Wait a moment...

nemgoとLambdaでXEM残高を取得するAPIを作成する をもくもくする(2018-12-12)

37331
YUTO
nem0.85xem (1)
330
0
2020-01-12 12:04:33
nemgoとLambdaでXEM残高を取得するAPIを作成する をもくもくする(2018-12-12)

2018年のアドベントカレンダーをもくもくし、NEMについて学ぶと同時にカタパルトに関して予習をしていきます。
今回は、Matsushinさんの
nemgoとLambdaでXEM残高を取得するAPIを作成する
をもくもくします。

 

 

要約

この記事はnemgoAWS LambdaAmazon API Gatewayを連携させてXEM残高を取得するAPIを作成します。

 nemGo:Go言語で作られたNem blockchainを操作するためのライブラリです。
 AWS Lambda:AWSに関するイベントによって処理を実行する環境です。
 Amazon API GatewayAPIの管理に必要な管理、運用などをお客様側での実施が必要なく、AWS側で提供してくれるサービスです。


今回はAmazon API Gatewayと連携してAPIを作成しています。

その実装手順は以下のようになっています。
 (1) AWS Lambda GOをインストールする
 (2) プロジェクトの雛形を作成する
 (3) ビルドしてAPIの動作を確認する
 (4) nemGoをインストールする
 (5) コードを実装する
 (6) 再度ビルドしてAPIの動作を確認する
 (7) デプロイ(開発した機能やサービスを利用できる状態にする作業)する

こうして、nemgoとLambdaでXEM残高を取得するAPIを作成できます。

 

 

コメント

 Go言語を使って実装する理由はよくわかりませんが、Go言語が得意な人が使う人には貴重な記事なのかなと感じました。
 また、Go言語を調べてみると、使っている企業(メルカリやクックパッドなど)がある事から、そのような企業と取引するにあたって、この言語で開発してくれと頼まれた時に役に立つのかなと思っています。
 JaveScryptやPython、C言語で学んだプログラミングの基礎にしてGo言語にもちょっと触れてみようかなと考えた方がいいのかもしれません・・・

この記事を書いた人
NEMのユートピアを目指してるYUTOです!! nemlogでは、イベント情報のまとめ記事や、記事の感想記事を中心に書いています。 nemlogがユートピアになるように、着々と計画中です!! また、NEM HUBもしています。 https://community.nem.io/signup/jxWxyOo3ff/