connecting...
Google translation for articles :
2 NEMBER donated to you!!

モンハンジオラマ作り 砂漠のオアシスとナナテスカトリ編

nem5.50xem (2) 87 0 0

いつも投げnemや、コメントをありがとうございます。あとり りゅんたろーです。

 

12/29に秋葉原工作室の瀬川さん(Twitter:@SGWMDL)のジオラマ教室に参加してきました

今回作ったジオラマは砂地。ナナ・テスカトリと合わせて作りました。

 

普段より工程ごとに撮影することができました。

材料から紹介していきたいと思います。

 

・セリア 木枠

・粘土

・ボンド水

・カラーパウダー(こげ茶・白)

・スタイロフォーム

 

 

スタイロフォームを木箱ぐらいの大きさに切り、はめ込みます。

この際ぎりぎりだと作業をする際取り出せなくなってしまうので、

ある程度余裕を持たせると良いです。

 

手袋をして、スタイロフォームに粘土を付けます。

この時、若干盛り上げたり、荒らしたりすると砂を盛った後もそれっぽくなります。

湖として残しておきたい部分には粘土は付けません。

 

粘土を盛れたら、コルクの木を配置します。

いい感じに岩っぽくて味がありますね。

 

ボンド水とこげ茶のパウダーを紙コップ内に出し、混ぜ合わせます。

どろっとした感触になったら、粘土の上にならしていきます。

一面に配置できましたら、乾く前に白のパウダーをまきます。

この白のパウダーがハイライトとなって、乾いた後にいい感じに見えます。

 

湖のところへ大波小波を置きました。こちらは5mm以上盛るとにごりやすくなるそうです。

ヘラを使って、角をつくるようにするとそのまま形作られます。

 

植物をちぎって、配置します。

配置したいところへ竹串で穴をあけると設置しやすくなります。

 

 

おおよそジオラマが整ったのでナナを置いてみました!

脚の支柱を切って、手足にパウダーをまぶしました。

水を飲んだ後のナナ、ということで口元にも大波小波をつけたのですが、あまり目立っていません。

 

こちらからもぐるりと。

ジオラマ教室内ではここまで完成しました。

なかなかいい雰囲気。

 

ジオラマ教室後、秋葉原工作室の席を借りてちょっと手を加えました。

手前の植物を増やし、ターフをところどころにまきました。

バランスを左右でとりたかったのですが、今見てみるとちょっと生やしすぎたかも?

持ち込んだ枯れ草色の人工芝生パウダーも向かって右側に追加しました。

 

アフターのお店で撮りました。

電気の色が違うと、ジオラマの雰囲気も変わって見えます。

ジオラマはこちらで完成です。ありがとうございました。

 

 

おまけ

アフターの最後のデザートとフワフワクイナ。

こちらは環境生物のガチャガチャのものです。

フワフワクイナは置きやすくてちょっと撮るときにちょうどいいです。

 

ぼやけてる。

 

次に何を作るかは検討中です。

ラギアクルスの水中ステージや、ウルクススと雪のステージは作りかけてはいるのですが。

前に苔リウムとあわせて、リオレイア・ナルガクルガのいる森を作ったので、

そちらを紹介するかもしれません。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register

NEMber who posted this article

はじめまして、こちらの仕様はまだまだ分かっていない状態ですが、いろいろ上げていきたいと思います。

普段は、透明水彩などでお絵描き、グッズ中心サークルでイベント参加しています。
ロリータ服を個人輸入したりも。
最近は、ポケモン剣盾とモンハンジオラマづくりにはまっています。
ジオラマの写真はツイッターにも上げていますが、過程を残していくのはこちらの方が適していると思うので、使っていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

2019.12~
37417
0

Why don't you read following articles?