connecting...
Google translation for articles :
7 NEMBER donated to you!!

ロイヤルコインが今、熱い!🔥🔥🔥

nem16.64xem (7) 1391 6 8

 

「やぁ 友達!今すぐ登録して報酬を得る!」

(Hello Friend! Register Now to Get Rewarded!) 

 

HELL YEEEEAH!!!!!! 🔥🔥🔥🔥

 

勝った、、、。

 

この投資(ICO)に勝った。

 

そう思いましたね。

 

今回は私がロイヤリストになった経緯を教えます。

 

最初の動機は投機でした。しかし徐々にロイヤルコインの発行元 Appsolutely.Inc の活動を見ていると、

なんかこの人たちを応援したい、と言う気持ちが芽生えてきてしまった。

 

そして単純に、今はロイヤルコインのファンなのです。

 

言語の統一は世界政治事情的にできませんが、全世界のポイントサービスは統一できる。

それもアプリで、NEMベースの技術で、簡単に。

 

これは革命ですよ。

 

まず、投資にいたった経緯。

 

それは昨年の4Q。

 

まだICOの広告がYouTube、FB、Twitterに普通に流れてた頃、ロイヤルコインの存在を知りました。

 

最初は黄色い枠の怪しい広告からスキャム臭が出ており、

 

「ロイヤルコイン?なんだそれ」とスルー。

 

絶対にソレに触れませんでしたし、広告が流れてきてもすぐに消してしまうほど。

 

しかし徐々にその広告にロイヤルになるわけです。

 

ふといつものように仕事をサボるモーニングは、スタバでエスプレッソのダブルショットを頼み、WSJのアプリを開いてリア充アピの写真素材を撮り貯めします。

その日、一口目を飲んだ際にカップがあまりにも熱くてiPadの上に2、3滴ほどこぼす。

 

するとそこはロイヤルコインのICO広告が表示されていた場所でした。

 

画面をティッシュでワイプするともちろん指があたり広告が開く。

 

「しまった、、、。」

 

しかしこの瞬間。当にロイヤルコイン投資を決意するまであと5分の状況だった。

 

「やぁ 友達!今すぐ登録して報酬を得る!」

 

とかこんな感じの機械翻訳が出てきた気がします。

 

「ほら、ね。なーにが、やぁ友達だ」

 

まずこの時点で疑心暗鬼。怪しかった。

 

FBが爆速で流行りだす前に、一瞬だけインター校で流行ったHi5の機械翻訳を思い出し、

だいたい怪しい外国のウェブサイトに行きつくとこんな感じでスキャム感を出してくれるので、

非常にわかりやすく有難いフレーズが出てくるのです。

 

と思いつつも、ワタシはホワイトペーパーを開く。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

すると、あまり読まないうちからロイヤルコインがいったい何なのかがすぐにわかりました。

 

それがこちら ↓ 

(Retrieved from : https://loyalcoin.io

 

下の文字はあえて消してます。

 

なぜならあの長いホワイトペーパーを全部読もうとするの人はあまりいないでしょう。欧米圏の大学出身でも読みたくはありません。(ん。それとも私だけ!?)

論文(ペーパー)を嫌と言うほど書きまくったトラウマがまだ残ってます。笑 ただクリプトリタイアしたら大学に戻ったりシンクタンクとかにいきたいですね。

 

なのでこの時はIELTSのスキミングというやつで、ささーっとスクロール。

 

私の目に映ったのはこの図にある「絵」の部分だけでした。

 

そしてこれだけで「勝った」と思いました。すぐさま親父にも電話して、「これは買ったほうがいいぞ!」と。

 

ではその、ロイヤルコインとは!?

 

ロイヤルコインとは一体なんなのか。下の図をごらんください。

(Retrieved from : https://loyalcoin.io/news/

 

私なりに簡単に説明すると、

ロイヤルコインを扱う店舗(Loyal Coalition) どうしでポイントの互換性があること。

 

それがスターアライアンス系の航空会社(ANAなど)のマイレージをOneWorld(JALなど)のマイレージに移したりできるというものです。

*[まだここまで至ってません。あくまで例としてあげました]

 

つまり、タイの「(外国人料金なる価格設定がひどくて有名な象乗りエリアにいる)アユタヤの象使い」がロイヤルコインを扱うMerchantもしくは店舗であった場合、

日本の商店街にあるロイヤルコインと提携してる「カフェやらーめん店」で夢を叶えないアユタヤのぼったくり象に乗って貯めたポイントで決済できる、というものです。

 

当に革命ですよ。

 

日本から飛行機で約5-6時間の距離にあるタイで貯めたポイントが日本で使える日が目の前に来てるのです。

 

そして、私がICOに参加した動機とは!?

