Wait a moment...

私がNEMに投資した理由:ハーベストで自動的にお金がもらえるから!!

37514
YUTO
nem43.06xem (7)
478
2
2020-01-11 14:36:53
私がNEMに投資した理由:ハーベストで自動的にお金がもらえるから!!

 

私がNEMに投資した一番の理由は、NEMそのものに面白さを感じたことです。特にハーベストで自動的にお金がもらえることが一番にあります。(何せ、楽して稼ぎたいから・・・)
そう感じた理由と経緯をこれから説明します。

まず、NEMについて知ったのは2018年のコインチェックからの大量流出事件からでした。その頃、NEMがあるなんて知りませんでした。ニュースを見て知りました!!
 その時に持っていた仮想通貨は、ビットコインとモナコインであり、「NEM、何それ?」と思っていました。

 それ以前にまず、仮想通貨を持つキッカケを説明します。
 一番最初に買ったのはビットコインからです。
 アンケートサイトであるリサーチパネルで貯めたポイントをPeXへ移動し、そこで現金と交換しますが、そこに「ビットコインと交換する」という項目があり、そこからビットコインに興味を持ちました。

 

そこで、ビットフライヤーに登録し、ポイントをビットコインと交換して、仮想通貨を初めて保有しました。

それは2017年11月での出来事であり、バブルであるとは認識していませんでした。

 

ビットフライヤーに上場している銘柄を見て、そこからイーサリアム、ライトコイン、モナコイン等を知りました。

その中で、モナコインが何か別な雰囲気を感じ、調べてみると、面白そうでしたので、モナコインを買いました。これがコインチェック 流出事件の頃でした。


 その頃、「NEM、何それ?」という感じであり、NEM自体には興味はありませんでした。ビットコインとモナコインで十分かなと思っていました。また、それと同時にビットコインを中心として仮想通貨全体について調べていき、ビッグストーンさんの本を読んだりしたものです。

 

 2018年3月頃、NEMの価値が滑り台から転げ落ちるように下がってきているのを見て、コインチェックで流出したアレは一体何だろうかというのを調べようと思いました。

ただ調べるだけでなく、保有してみてわかる事もあるだろうと思って、Zaifに新規登録し、XEMを少々買いました。

 

調べていくうちに、ハーベストという機能がNEMには備わっていて1万XEM以上もっておけば自動的にXEMがもらえると言う事に感銘をうけました。何もせずにお金がもらえるのは羨ましいです。
 でも、自分がXEMに投資し始めた頃は、1XEM=40円の頃であり、ハーベストを開始するには40万円必要なので、ハードルがかなり高く、ビットコインやモナコインのように本格投資しようとは思いませんでした。


 個人的に本格的に投資をしようと思ったのは、nemlogをし始めた頃です。nemlogを初めて知ったのは2018年10月での出来事です。ブログでお金を稼いでみようとアフィリエイトに挑戦してみたりした頃ですが、収入がないので、やり方を考え直そうとネット検索をかけてみたら、nemlogが出てきて、そこから登録をし始めました

「nemlog」の画像検索結果

 

 自分の記事に初めて投げnemしてくれたのはトレストさんであり、そこからトレストさんの事を知るようになりました。以下の記事が初めて投げられた記事になります。

その頃、この本を書店で立ち読みすると、トレストさんについて書かれていましたので、一体どんな人なのかと思いました。

「ポイン ニート」の画像検索結果

 

 自分がnemlogをし始めた当初は、ゼムゼムさんとsasukeさんがnemlogをリードをしている時でした。
 またあきかさんの読書感想イベントが印象的に残っています。(まだその頃はmatsunoさんはいません・・・)


 nemlogがとある理由で休止し、それが明けた後にえっさんを知りました。その頃、目指せ北海道さんがNEM Technical Referenceの和訳とそのコメントを書き始めています!!

 同時に歴ヲタ記事がたくさん出ていた時でしたので、それに関連してタヌ神さんを知るようになりました。以下の記事が初めて知るようになった記事です。(タヌ神さんは始め、NEMについて詳しい人ではなく、日本史について詳しい人という認識でした)

 
その頃は「1XEM=10円」と安くなったものの、まだハーベストへのハードルは以前として高く、こんな記事を出しました。

 

 

 12月頃には「私のNEMの夢」というイベントをキッカケにmatsunoさんを知り、またキノガッサが好きな人が登場し「何でキノガッサ?」と思ったものです。キノガッサを英語ではBreloomであり、rとlを入れ替えるとBleroomとなります。「キノガッサ フリー画像」の画像検索結果

 

 1月になって、nemlog基金構想についての話出た時にoratamahさんを知るようになったり、ネムログサイエンス同好会が発足した時に、その記事へ多額の投げnemをした人をみてmikunさんを知るようになりました。

 

 そんな中で、nemlog記事を読み書きして投げnemしたり、イベントに積極的に主催・参加していく中でNEMの面白さを実感するようになりました。

 

 そうしていく内にXEMが少しずつたまり、またXEMの価格もかなり安くなりましたので、ハーベストへのハードルも低くなり、またモザイクを含むNEMを持つ面白さもまた感じ、買い増しを実行しました。

 NEMの面白さを感じていると、モナコインについての情報もnemlog入るようになり、そこからモナコインの面白さもわかってきたので、個人的にはNEMへの投資は暗号通貨の面白さを知る原点とも言えます。

 こうして、XEMを買い増したり、nemlogに積極的に参加した結果、XEMが少しずつ溜まっていき、2018年7月にハーベストを開始するようになりました。今では金融商品としてみるだけでなく、技術としてもみるようになりました。

 

NEMは面白いし、これからも保有を継続していきたいですし、SYMBOLのリリースが待ち遠しです!! 

 

 

この記事は以下のイベントの参加記事です

 

Comment
YUTO
YUTO
2020-01-11 18:58:58ID:168883

>>ほなねむ::さん
PoIは残念ながら多くのXEMを持っている人ほど有利である側面が非常に強いのですが、PoS+では少しでも改善され、さらに注目を浴びるのを期待したいところです。

ほなねむ
ほなねむ
2020-01-11 18:19:34ID:168872

PoS系のインカムゲインは今年注目を浴びそうだなあと感じています。
nemlogの歴史も入ってステェエエエエキ!
参加ありがとうございます!参加賞20XEMお送りしました。

この記事を書いた人
NEMのユートピアを目指してるYUTOです!! nemlogでは、イベント情報のまとめ記事や、記事の感想記事を中心に書いています。 nemlogがユートピアになるように、着々と計画中です!! また、NEM HUBもしています。 https://community.nem.io/signup/jxWxyOo3ff/