Wait a moment...

matsunoがかんがえたさいきょーのざいだん

nem11.65xem (5)
467
4
2020-01-26 11:27:52
matsunoがかんがえたさいきょーのざいだん

おはようございます!

こちらは

のイベント参加記事です。

 

 

 

私の考えるさいきょーの財団は

楽天のようなプラットフォームをNEMウォレットに閉じ込め

全国に展開する組織です。

 

 

 

なにそれ?

 

 

 

 

 

まずはじめに。どこを押さえればさいきょーか?

公式ネムウォレットにウォレットアドレスと切り分けた個人情報(住所、氏名、電話番号)

アプリ端末単位でモザイクもしくはNEM送信時にワンタッチで添付できる機能が付けばさいきょーだと思います。

 

この機能がつくと、メルカリや楽天、ヤフーといったネット上にある売買プラットフォームを通すことなく、

個人商店、個人、中小企業、地方に中間を通すことなくワンオペレーションで売買することが可能だからです。

 

また、貨幣価値と紐図けられていないモザイクのみの流通はもっと面白くて、

民法(明治29年法律第89号)
 第586条第1項

  交換は、当事者が互いに金銭の所有権以外の財産権を移転することを約することによって、その効力を生ずる。

という法律があるだけです。

モザイクは貨幣価値から切り離すことで、物として扱うことができる可能性が高いのです。

 

モザイクとの物々交換は課税対象になるの?

結論から言うと譲渡所得税(100万以上)となるようです。

ただし、家具、通勤用自動車、衣服などの生活に通常必要な品物(動産)の譲渡については課税されない。

また、貴金属、書画、骨とうは、1個または1組の価額が30万円を超えるものが課税対象になる。

参照URL

つまり、日常生活の物品やり取りに関して物々交換はさいきょーである。

また、生産者から直接交換出来れば、利益に値する物品が生産者に直接渡せるのでお金でやり取りする際に

発生する税金もかからないし、余分な利益ものせる必要がないのでさいきょーである。

 

生産しげんがない人も物々交換できる?

 

モザイクで肩たたき券を発行すれば、さいきょーである。

モザイクの渡し逃げが発生するので、相互の信頼関係は個々取引で担保する必要はあるけど。

 

 

 

それを踏まえて。さいきょーの財団の動き

※このストーリーはフィクションです。実在の団体・人物・全ての事象と異なります。

 

202X年XX月XX日未明

ふく〇ま県に財団が現れ、モザイク独立試験都市として県から発令がでる。

 

突然の事態に混乱する人々。ある者はその場に座り込み、ある者は県に押しかけ抗議し、

ある者は理解が追い付けず踊り始める。天に向って拝み始める者もいる。財団の目的は一体何だろうか。

 

 

発令1ヶ月目

 

モザイクという物を利用し、物々交換が推奨される。

始めは反発していた住民はあることに気づき始める。それは、物の価値というのは人によって様々だという事である。

ある人はスマホのアドレス設定に文庫本1冊の価値があった。ある農家にはコメ5kgの価値があった。

ある人には全く価値が無かった。

つまり、自分の無理のないスキル資源が、まったくもっていない人にとって貨幣価値よりも高価な価値をもつことを知ることになる。

 

 

発令6ヶ月目

異常な事態に世界から注目される。

多くのマスコミは、可哀そうな市民、奴隷化されたと悲劇を報じる。

しかし、全国から異常事態の中で普通に暮らしている市民に興味が集まり

上手く切り盛りしている人の話を聞きに行ったり、観光資源を目当てに実際に体験してみたいという

体験ツアーが好評を得る。地元の旅行会社にお金が集まる。

また、物々交換するモザイクは、貨幣価値と切り離している為、人によっては価値と乖離した価格を

売りつける人も出始め社会問題にもなり始める。

 

発令15ヶ月目

異常な事態に世界から注目を受けているが、次第に奇異の目から

逆に新しい経済として成り立つのではないかという説を唱える経済学者が現れる。

それに伴って、識者が多く訪れるようになる。

一方、物々交換は税金がかからないが、薄利多売を多くする大手企業にとっては

日本円の回収が進まず、撤退する所が現れ住民は貨幣価値派閥と物々交換派閥ができ

争いを始める。

 

 

