connecting...
Google translation for articles :
11 NEMBER donated to you!!

【Symbolテストネット】1発で築城してHTTPS化までやるスクリプト作ったよー

nem208xem (11) 1926 21 2

 

先日の築城スクリプトを更に改良してより簡単にノードが建てられるようにしました。

 

それプラス、昨日うにやさんが記事にされてたHTTPS化も組み込みましたので、誰でも簡単にHTTPS化したノードを建てられるようになったと思います。

 

早速手順に移ります。前回割と詳しめに説明したのと、Youtuberのはましょー氏に頼んで動画まで公開してもらったので、細かい手順は端折ります。
前回の記事や動画を見ながら進めて頂き、やり方が変わっているところだけこの記事で説明します。

 

 

動画はこちら

 

 

 

大まかな手順

  1. Ubuntu18.04のサーバを用意(今回もConohaを使用)
  2. スクリプトをコピー
  3. スクリプトの設定をいじる
  4. レッツ築城!

 

※前回すでにノードを建てた方は、一旦サーバごと消して今回1から作り直して下さい。

 

1.Ubuntu18.04のサーバを用意

今回もConohaでやっていきます。同じUbuntu18.04の環境なら基本的に同じやり方で上手くいくと思いますが、失敗する可能性もゼロではありません。

Conohaの管理画面にログインし、「サーバの追加」を選択します。

 

その後、スペックなどを例によって選択していきます。

 

ここで注意していただきたいのが、前回は1GBで建てようとしていましたが、あまり低スペックなノードを建てるのは好ましくないようです。

なので、今回は推奨スペックを満たすメモリ4GBプランを選択します。(2GBでも結構メモリいっぱいでした)

 

※値段が高いと思われる方は、リトアニアの格安VPS、「Time4VPS」や国内の「AWH(AWSじゃないよw)」などをご検討下さい。

ただし、よそのVPSサービスでこのスクリプトが正常に動作するかは検証していません。

 

必要箇所を入力していき、最後のスタートアップスクリプトで「テキスト入力」を選択します。

 

 

2.スクリプトをコピー

新しいスクリプトをこちらからコピーします。

 

 

 

3.スクリプトの設定をいじる

スクリプトの11行目~31行目にかけてが設定項目となります。こちらに任意の項目を設定します。

 

  1. USER_NAME: Linuxのユーザ名です。初期値はnemberにしていますが、変更することを推奨します。
  2. PASSWORD: 1.のユーザのパスワードです。絶対に設定して下さい。
  3. FRIENDLY_NAME: ノードの愛称のようなものです。自由に設定して下さい。(ただし全角文字はNG)
  4. HOST_AUTOSETTING : 今回から、host名が自動で設定されるようになりました!Conohaでしか確認できていないので、Conoha以外の場合は0に設定して下さい。
  5. NODE_HOST:上記4.で、0にした場合は設定して下さい。Time4VPSなら、「Service Detail」ページの「Hostname」を設定して下さい。
  6. ENABLE_HTTPS:HTTPS版のノードも建てたいときは1に設定して下さい。※ただし、5でNODE_HOSTにホスト名ではなくIPアドレスを指定した場合は0にして下さい。
  7. BOOTSTRAP_TAG:テストネットのバージョンです。執筆時は0.9.2.1-beta4ですが、今後バージョンアップされる可能性もあるので、29行目のURLにアクセスし、最新のバージョンがある場合は書き換えてから実行して下さい。

 

 

 

4. 築城!

ここまで終わりましたら、Conohaの管理画面の左にある「追加」ボタンを押してまた10分~15分ほどお待ち下さい。



築城後の確認

前回の記事では、IPアドレスから確認していましたが、今回は自動でホスト名を設定しているのでそちらから見てみます。
なお、HTTPS版はこのホスト名からじゃないと正常にアクセスできません。

ホスト名はどれかというと、建てたサーバの詳細画面にある以下の部分です。

 

 

この逆引きホスト名をコピーし、以下のようにしてノードにアクセスできます。

【HTTP版】

http://{逆引きホスト名}:3000/node/info

 

【HTTPS版】

https://{逆引きホスト名}:3001/node/info

 

 

で、このノードで何ができるん?

