connecting...
Google translation for articles :
10 NEMBER donated to you!!

私がNEMに投資した理由

nem44.60xem (10) 688 9 1

 

どうも、サラダです。

久しぶりにnemlog書かせていただきます。

 

今回は、ほなねむさんの企画 [イベント企画] NEM(XEM)に投資した理由を語ってください に参加させていただきます。

 

 

 

さて、まず始めにNEMに興味を持ったきっかけの話を。

 

初めて、仮想通貨・ブロックチェーンを知ったのは、おそらく2015年の夏頃だったと思います。

当時大学生だった私は、「世の中のお金儲けを全部試してみたい!」と意気込んで、パチンコやアフィリエイト、Fxなどありとあらゆるものを体験していました。

 

あ、そうそうホストでバイトしたこともありましたw

 

 

ビットコインを知る

 

で、そんな中でビットコインを知りました。

当時のビットコインは、MtGox事件の後で4~5万/1BTCだった記憶があります(間違ってたらすいませんw)

 

第一印象は、「怪しいやつ」でした。ただ、なかなか大事になってる「怪しいやつ」だなと思ってました。

で、調べている中で、どうやらサトシナカモトとかいう人が作ったらしいとの話を見つけ、かの有名なビットコインのホワイトペーパーを読みました。

茫然と「なんか凄いやん!」と感じたのを覚えています。

 

ちなみに、当時大学生ということもあり、「1ビットコイン5万円とか高くて買えねぇよ!」とビットコインを買うことはありませんでした。

 

 

プログラミングを学び、ブロックチェーンと再会

 

そこから、少し時が流れ、2017年ごろ改めてブロックチェーンに触れる機会がありました

プログラミングに入門して、あの頃感動したブロックチェーンで遊べることに気づいたのです。

 

始めに触れたのは、イーサリアムでした。

 

...特殊な言語が必要(solidity)

 

...バグのないコードを書かなきゃいけない(オンチェーンのコントラクト)

 

...うん、私にはまだ早い

 

と、あっさりと挫折してしまった頃にNEMと出会いました。

 

 

NEMとの出会い

 

何やら標準実装されているAPIを叩くだけで殆どのことができちゃう。すごい。

 

当時、何者でもなかった私が、分からないことを質問するとすぐに返事が帰ってくる暖かいコミュニティ。すごい。

(slack移行前のmijinの掲示板みたいなとこで質問書いた記憶があります。)

 

私は、こう考えました。

「イーサリアムは人類には早過ぎた。NEMの方が将来的に使われるだろう。」

 

そこから、NEMの沼に嵌っていく私でした。

 

2018年の夏頃にTwitterで「食べるサラダ」を名乗り始め、その冬に「NEMもくもく会」に参加、さらにねむぐまさんの熊呑みにも参加させていただき、

NEMの技術とか価格よりも、純粋に暖かいコミュニティを楽しむようになりました。

 

みなさま、いつもありがとうございますw

 

 

2020年のNEM活

 

さて、Symbolのローンチが予定される今年は、NEMからよりいっそう目が離せない年になると確信しています。

 

個人的にも、お仕事で、mijin v2(catapult)を使ったプロダクトの開発を行っており、プライベートでも今年は何か作り上げようと考えています。

 

 

まとめ

 

後半話がそれちゃいましたが、私がNEMに投資した理由は、

・開発が簡単だから

・コミュニティが暖かい

この二つにつきます。

 

ここ一年は、NEMの価格を全く意識しないで過ごしてきましたが、

今年はSymbolローンチが予定されていることもありますので、最近少し買い増しをはじめましたw

 

Symbolローンチでどう変わるのか分かりませんが、

この暖かいコミュニティがある限りは、NEMから撤退することはないかなと考えています。

 

 

最後に

 

2020/1/19(sun)「NEM SEMINAR 2020 - Load to SYMBOL -

実際にNEMを活用したサービスを提供されている超豪華登壇者の皆さまから、

「なぜNEMを選んだのか?」「Symbolローンチ後は?」といった話を直接聴ける貴重な機会です!

 

みなさまのご参加をお待ちしております。

 

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
案山子の優午
2020-01-17 15:28:02ID:169660

>>食べるサラダ::さん
はい、ありがとうございます。皆様がたの記事を楽しみにしています。

食べるサラダ
2020-01-17 14:45:03ID:169657

>>案山子の優午::さん
増席分は、朝の8時に出して11時には終わっちゃったみたいです。。。
公式ハッシュタグ等決めておりますので、参加された方の実況やnemlog記事をお待ちくださいm(_ _)m

案山子の優午
2020-01-15 23:15:30ID:169487

本日追加の報告が、Twitterに上がっていたので
あわてて申し込みしようとしましたが、
すでに、Fullでした。
気付いたのが遅かったです。
講演に行ける方が、羨ましいです。グスン。

食べるサラダ
2020-01-14 07:57:30ID:169305

>>ツイベガ君::さん
次回のもくもく会でLTやりましょうかw

ツイベガ君
2020-01-13 00:14:19ID:169131

「あ、そうそうホストでバイトしたこともありましたw」←詳しく伺いたいです!

食べるサラダ
2020-01-12 19:14:32ID:169031

>>TAKA🔥NEM::さん
思いつき次第、nemlogにも展開しますね。

>>ほなねむ::さん
参加賞ありがとうございます!こういうイベント面白いですね。ほかの方々のきっかけ聞くの興味深いです。

>>案山子の優午::さん
ありがとうございます。
こちら、座席に限りがあるため、申込サイトから事前申込が必要です。
申込サイト:https://nem-seminar-2020.peatix.com/
といったものの、大好評につき、すでに定員の50人が埋まってしまいました。。。
現在、増席を検討しています。増席については、https://twitter.com/nem_seminar からアナウンスがあります!

案山子の優午
2020-01-12 10:18:48ID:168954

プログラム技術のある方々、尊敬します。

2020/1/19(sun)「NEM SEMINAR 2020 - Load to SYMBOL - 」というものは、
当日、突然訪れても大丈夫なものなのでしょうか?
これまで、こういうイベントには参加したことがないのですが、
年を明けたので、これまでとは違うことも初めてみたいと思い、こういうイベントにも
可能であれば、訪問して、現場の熱量を感じたいと思いました。

ほなねむ
2020-01-11 18:24:28ID:168873

開発畑の方のご意見、参考になるぅ!
開発のしやすさ、コミュニティ。強みですね。

みなさんがSymbolでなにをするのか、ワクワク。
愚民の私は見てることしかできませんが、応援しています。

参加ありがとうございます!参加賞20XEMお送りしました。

TAKA🔥NEM
2020-01-11 17:49:22ID:168867

なにか作る構想が浮かんだらぜひ記事に!!

NEMber who posted this article

EthereumよりNEMに期待している若造ブロックチェーンエンジニアです。

開発では、NEM/mijin、Ethereumを中心に触っています。

最近は、Hashgraph、EOSに興味があります。
37549
0

Why don't you read following articles?