 

不満①:もうカードが大杉ワロタ

 

私はマイラーなので数年留守にしていたタイに帰国後、日本で貯めた遺産(ポイントカード)も一応大事に持ちつつも、

すぐにThe1Card(デパート系)、SevenCard(7/11のカード≒nanacoに近い)、Banchakカード(GS)、Shellカード(GS)、

Blueカード(GS)、ラビットカード(高架鉄道)、StarBucksカード(カフェ)、MKカード(タイスキ、鍋)にアジアハーブカード(Spa・マッサージ)

 

などを一通り取り揃えて、

 

2015年、個人情報をバラ撒きまくりました。

 

各社で個人情報を取り扱うので絶対に漏洩する危険性を感じましたがそれよりももっと大事なのが、

 

お財布にカードが多すぎな件の状態へ。

 

(個人情報の漏洩を気にしてたらタイで生きて行けませんので、、、。紹介アフィのせいで勝手に私の名義でクレカが作られ自宅に届きますし。。。)

 

2016年ごろにはタイも徐々にアプリ化が進み、ポイントカードを常に携帯しなくても良い状態へおおよそなりましたが、

 

今度は、「DLしたアプリがどこにいったっけ!?問題へ発展」

 

多いんですよ。兎に角。

 

一応、私は「ThaiCard」、「JapanCard」でまとめてますが、それでも人間、探すのが面倒くさくなるもの。

ポイントカードなるものが台頭してきた過去。ものすごく嬉しくて得する気分にさせてくれた時代があったのですが、

今ではどこもかしこもポイント、ポイントで消費者の個人情報をゲットし、消費者の嗜好情報は盗られマーケティングの材料にされる ⇒ 変な電話やSMSが来る。

 

いったい何回、私は、「サワットディ。アナタは宝くじに当選しましたので今から言う番号に、、、云々」というのを経験しただろうか。

(しばらく無視してればもうきませんが、明らかに個人情報は漏洩してますね)

 

しかも。しかもですよ!?

 

不満②:タイはポイントの互換レートがひどすぎる!

 

日本の場合は、1ポイント=1円、100円毎の買い物に1ptというのがデフォルトですが、

 

日本と違って貯めたポイントが1ポイント=1バーツとかの単位にならない。

 

例えばCP財閥が管理しているタイのセブンイレブンは10バーツ毎(約30円)の買い物で5pt。 

 

50ptで1バーツ引き

 

つまり、100バーツ(約300円)の買い物でようやく50ptを貯める事ができ、且つ1バーツ引き、、、のみ。(約3円)

Hey, Hey, Hey!!! 

 

日本のポイント事情を知っている身としては、まるで顧客にロイヤルではない。。。

 

100バーツ(約300円)の買い物で3pt=3円分が付与というのは結局のところ日本と一緒ですが物価の価値が日本と違うので、なぜ同じやねん?という心境です。

セブンイレブンで100バーツを一般庶民が使う時、場合によっては買い物かごを使うレベルだったりします。

 

不満③:ポイントカードどうしで提携をまるでしない

 

私の不満はこれだけではありません。

日本はTポイントやPontaカード、Nanacoカードのようなメジャーなポイントカードは一社だけでなくどこかと加盟している企業がいくつかありますね。

たとえばTポイントはファミリーマート(コンビニ)、BOOKOFF(中古品売買)とENEOS(ガソリンスタンド)といったように。

 

これも一重に日本の場合は100円の買い物につき1ポイントが手に入り、その1ポイントは1円として使えるというスタンダードが浸透しているからに違いないでしょう。

あとは企業同士の政治が錯綜としていく中で徐々に加盟していった今日、消費者はいくつかメジャーなポイントカードのみをお財布に入れておいてもまだスペースに余裕がありそうです。

 

ところがタイは、PTTのBlueCard, CentralグループのThe1CardやShell Card, BangChak Card, Esso Smiles Card, Boots Card,

Watson Card, BigC, Lotus、スタバ、Au bon Pain、MK、Yayoiカード、そしてRabittCard、、、。

すべてそれぞれ違う会社です。そして日常で利用する店舗だったりしますが互換性がありません。

 

まったく。ZERO。

 

上記の中では大手ガソリンスタンドのBlueカードとThe1Card(ショッピングモール)だけではないでしょうか。

 

もっとあってもいいですよね!?

 

タイは企業同士、つるもうとする気配がしないのは私だけでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

、、、で、ミートアップ参加でファイナルアンサー(購入確定)

 

そこで本来のポイントサービスとはなんなのか、を熱く語られる

 

英語圏ではロイヤリティ(Loyality)

 

米英戦争と南北戦争とかを連想させる単語ですが、

「消費者がミセに対してLoyalなので、ポイント付与する側であるミセも顧客にLoyalになろうぜ!」と。

 

そう。

 

ミスターパトリック(以下CEO)

 

①CEOのスピーチで確信へ

会って来ましたよ。コミュ障なので写真だけ撮って一切近くに寄らず、サクッとミーハー気分を味わえましたのが2018年1月6日13時55分。

CEOのスピーチを聞いて更に確信へ。ホワイトペーパーには載ってなかった情報をさらっと暴露してくれました。

既にタイのバス会社と提携していたようでそれをタイ側の親族に伝えるとすぐにお金を出すから代わりに買ってくれ、と。

 

