Wait a moment...

夢のコラボレーション 鹿肉INスミノエカレー

34323
matsuno
nem9.95xem (5)
262
7
2019-11-05 19:55:32
夢のコラボレーション 鹿肉INスミノエカレー

こんばんわ!matsunoです。

 

強アイコンnemberちくぽかさんから頂いていた鹿肉の残りを、

おなじくnemberご用達のスミノエカレーパウダーがちょうど

1袋余っていたので、コラボってみました。

というより、あったものを・・・。

 

そう!夢のコラボレーション!!(強気発言

 

 

ちょっとやってみたい下ごしらえ方法がありまして、どうなるのかなあという好奇心から今回のカレーに行き着きました。

 

ジビエは調理の仕方によって、香りに癖があったりするという事を聞いていましたが、

今回の鹿肉は処理が良かったのか癖のない肉でした。

 

肉って、基本そのままでも美味しいのですが、味を薄めるとまた違った美味しさが引き立つ時があります。

そこで、料理研究家 辰巳芳子著 あなたのために―いのちを支えるスープ

(この本お勧めします!)から学んだ

肉の湯引きという下ごしらえによってどのようになるのか実験してみました。

 

前置きが長くなりましたが、とっても簡単な方法です。

 

下ごしらえ編

肉の湯引き

鹿肉を一口大にカットします。

塩を小さじ一杯ふって肉になじませます。

10分くらい常温で放置します。

 

 

その間に熱湯を用意して

塩がなじんだ肉に、表面がまんべんなく変色するまで熱湯をかけます。

 

 

 

もったいないと思われがちですが、こうすることで

余分な塩分、肉の表面の汚れ、灰汁等が洗い流されます。

 

 

野菜を適当に切って、ブイヨン、赤ワインをシャトルシェフにぶち込みます。

(シャトルシェフ:真空保温調理器具 これもまた便利)

 

 

 

 

3時間ぐらい余熱で火を通したら、煮汁を4分の3捨てます。(別容器に移す)

ここでつまみ食いしましたけど、鹿肉に程よく塩の穏やかな下味がついていてそのままでも美味しかったです。

 

あとは、いつもおなじみスミノエカレーレシピ

トマト缶、スミノエパウダーを入れて

 

出来上がり!

 

(写真写りに関しては失敗したなあと思いつつ)

 

 

ということで、鹿肉INスミノエカレーの出来上がり!

福神漬けの代わりにちくぽかさん家の柚子胡椒を添えて。

 

味は言うまでもありませんね。鹿肉自体脂肪分が少なく、またスミノエカレーも油分がありませんのでとても

ヘルシーです。肉を湯引きして、煮汁を最低限にしたことにより、ジューシーな肉!

というよりは奥ゆかしいお肉という味になりました!つまりこの下ごしらえ方法は良い!(私にとって)という事になりました。

豚肉(特にバラ肉で作る豚肉の角煮等)でも肉の湯引きは効果的だったりします。

 

と、いうことでご馳走様でした!

 

 

スミノエカレーってなんだ?という人の為にnemlog初スミノエカレーを作られた西村さんのデビュー記事を載せておきます。

nemlogっていろんなものが生まれてくるものですね。

 

Comment
matsuno
matsuno
2019-11-06 09:11:32ID:157868

>>Radio NEMber::さん
地域と地域と価値交換!

>>ほなねむ@魔眼のほなコロ::さん
禁断の花園へようこそ!

ほなねむ
ほなねむ
2019-11-06 02:26:17ID:157852

禁断のコラボ来た―!

Radio
Radio
2019-11-06 00:42:58ID:157827

NEM界のアトミックスワップ! (よく分かってないけどアトミックスワップと言ってみたかった)

matsuno
matsuno
2019-11-05 20:33:47ID:157779

>>ちくぽか::さん
アイコンのキラキラした雰囲気と対照的におちついた文体のギャップが好きです(笑)

matsuno
matsuno
2019-11-05 20:27:08ID:157778

>>7zoesan::さん
美味しかったです!

>>ちくぽか::さん
あ、はい。おっしゃる通りの効果があります!

ちくぽか
ちくぽか
2019-11-05 20:24:33ID:157777

男前アイコンですみませんw

お肉を湯引きする下拵えがあるんですね。
魚の一塩みたいにじわっと旨味も増しそうですね!
これはやってみたい。

スミノエさんとのコラボ大感謝でーす!!

7zoesan
7zoesan
2019-11-05 19:59:58ID:157773

これは美味しそう!

この記事を書いた人
技術見習いの見習いアカウント イベント理事