はい、このあたりの説明を全くしていなかったです(;・∀・)

 

NEMを使ったアプリケーションを作っている方々ならわかると思いますが、そうではない方が簡単にノードで遊ぶ方法を説明します。

みなさん。Symbolのデスクトップウォレットはお持ちのPCにインストールされてますか?


まだの方はこちらからダウンロードして下さい。

 

インストール後、ウォレット作成まで終わらせてください。

 

その後、右上のTEST_NETをクリックして、自分のノードURLを入力し、「+」ボタンを押します。

※入力するのはポート番号(3000か3001)までです。「/」より後ろは不要です。

 

 

 

この状態で他の人にテスト用のXYMを送ったり、他の人から貰ったりすると、全て自分が建てたノードを使って処理されます!

 

お疲れさまでした。

 

築城に成功された方、ぜひぜひコメントお待ちしております!

 

 

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
ばるにふ
2020-02-24 22:05:14ID:175939

お世話になっております!
スクリプト利用させて頂きました!!

お陰様で、私もconohaで無事築城に成功しました!!
"friendlyName":"barunifusaba"で構築しました。このスクリプトはすごいですね!!

勉強不足で恐縮なのですが、1点質問させて頂いてもよろしでしょうか?
スクリプト内でport7900と7902を開放していますが、スクリプト内ではほかにこのポートの処理が記載されていません。

Symbol特融で自動的に利用されるportとなっているのでしょうか?
ドキュメントを読み込めばわかる事なのかもしれず、申し訳ないのですが情報あれば共有頂けると嬉しいです。

色深寅
2020-02-23 21:33:00ID:175782

晴れてテスト城主になれました。ありがとうございます!

spicy鰊
2020-02-23 17:54:08ID:175753

報告遅くなりましたが、こちらを参考にして作りました。
TIME4VPSでも普通に動いているようです。
ありがとうございました!

ゼム🐳ゼム.
2020-02-18 20:43:27ID:174698

・w・ステェエエエエエエエキ!

わんこイン.nem
2020-02-17 22:36:54ID:174447

>>ニコ::さん
確認しても、見つかりませんてでたので、今現在は削除してます。
逆引き、IP共に確認しましたが。見つかりませんとでますね

ニコ
2020-02-17 21:34:58ID:174418

>>わんこイン.nem::さん

間違ってたらすみません。
逆引きホスト名で確認出来ないって事では無いですか??
自分もできなくて、IPアドレスの方で見たらつながってるの確認できましたよ

ニコ
2020-02-17 21:30:18ID:174416

ノードはパソコンの電源切ってても動いてるんですか?

わんこイン.nem
2020-02-17 17:19:58ID:174374

>>おえ #NemKit 作った人::さん
コノハのubuntu18.04なんですが。

おえ #NemKit 作った人
2020-02-17 13:32:13ID:174348

>>yottyi::さん
おお、よかったです!

>>わんこイン.nem::さん
できませんか?
どこのサーバを使われていますか?

Conohaでubuntu18.04でしたらできると思いますが・・・。

NEMber who posted this article

92年生まれ。25歳で独立してフリーランスのシステムエンジニアやってます。
長崎県出身で博多在住。

2017年7月に仮想通貨へ参戦。
暴騰直前の17年11月に所持していた通貨の9割を売却してしまう。
その後2018年の1年をかけて買い増しし、見事資産を1/4に。

せっかくプログラミングのスキルがあるんで、Nem関連のサービスを開発中。
→2019.03.29
Nemのちょっとしたツール集 「NemKit」をリリース
https://nem.oe-jpy.com

Twitter →@oe_cc_jpy
39049
0