connecting...
Google translation for articles :
5 NEMBER donated to you!!

元嫁の涙

nem12.80xem (5) 131 4 0
Radio 2019-12-04 12:59:17

昨日の夜。クローゼットに行ったままなかなか戻らない元嫁。様子を見に行くと喪服を見て泣いていた。その喪服は、僕のばあちゃんの葬儀で着たものだった。見て思い出したのだろう。

 

「ばあちゃんはね、こんな私にもいつも優しくてね、、」

 

気持ちが不安定になっているようである。

 

「そうだったね、うん。うん。そうだよね、、」

 

こういう時はじっくり話を聞くしかない。どんなに支離滅裂でも否定はしない。相槌を打ち、頃合いを見て頓服薬を飲ませて寝かしつける。

 

葬儀の時、元嫁は鬱状態で一日中寝ているような時だった。それでも葬儀に行きたいと言うので、連れて行った。激太りで着れる喪服は無かったから、グレーのセーターに黒いパンツ、黒いスニーカーで向かった。

 

会場に着くと、ソワソワし始める。

 

「みんなちゃんとした格好なのに私だけこんな服で、、」

 

なだめたり考えてたりする時間はない。

 

「よし、買いに行こう」

 

すぐに車で喪服を買いに行く。

 

「1番大きいサイズの出して下さい」

 

その中から、なるべく若々しいのを選び、試着させる。自分で選べるような精神状態では無かったから。

 

「黒いストッキングと、靴、それとあそこのフェイクパールのネックレスも一緒に下さい」

 

一式を買い、葬儀に参列。

 

その時の喪服だ。

 

そういえば、じいちゃんばあちゃんの話も以前記事にしていたな。よろしければこちらをお読みください。

 

以前に比べたらだいぶ落ち着いてきた元嫁であるが、やはり不安定になる時はある。

 

主治医からは、なるべく規則正しい生活をし、出来るだけ本人のやりたいようにさせ、でも気持ちが昂るような事や刺激を与えるような事は控えるようにと指導されている。そのため、ウチから追い出す事も躊躇してしまうし、もちろん元カノさんとアレコレなんて事は伝えられない。

 

主治医の指示だからだろうか? それだけでは無い気もしている。やはり見捨てられない僕も居るのだ。

 

元嫁が落ち着いた後、庭に出てタバコを吸う。煙と一緒に溜息を吐き出す。元嫁の前では溜息など吐いていられない。だから、タバコも増える。

 

タバコを吸うと先日元カノさんに言われた事が胸に刺さる。

 

「Radioタバコ臭いよ!私灰皿に居るみたいだよ!今すぐ止めろとは言わないけど、減らして。それか今度から床で寝させるから!」

 

オマエも吸ってるクセに!と言いかけたけど、それはやめておいた。なんとなく。

 

そしてばあちゃんの事で思い出した事がある。

じいちゃんの最後の言葉を思い出した。

 

「全て乗り越えてきたから、それで良し」

 

僕も全て乗り越え、それで良しなんて言えるようになるのかねぇ。

 

今までの経緯話①

今までの経緯話②

今までの経緯話③

 

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
Radio
2019-12-04 18:13:02ID:162696

>>ぺぺ α::さん

確かに「乗り越える」って明確なラインがなかなかありませんよね苦笑

エピソードの連続体だから乗り越えたようで乗り越えて無かったり。いつのまにか乗り越えてたのかな??みたいな感じだったり。

ホントに躁状態でヤバい時は入院させて半ば強制的に乗り越えますけど笑

幸い行政系の仕組みや手続きは少し明るいので、各種手続きも難なく僕がやれましたし苦ではありません。サポートもひとまず利用せずになんとかなるレベルなのかな?ってとこでなんとかしちゃってます。

実家は全く絶縁状態ではないので手を借りる時はお世話になってますよ。泊まりとか飯やお茶、買い物とか。

ただ、あちらの両親、医者の言ってる事をちゃんと理解してるのか不安になる時あるんですよね。。テンション上がらないようにしろって言われてるのに、「気分転換に海外旅行なんてどうかしら?」とか。それ1番アカンやつだから義母さん! 

ご心配をおかけしてますが、僕は多分大丈夫ですよ。ホントにヤバかったら、面白おかしく記事書いてられませんよ多分😅

Radio
2019-12-04 18:02:53ID:162694

>>camarade::さん

ありがとうございます。なかなかコレだ!が難しいとこであります。なんとなく日々を過ごして、なんとなくツラツラと日記を書いてみてしてます。

ま、なんとかなる! って思っておきます(^O^)

ぺぺ α
2019-12-04 16:04:51ID:162686

乗り越えたと言っても、そこを通過してる時はどんな気持ちなんでしょうかね?
過去を振り返った際に、乗り越えた、または乗り越えられなかったって、結果論で言えるのかな?と思います。
(途中、乗り越えられそうだと実感するケースもあります)

まあそんな事よりは、1人で介護するのは大変ですよね。 

僕とケースは違うけど、nemlogのみんなの支えの他に、
実弾として、僕には娘のサポート、ケアマネさんのサポートあります。
1人で介護して、負担積み重なるRadioさんの心身の状態が心配になります。
元嫁さんのご両親とは折り合いが・・・っで言ってたけど、
どうにかご両親のサポート得られる形を作れないかな?と思います。

例えば、仕事の都合で1週間不在だから、ご実家で面倒みてくれとか・・・
(僕は100%出張ないから、使えない手段ですけど・・・)

1人で抱えてる負担を少なくするには、どうすれば軽くできるか考えると良いですよ。
肉体的負担を減らせれば、精神的にも良いと思います。

camarade
2019-12-04 13:05:09ID:162676

大変な想いされてるんですね。
どうすることが1番良いんでしょうかね?

NEMber who posted this article

日常をRadioのように垂れ流し。バンドにDAWを少々嗜みます。
35735
0

Why don't you read following articles?

119.3531 XEM
534 40 0

0.95 XEM
190 1 0


2.7 XEM
142 0 0


6.15 XEM
215 14 0

1.75 XEM
322 0 1