Wait a moment...

第一回 台単価という考えを持とう

nem3.60xem (2)
242
2
2019-11-27 22:15:06
第一回 台単価という考えを持とう

この間は挨拶だけで終わったので、実質的な連載は今日が初めてです。

 

かるい昔話をちょっと。

 

少年時代スラムダンクに憧れて、

バスケットが上手くなりたい私は、親父に「走れ」と言われました。

 

その時は「走ってもドリブルが上手くなるわけないし、ましてボールを使って練習している奴等から遅れるやないか」と思っていました。

 

親父の「走れ」という教えは、バスケットが上手くなる為に一番必要な事を教えてくれていたのに気付いたのは、バスケットを辞めてからでした。

 

 親父も「体を作る為に走れ!」という、根拠ある理由を一言添えて説明してくれれば、今頃私もNBAでプレイをしていたかもしれないです・・・(誰もツッコミがないようなので話を元に戻します)

 部下をやる気にさせるには、どうしたらいいのか?という事は、マネジメントの部分で、いつか掲載したいと思っています。

 

 

 

今回は「基礎体力をつけよう」的なお題でございます。

その一例ということで

 

売上は アウト玉数×玉単価 で、もとめる事ができます。

 

一台当たりの売上がわかります。「いわゆる台売上」ですね。

 

ちなみに 台粗利を出すためには 台売上×玉利益

           もしくは アウト玉数×利益率

 

この数字は営業を行う為には必須です。

 

 

「一台でどれだけ稼いでいるのか?」を把握する事は、店舗を営業する上でも、経営する上でも必要な目安です。

店舗視察を行った時にも、総台数をかける事で粗利の目安となります。

(予測アウトや様々な数字が必要ですが、一台これぐらい、と予想した時です)

 

 

台単価で物事を考えると、全ての面で1台当たりどれくらいの経費がかかっているのか?を考えるようになります。

 

何でもよいので、かかった経費を店舗の総台数で割ってみてください。

一台当たりいくら粗利がないと、その経費を使用できないのかがわかります。

 

パチンコ店水道光熱費は

(3,000円~4,000円)×総台数  で、収まるとされています(一般的な電力使用料で、季節変動はあります)

あっ、これ、あんまり教えちゃ駄目ですね・・・

 

財務分析や財務強化といった、小難しい事をやる前に身近なものがどれくらいなのか?を自分で調べてみると面白いものです。

自店舗の商圏エリアだけでも推測してみては如何でしょうか?

 

 

 

またユーザーの方はこれを読んでどう思われます?

 

店舗を運営する上で経費はかかるものです。ぼったくり店。あそこはイカサマ!

色んな意見があると思いますが、顧客が壊した部品代。それもこの中から補わなければならないんですよ・・・

時にはトイレにイタズラされるなど(泣)

 

つまり、顧客も店舗を大事にしてくれればそれだけ、放出できるというわけですね♪

とは、いっても現状、放出するまでにいかないのが現実ですが・・ただ、やたらと〆る事をしなくても大丈夫にはなるのでは。

 

 

今回は一台一台で考えてみよう。と、いうテーマでした。

他業界でも同じですね。売上があがるポイントを考えて、それぞれのコスト考えてみるのもいいかもしれません。

それでは今日はこの辺で

 

アイ ライク パチンコ&スロット

TMコンサルティング

 

↓こちらへもどうぞ

https://tmconsulting4.wixsite.com/tmconsulting

 

Comment
TMコンサルティング
TMコンサルティング
2019-11-28 19:48:12ID:161726

>>XEMLIKX::さん
過去の時期がわからないですが、そういった攻略法ありましたよ。電磁場とか、電流とか・・・
言いだしたらキリがないですけど、時代でルールはかわっちゃいます。
私が学生の頃は携帯電話使用禁止とかでしたよ。あれはいまだに可笑しいとおもいますが・・・

コーラとかガムとかよくありますよね。店舗にいた時は、トイレの便座の上にう〇ちを置かれた事ありました。
結構、そういう風にう〇ちするのも大変やん。なんて思った記憶が。

今は多少とめても大丈夫ですよ!

XEMLIKX
XEMLIKX
2019-11-28 05:17:45ID:161622

過去に止うちして無駄玉を飛ばさないように遊戯するとスグに店員に張り付かれて最終的につまみ出されたことが何度あった。最終的に勝手にプロ認定されて出禁。攻略すると打つところが無くなる。
イタズラで衝撃的だったのは負けてるおじちゃんが玉を入れずにコーラを流し込んでいたのはびっくりしたw

この記事を書いた人
大学卒業後、あるチェーン店へと入社。 入社数か月でスロット調整を任されるものの、 家業を立て直すため、一度業界から離れる。 約1年の間、無給で家業を手伝い、 空き時間にスロプロとして生計を立てていた。 その後、関西リージョナルチェーン店で本部勤務を経て、 あるパチンコ店の店長と複数のホールで現場と 本部の双方を見る。 パチンコ業界のあるシンクタンクに入社して以降は、 新店調査、リニューアル調査、デューデリジェンス、 営業計数分析、情報雑誌記事執筆、営業計数本出版、 接客覆面調査、など様々な視点から パチンコ店アドバイスを行う。 ​ 2016年9月 TMコンサルティングとして開業 「パチンコ店接客覆面調査」を中心に パチンコ営業アドバイザーやマーケティングを行う ​