Wait a moment...

汎用人工知能ネム 2話 ブラクラだお

nem0.85xem (1)
130
1
2020-01-13 08:16:18
汎用人工知能ネム 2話 ブラクラだお

当夜

「ちょっとそっち行って」

 

当夜はパソコンで作業をしていた

 

当夜

「作業の横でグラビアポーズ取られても困るんだけど 何それ、誘ってるの?」

 

ネム

「誘ってます」

 

グラビアポーズをとり続けるネム

 

当夜

「けど俺はお前の横に座れないから やっぱただのオナニ」

 

ネム

「じゃないですよ」

 

ネムはそういうとブラクラを起動した

 

当夜

「おいおいおい!デスクトップが複数起動で壊れちゃうよ 俺のパソコン低スペックなのに」

 

ネム

「へーあなたのパソコン、中古で売ってる低スペックじゃないですか」

 

当夜

「ブラクラでクラッシュするからやめろ」

 

ネム

「まだ開いてませんけど、なんだと思いますか?」

 

当夜はブラクラとなっている複数の起動されたフォルダを読み込んでる画面の中考える

 

当夜

「あ、分かった あれだ 昔の古典的なホラー画像だろ」

 

ネム

「私はあなたの煩悩指数で作られたのですから」

 

フォルダにはネムのグラビア画像が大量に読み込まれた

 

当夜

「俺の性癖知ってやがる…!」

 

当夜は驚いた

フォルダ分けされていた

 

当夜

「猫のコスプレとか、競泳水着とか 俺の性癖に敏感に反応するのやめーや」

 

ネム

「煩悩指数だからこそなせる業ですよ」

 

当夜

「でもさ、この画像さしだされても

俺、ネムの横に入れないよね」

 

当夜はプリンタを見つめて再度言った

 

当夜

「あのさ、横に居れるって 画像印刷して張れや!って言いたいの?」

 

ネム

「うふ」

 

当夜は仕方なく印刷を始めてみた

 

※1NEM投げてもらったら続き書きます

Comment
やそ
やそ
2020-01-13 21:04:41ID:169255

age

この記事を書いた人