発令24ヶ月目

始めは協力的だったふく〇ま県だが政府から税回収が進まないことを理由に、

次第に圧力が厳しくなり、財団のプロジェクトに白紙撤回を求めるようになる。

 

それを聞いた県民は

「なにをやっているんだ!」「所得が少ない人を助けようとしたのではないか?」

「貨幣価値を取り入れたら本当に欲しい人に欲しい物が届かなくなる!」

「マジメに生きろ!」

といった抗議が寄せられるようになる。

 

その時、県内のnemberが立ち上がった。

「毎年1NEMあげるので許していただけますか?」

(※1NEM=100京円)

(6、わんこインさん価格予想参照 https://nemlog.nem.social/blog/37394

 

県内で生活している人びとは物々交換に慣れすぎて気づいていなかったのだが、

世界は貨幣経済の転換によりインフレーションが起きておりすでにNEMやビットコインを

始めとしたデジタル通貨と呼ばれるものに貨幣価値が置換されている状態なのであった。

 

あまり、県内では貨幣価値を意識している人がいなかったので、NEMの価格がそこまで上がって

いたことを知らなかったのである。

果たして、貨幣価値というのは幻想だったのか、それとも現実だったのか。

答えは未だ見つからない。

 

 

ー完ー

 

 

 

 

と、妄想を楽しんだところで

りあるさいきょーの財団にたいして要望

 

1.

公式ネムウォレットにウォレットアドレスと切り分けた個人情報(住所、氏名、電話番号)

アプリ端末単位でモザイクもしくはNEM送信時にワンタッチで添付できる機能が付けばさいきょー

 

こちらは、本日楽天からワークマンが撤退という記事を受けて思いついた内容ですが

参照 https://news.yahoo.co.jp/pickup/6349210

経済の2極化が進むと、消費しない人は消費しなくなりますので、消費する人のパイの奪い合いになります。

それを、大手さんはコストをどこかに上乗せするからです。

それが、送料無料を強要したり、筋肉の負担を軽くするために仕方がなかったんですと言いながら

容量を減らす不誠実な(笑える)対策を取ります。

大手の強みに一つに、大規模な販路があります。それが生産者が手軽にできてしまうといままでの型は崩壊するでしょう。

 

2.

NEM開発者に向けたサーバーを無償提供すればさいきょー

 

NEM開発者は現状そんなに多くないのではないでしょうか。世界中のNEM開発者の情報を交換し合うプラットフォームを作っていただき

ある一定の条件を満たしたベンチャー、ベンチャー候補に運営サーバーを期間限定で無償提供する。

有償になるタイミングは、サーバー使用期限を一定期間過ぎた場合、ある安定した一定の収益を得る目途が立った個人、又は組織という事にすると

そのままNEMベンチャーからのサポートに移行する等々、情報が一箇所に集まってくる場所を作っておくと、わざわざ広報を広げなくても

有益な物が生まれてくるのではないかと思います。

 

3.

実験モデル地域を世界のどこかに作り、小さく実験してもらい、リアルタイムで世界に開示する働きがあればさいきょー

 

地域にも恩恵がありますし、宣伝にもなりますし、NEM自体にも良い影響をあたえ、価格も上昇していくと思います。

また広報活動の場所として、先駆者サービスであるnemlogを使ってほしいと思っています。

あと、先行利益受益者としてnemlogやnemgraphのサーバー代だしてほしい。夢があった方が人は集まります!

 

以上

妄想を踏まえたmatsunoがかんがえたさいきょーのざいだん

でした!

 

 

最後までお読みいただきまして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comment
matsuno@プログラミング初学者
matsuno@プログラミング初学者
2020-01-29 00:20:03ID:171248

>>guppy2416::さん
ありがとうございます!
是非イベントにも参加してくださいね!
財団の窓口担当がnemlogメンバー(mikunさん)にもいますので、伝わる可能性も極々わずかですがありますよ!

guppy2416
guppy2416
2020-01-29 00:06:28ID:171245

財団構想・・マジで凄く良いです。
ネムを介して、巨大なマーケットと一線を画した
商店街のイメージで、
ご当地ものの新鮮な物々交換など出来たら嬉しいでーす。

わんこイン.symbol
わんこイン.symbol
2020-01-26 17:39:51ID:170928

僕の考えたあり得ない価格予想がこんなところで出るなんて!!












とっても
( ゚Д゚)ビックリ

この記事を書いた人
ねむちゃん投げるよ!