connecting...
Google translation for articles :
9 NEMBER donated to you!!

握力高まる?『XEM価格上げ要素』をまとめた

nem11.70xem (9) 403 5 1


こんにちは、ほなねむ@honanem)です。
僕はちょいちょいNEMの悪口言ってるので、各所でディスられがちです。
たまには良いことも言おうじゃないか、こういうことです。
「普段から言えよ」と言われると、返す言葉もありません。

本記事ではSymbolリリースに向けて、XEM価格が上がりそうな要素をまとめました。
握力高まれば嬉しいです。


基本的な流れ


基本的には、スナップショットに向けて価格が上がっていくでしょう。
スナップショットの瞬間にXEMを持っていれば、Symbolを同数もらえますから、「2倍になってお得!」という思惑があります。
スナップショット日時(正確にはブロック高)は、実施の3週間前ぐらいに発表されるそうですから、そのへんからグイグイと行くイメージ。

Symbolの正式リリースは2020年2月-3月予定です。何かと遅れがちの移行委員会ですから、予定通り行っても3月の終わり頃でしょう。スナップショットからリリースまで、ほとんど日を空けないようにするみたいなので、3月頭頃にスナップショット日時発表ですかねえ。

高値はスナップショットの1週間ぐらい前でしょう。
だいたいイベント上げは、その辺で高値をつけて落ちていくパターンが多いです。
みんながみんなSymbolがほしいわけではなく、スナップショット上げを利用して利ざやを稼げればいい人もいるので、ある程度のところで大きな売りがでてきます。
必ずしもそうなるとは限らないでしょうが、買い増しは1週間前にはやめておくのが賢明かと思われます。



価格の上げ要素


XEMは価格の上げ要素が短期間にたくさん詰め込まれており(ほぼほぼ短期的な効果ではあると思いますが)、低迷期間が長いため爆発するとえらいことになるかもしれません。
個人的には、週足の雲下限8円、5月の高値12円辺りまで行ってほしいなと思います。

 

ブランディング


NEM2.0はSymbolという新しいチェーン名、新しいロゴが提案されました。
過去、リブランディングされたDASHやNEOは話題性を集め、一時的に大きな上昇がありました。
Symbolは正確にはリブランディングではなく、ブランディングなのでしょうが、同じく新しい名前、新しいロゴの登場は話題性があるはずです。まあ今のところ、価格には無風ですが!ですが!
正式決定に期待しよう…。

DASHは2015年3月25日にリブランディング


週足チャートです。地合いとして、アルト全体の時価総額を水色の折れ線で示しています。
アルト全体の時価総額は一旦下がり始めているのにも関わらず、ボリンジャーバンド+3σを越える暴騰をしており、リブランディング効果と言えるのではないかと思います。2015年は現在と同じくクリプトウィンターでしたが、この高騰により2015年始めから実に6倍以上にまで上がっています。

NEOは2017年6月22日にリブランディング

同じく週足チャートで、比較としてアルト全体の時価総額を出しています。
バブルの年ですので上がりやすい状況下でしたが、やはり全体の動きとは逆方向に、かつ暴騰状態ですので、リブランディング効果であったのだろうと思います。

 

リリースと同時に上場


少し前に書いた記事。

来るか?XEM上場ラッシュ
こんにちは、ほなねむ.nem(@honanem)です。 とうとうGMOにXEMが上場しましたね! 「どの通貨上場させたい?」のアンケート1月でしたね…長かった! コインチェックでXLMが上場したり、ビッフラでBTGが円転されて帰ってきたり、やっとそういうことができるようになってきたかー、と思いました。


Symbolは正式リリースと同時に、中~大型取引所5,6個に上場予定です。
国内でも少なくとも1社と現在協議中の模様。残り2社どーした?まあ順次行くのかな。

これに限らずですが、全体的に移行委員会からは「最初からスタートダッシュを決めよう」という気持ちが伝わってきます。
今後、特に「国内上場決定アナウンス」はXEMの価格に強くに作用すると思います。
まあ早くて2月ぐらいだろうか?全裸待機で待ちたいです。寒いので出来れば早くお願いします…。



実質2年ぶりの国内ICO


ICOは特定の団体や企業がトークンを発行して、投資家に売り、資金調達することです。
ですが、個人投資家的にとってICOとは、「上場前に他の人より先に有望なトークンを入手できる」ことだと思うのです。
そういう意味で、XEMを持っていれば上場前にSymbolを入手できる、これは「実質ICO」ではなかろうか…ということです。
しかも国内でICOに参加できるのはなんと2年ぶり。これは想像以上に破壊力があると思うのですが、相場は今のところこれに気づいている様子もないですね。「いつだって相場が正しい」のですが、正直これに関しては相場のほうがアホだと思っています。
しかも通常のICOと違って、自分のXEMはそっくりそのまま残るわけで、通常のICOよりリスクは低いと言えます。

「それだったらむしろハードフォークと近いんじゃないか」、確かに。
まあ、あれですね。盛りました。
しかし、インパクトは凄いと思っています。これはガチです。

 

 

高ステーク利率


Symbolのハーベストは、SNで年利6%、委任ハーベスターで3%程度が見込まれており、かなり高いステーク利率となっています。
ETH2.0がPoSになることもあり、2020年はステークが注目されると予想しています。高いステーク利率は、個人投資家を引きつけるはずです。
また、初年度にノード運営ボーナスなどが用意されており、ここからもスタートダッシュの意思が感じられます。

 

 

Symbolリリース後のXEM価格はどうなる?


