connecting...
Google translation for articles :
1 NEMBER donated to you!!

遺産相続?

nem0.85xem (1) 157 5 0

昨年末、祖母が亡くなってお決まりの軽い相続問題が発生しているキルケです(笑)

 

葬式の時に、インフルになったり、最近話題な新型コロナとか見ているおかげで、

死が、さらに身近になった気がします

(精神年齢はガキのままですが、年齢的には中年ですしw)

 

遺言書とかも気になってますが、自分の金融資産って、

全部オンライン上で完結しているので、

突然自分が亡くなったら残された人が大変だなーと。

 

交通事故とか夫婦一緒に亡くなったら更に・・・

 

銀行は、キャッシュカードがあるから、財布が残っていればなんとか探れるとして、

オンライン証券は、まぁなんとか?

仮想通貨・・・

 

ん?仮想通貨が、一番やばそう(笑)

身内は、全然知識なさそうだし、絶対気づかんwww

ウォレットとかもう未知の世界だろうな…

 

まあ、少額だから消えても仕方ないけど、

みんなどうしているんだろ?

 

ちょっと気になったキルケでした~(^^♪

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
案山子の優午
2020-02-09 11:57:08ID:172769

>>キルケ::さん

面倒くさいことを永遠書き続けましたが、
早い話、儲かったら現金化する。
そして、死なないように努力する。それだけですね。

キルケ
2020-02-09 11:48:55ID:172767

>>案山子の優午::さん
丁寧なコメントありがとうございます。
うーん、相続時のボラティリティの高い仮想通貨は、取り扱いが面倒ですね。
しばらく、仮想通貨はほどほどにしておこう

案山子の優午
2020-02-09 09:18:29ID:172756

コインチェックなどの一部の取引所では、死後に相続人が問い合わせることで
取引所残高の日本円や仮想通貨を引き出せるという事案が、月に数件寄せられている。という
話をどこかの記事で読んだことがあります。
曖昧な記憶ですが、確か、死亡日時に応じたレートでの払い出し(仮想通貨を現金化)したようだった。
ですが、相場が上がったり、下がったりする仮想通貨を死亡日時のレートで現金化するのは、
余程相場が変わってない場合じゃないと取引所も、渋るのではないでしょうか?
例えば10万枚所有していた場合、NEMが200円の時に死亡した事実があっても、相続人が気づいたときにNEMが5円だったら、
コインチェックは、その差額の195円分を支払う義務はあるとは思えませんね。
逆だったら、簡単に応じてくれると思います。
10万枚×200円=2000万円分の課税対象に係る税率を40%としたら納税義務に800万円になります。
だが、10万枚×5円=50万円という状況下では、50万円しか用意できず、その差額800万円-50万円=750万円分は
納税義務が発生しているといっても、そう簡単に支払える額ではなくなっています。
税務署が、そのような点を、忖度して安い納税額に抑えてくれるとは思えませんので、
死後に、相続税で破産する状況が発生することもありうるので、予め遺書などを用意しておくことが推奨されます。
一部の取引所であれば遺族からの取り合わせに応じて貰えることもありますが、
個人のハードウォレットや、オンラインウォレットでは100%所在やパスワードを記録しておかなければ
絶対にそのウォレットに正確にアクセスできることはできなくなります。セルフGOXです。
二段階認証を済ませてあるスマホなども、交通事故などでは死亡時に同時は破壊されることもあるので、
それらのバックアップ用のスマホを複数台用意して遺書と同時に保管するか、その所在を明記しておく必要性もあります。
日本の取引所や販売所では、二段階認証が不明な場合は遺族が問い合わせることで、それらを解除または再設定することも
できることもありますが、海外の取引所を使用していた場合は、応じて貰えるか分かりませんし、
遺族が問い合わせるのは言葉の壁が更に負担が増やしますので、やはり、二段階認証のバックアップは必要です。
さらに、バックアップ用のスマホに指紋認証などを設定してしまっている場合は、さらにそのスマホに簡単に
遺族がアクセスできなくなりますので、PINコードや、スマホにアクセスできる指の動きなどの設定も、
遺書に明記することが必要になります。
あとは、遺族が遺書をみても、無価値と思わせないように、仮想通貨の巨万の富が残されているなど匂わせておくと
遺族が真剣に取り組んでくれると思います。

キルケ
2020-02-08 21:46:44ID:172680

>>やそ::さん
コメントありがとうございます。
相続税を心配するくらいになれるように頑張ります!(^^♪

やそ
2020-02-08 21:32:06ID:172676

知らないし動かせないのに相続してしまって相続税で破産する人も出かねない仮想通貨。

NEMber who posted this article

2019/8月に始めた初心者です。
事情があって、無職中年になりました。
頭が腐らないように、仮想通貨をはじめてみました。
皆さんの情報を漁っているところです。
よろしくお願いいたします(^^♪
38791
0

Why don't you read following articles?