connecting...
Google translation for articles :
3 NEMBER donated to you!!

学校のプログラミング学習について

nem11.95xem (3) 118 5 1

こんばんは!matsunoです。

こちらの記事は、ちくぽかさんのイベント参加記事です。

 

 

私には、教育という事は全く実感がありませんので、想像の域であることはご了承ください。

勉強は楽しいというところから始まるといいですね。

 

現代の私たちは、平安時代の一生分、江戸時代の1年分の情報を1日に入手することができるという事です。

Twitterをはじめリアルタイムで全国各地、世界の情報が瞬時に入ってくるのは私でも実感できるほどになりました。

そうしますと、今後5年後、10年後の情報量はどうなっていくのでしょうか?新しい通信規格の5Gができ、今は6Gが研究されていることを

考えると、想像通りの情報量になると思います。

しかしながら、人間がその速度に合わせて体が進化していくわけでもなく、その場合何でも知れてたくさん大きくという経済から

欲しい情報だけでいいや。必要な物を必要なだけという文化にどこかでシフトチェンジすると考えます。未来の予測は難しいですね。

 

 

下記のグラフは 総務省の29年度版 データ流通量の爆発的拡大 の資料から抜粋しました。

http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h29/html/nc121210.html

 

 

図表2-1-2-2 世界のトラヒックの推移及び予測(トラヒック種別)

 

 

 

図表2-1-2-3 世界のトラヒックの推移及び予測(セグメント別)

 

 

※1エクサバイト=1億ギガバイト

 

例えば、2020年を基準としてみると、5年前の2015年は73エクサバイト3分の1となっています。

2020年から5年後を単純計算して3倍と考えると、582エクサバイトとなります。

2015年から比べると実に7.9倍となります。

 

 

ここから、来年から始まるプログラミング必修に関しての考察に入っていきます。

 

 

Q1プログラミングは学校で勉強する必要があるか。

 

結論としてある。と思います。

 

やらない方が良いと思っている理由を想像するのですが、親や先生がプログラムを知らないから将来どうなるか想像できないからだと思います。

労働問題も絡んでくるでしょうけどそこは棚上げします。

知らないを知るまでもっていくのってとても大変ですよね。

例えば、語学が全く分からない人が1年後、ポリネシア語が必修になったのでお願いします!といわれたら は?となるわけです。

それと感覚は同じで、必ず使う文化や国はあるわけですが、文化が違いすぎるので想像できないからです。

しかし、もし、ポリネシア語が世界中でヒットしたとき勉強しておけばよかった!となりますし。

面白くなければ適当にこなして他の好きな教科に力入れればいいと思いますし、面白ければどんどん勉強していくのが良いと思います。

 

Q2その習った内容は将来役に立つか。

 

いろんな視点がありますが、ここでは総務省の29年度版 データ流通量の爆発的拡大の資料から考察します。

1年後覚えたプログラミングの価値を100とした場合、5年後には30になるでしょう。

単純にデータ流通量も増えていきますし、同時に技術革新も進んでいきます。

 

例えば私は過去広告代理店で画像の切り抜きという作業をしていた時期がありました。しかし、いまは誰でも使えるWEBツールで無料でできます。

また、品質を保ちたいのでしたら、これもネットで70円~で切り抜き可能です。つまり、数年のうちにコストが劇的に下がってしまうという事がリアルタイムで起きています。

 

ですので、それを勉強したからといって将来は大丈夫ではなく、勉強したその内容が種であり、好きでしたら育てていけばいいですし、嫌いでしたら他の教科に力を入れても問題ないのではないでしょうか。

 

画像の手動切り抜きには技術がそれなりに必要ですが、現代は自動でできるので学びなおしさえすればできたりするのですから。確かこんな風だったなー。ネットで調べてみよう!で公開されている新しい知識は身についてしまいますし。

 

よって答えは、100点取っても将来は30点のレベル。最低限学んだら、あとは好きだったら勉強すればいいんじゃないかな。です。

暗記して覚えるというよりは、どこに解決の糸口を入手できるか調べる知識の方が大切になってくるような気がします。

 

 

 

 

Q3 社会で使えるようにするためにはどうしたらよいか

 

情報の流通は今後爆発的に増えていくので、親の経験よりも子供がちょっと勉強するだけで

数倍の知識を得て進化を遂げていくと思います。だから親が理解できないことがあったらむしろ

子供から教えてもらうことで勉強させた方がいいかもなあと私は思っています。

また、そのためには早いうちに優良な情報に触れさせてあげるのが良いと思います。

色々ありますが、1つの例としてはこちらが良いのではないでしょうか。

 

 

以上 考察レポートでした。

 

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
ちくぽか
2019-11-16 14:32:23ID:159545

データと経験に基づくさすがな分析記事ありがとうございます!
情報量や技術革新のスピードや世代間の情報格差は実感するところです。デジタルネイティブ半端ないっす。
情報の海から検索して取捨選択する能力は必須になりそうですね。

オチのリンク踏んでニヤリ😁

matsuno
2019-11-13 08:21:50ID:159079

>>ゼム🐳ゼム::さん
全部が好きでやっている人って見たことないですし。

ゼム🐳ゼム
2019-11-13 08:20:22ID:159078

・w・好きで育てる!他の教科が好きならそっちを育てる!

matsuno
2019-11-10 21:13:28ID:158621

>>ちくぽか::さん
ありがとうございます!

ちくぽか
2019-11-10 20:37:33ID:158607

イベント参加ありがとうございます!
お先に参加賞を投げさせていただきます!
後でまたきますね~

NEMber who posted this article

技術見習いの見習いアカウント
イベント創出課 なんでもイベントにしちゃいます。
理事兼務
34617
0