個人的にスナップショット後、XEMは投げ売りされ、その後もパッとしない価格のままになると考えています。
すぐに「XEMが消える」ということはないとは思います(5年10年後自然消滅してる可能性はありますが)
Twitterなどで、そうなることへの反発意見もお見かけしました。
確かにSymbolとXEM、両方HODLして両方上がっていってくれるのが、NEMberとしては一番お得です。
ですが、XEMの今後の優位性ってなんなんでしょう?

素晴らしいチェーンであることは間違いないんですが、他のチェーンとの競争に勝っていけるのかどうか。「開発しやすい」はメリットですが、そういうものは他にもありますし…。
最近ではみん電さんや、どこぞのギャンブルプラットフォームがちょっとモザイク送金しただけで、トランザクションパンパンです。
そのおかげで最近ハーベストの実入りが良くて嬉しいですが…もうNIS1では限界なのではないかと思ってしまうのです。
コアデブや財団はNIS1も残したいので、今後機能がアップデートされることもあると思いますが、現時点で不確定すぎてそれに”張る"のは勇気がいります。
なにか予定があるなら、スナップショット前に発表してくれるといいんですけどね。

投資において、最も大事なことは「自分が投資した根拠」であると考えています。その根拠が崩れたら、即売るべきです。逆にそれが崩れていないのなら、HODLしていても良いでしょう。
僕がXEMを買って、ずーっとHODLしていたのはCatapultに期待していたからです。Catapultは本当に素晴らしいものであると確信していたからです。
その時は「NEM1.0がそのままバージョンアップしてNEM2.0になる」ような感じで思っていたので、「XEMをHODL」だったのですが、僕の求めていたCatapultの機能が載ったものは「Symbol」という全く別の新しいチェーンとして誕生するため、今後はそちらをHODLすることになります。
XEMをHODLする根拠はなくなってしまいました。

スナップショット直後、0.1円以上で売れるなら、喜んで叩き売ります。そのお金でSymbol買い増しします。そのほうが期待値が高いと考えているからです。
0.01円とかだったらまあ…流石にそれはもう放置するかな…。

みなさんは何故XEMを買いましたか?一度その根拠を見つめ直すと良いかもしれません。
根拠は人それぞれです。しっかりとした根拠があるのなら、XEMを持ち続ければ良いのです。
むしろSymbolよりXEMのほうに期待してる人もいるかもしれません。

ちなみに来年XEMを売ったら損切り状態になる人が多いと思いますが、年末にその損と相殺するようにSymbolを利確してすぐ買い直せば、Symbolの平均取得単価を上げられますね。来年以降の利確に少し有利に。


結局またXEMの悪口言うてるやないかーい!(´・ω・)っ バシーン

 

 

 

足元のXEMの動き




毎度ポロニで申し訳ない。線をZaifで引き直すのが面倒なんだ…。
現在XEMは下降ウェッジの中にいるかな?と考えています。
下降トレンドは継続しており、オシレーターも弱く、現在は買える根拠が見つかりません。
シンプルに、「下降ウェッジの上辺である下降トレンドラインを明確に突破したら買い」でいいのかなって思っています。
というか最低条件ですか…。その時の出来高とかオシレーターも一応チェックしてという感じで…。

ただ、XEMはレジスタンス(抵抗線)を突破しても、それをサポート(支持線)に変えるのに失敗することが多いです。要するに、せっかく下降ウェッジを突破しても、1日2日後にはまた下降ウェッジの中に戻ってきちゃうってことですね。レジサポ転換失敗ってやつですわな…。
レジスタンス突破で半分買い、サポート確認で半分買いとか、ざっくりそんな感じでいいかぁって考えています。

現在ビットコインはbitfinexで異常なほどのロングが積まれており、そいつら全員ほぼ含み損っぽいので、暴落の引き金になる危険性はあるわ、上値は重いわでえらいこっちゃです。
年末は薄商いですから、投機筋が暴落を簡単に引き起こせる状況にあります。
年内はなかなかつらいかもしれません。とにかく待ちたいと思います。

 

 

 

ではまた次回!nemjoy today!٩( 'ω' )و.

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
ほなねむ
2019-12-30 09:41:55ID:166508

>>サバトラ::さん
それであってると思います。
ただ、正確なことは税理士さんとか、税務署でチェックですかねー。

サバトラ
2019-12-29 17:24:29ID:166448

長期でNEM買ったので、売るのはもっと先にします。
Symbol売却時、NEMも同年度に売却すれば良いかな
くらいの考えです。(笑)

期間が発表されたら、期間内に手続きのイメージだけど
Symbolは取得価格は、期間内のどの時点でもらっても0円で、売却後に課税対象の認識で合ってるかな?

ほなねむ
2019-12-29 14:15:06ID:166428

>>YUTO::さん>>amarin123::さん
果たして正しいかどうかは…(´・ω・`)

amarin123
2019-12-27 15:19:52ID:166178

ありがとうございます。トレード下手な僕に有力なアドバイスでした。利確、納税を今度は成功させたいと思います。そして残金でまた仮想通貨に賭けたいと思っています。

YUTO
2019-12-27 13:30:36ID:166171

NEMよりもsymbolの方が高機能だし、NEMじゃないといけない理由が見当たらないし、XEMはもう役割が終わりつつあるのかなと思うぇ〜い!!

NEMber who posted this article

2017年2月からNEMberやってます。

・ゲーマー
・11歳のキジトラの奴隷

シンボルが世界を変える!
今日も一日しんぼるぞい!(๑•̀ㅂ•́)و✧
36808
0