選抜試合
まさかの甲子園!と盛り上り、TV見ながら
ハラハラ、ドキドキしながら応援してました。
もう一歩と言う所で、最後に負けてしまった
時の選手達の悔し涙は忘れられません。
息子達もそれを引き継ぎ、頑張りましたが、
良い成績を残せす卒業となりました。( ˘ω˘ )

悲願達成すると良いですね。
応援頑張って下さい!o(・x・)/

この記事を書いた人
北海道で理学療法士兼スポーツトレーナーとして活動しています。 これまでの臨床経験から得た気づきや学びに関すること、 日々の読書の備忘録など、徒然なるままに健康と幸福と自身の人生観についてアウトプットしていきたいと思います。 NEMはあまり関係ないことが多く、申し訳ありません!! ツイッターもはじめましたので、よかったらフォローお願いいたします。