さらにそのポイント(ロイヤルコイン)を

①ブロックチェーン上で改ざんできなくし、

②尚かつ適正なリワード率、(⇒タイのセブンイレブンのようなスキャム率は許さない的な)

③世界中のお店のポイントカードをロイヤルコイン化してひとまとめ、

④そしてアプリ内でロイヤルコインを別の仮想通貨(NEMなど)に一瞬で両替ができ

⑤更に仮想通貨だけでなく法定通貨にも瞬時にアプリ内できちゃう(Upholdのようなもの)

 

マイラーにとって、もとい私と親族にとっては革命的なアイデアを掲げたICOでした。

 

これだけではありません。

 

②なぜかタイ語のホワイトペーパーも用意されていた

この国でビジネスをするという事。それは政治とカネがすごく日常レベルで絡んできます。

ICOが終わる前からユースケースがあったのには驚きでした。フィリピン企業なのに。

 

そしてもう一つロイヤルコインのICOに参加しようと思ったきっかけがタイ語訳のホワイトペーパーがあった事でした。

 

昨年、いろいろなホワイトペーパーを見てきましたが、大抵は英語、中文(簡略版とかなんとか)、ロシア語、日本語と韓国語でしたが、

 

ここはタイ語も。

 

なぜた!?と思いつつもタイのビジネス事情を大まかに知っている私はどなたか上流階級の方が絡んでいるに違いない、と勝手に憶測。

 

⇒ タイ王国を建国した方々とその貴族の末裔の方々が絡んでいる!? ⇒ 太古から脈々と続く既得権益を牛耳る方々(天竜人)が良しと言えば、

 

天「やれ!」⇒ 平民「はい。」となる国なのでこれは、、、、

 

「(この投資に)勝った!」 、と思ったわけです。

 

そしてミートアップ終了後に、鼻息を荒くして近くのカフェで爆速で購入手続き。

 

その際にホワイトペーパーに載っていたのは以下の企業、フィリピンのみ。きちんと見ればミーアップに参加する前にこれだけでも十分な投機対象でした。。。

 

(Retrieved from : https://loyalcoin.io

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

そして、、、

投機から投資へ

 

それから数ヶ月後の今日。

 

最初はICOトークンの配付が当初のロードマップより遅延が生じ、

 

もろもろな苛立ちとかはありましたが、徐々に私も変わっていきました。

 

 

毎週の金曜日に恒例アップデートがYoutubeで発表されるのを観て「お!やってますな!」と思ったり。

 

 

Loyal Coin のYouTubeチャンネル:

(https://www.youtube.com/channel/UCwvvkCARC2pNlKAilwDHZvg

 

タイの日常のシーンで使われるTrueMoney(フィリピン)と提携していち早く投資した同志に連絡してしまう自分がいた

(いつかタイにもくるのではないでしょうか!)

 

(Retrieved from : https://loyalcoin.io

 

そして終いには大手配車サービス業をやっていて、東南アジアのUberを傘下につけたGRABと提携!

 

(Retrieved from : https://loyalcoin.io

 

 

やばいですね。

 

すごい、すごい、すごいとしか言いようがありません。

 

まだタイに来てませんが、以下のような企業もそのうち、という期待が大いにあります!

 

なぜならタイはICOの法整備と仮想通貨の取り扱いについていち早く対応した仮想通貨先進国だからです。(私の中で、、。)

 

(Retrieved from : https://loyalcoin.io

 

現在のロードマップは最後のUK/SKの市場開拓と来年初頭の世界市場開拓です。

英国では自転車で走行した距離に応じてロイヤルコインが貰える、というのが既に発表されてます。

まだまだ英国関連で今年中に起爆剤がでてきそうですね!

 

(Retrieved from : https://loyalcoin.io

 

と、、、、。

 

またここまで、また長文になりましたね。。。

 

要約しますと、最初は投機的にしか見てなかったのが、徐々にLoyalCoinのやっている事を応援したくなったのです。笑

 

そして未来のポイントサービスの形を作っている会社。大きな夢があって素晴らしいですね。

 

今は一人のファンとして、この素晴らしさをタイにいる邦人を含め、まだまだロイヤルコインのインパクトをしらないタイ人にも伝えていこうと思ってます。

 

タイ人もポイントカードの亡者化している国なので、

 

より便利なマイラーライフを過ごせる未来に感激するのではないでしょうか!

 

マイラー同志、仲良くしようというアレです。

 

それでは!

 

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました!

そして過去2記事で投げ銭していただいた方々、ありがとうございます!

 

Yours, 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ロイヤルコインのニュースは以下のリンクから:

Facebook: fb.me/LYLcoin

Twitter: twitter.com/loyalcoin

Telegram: t.me/LoyalCoin

Reddit: reddit.com/r/LoyalCoinOfficial

Instagram: Instagram.com/LoyalCoin

Website:https://loyalcoin.io/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もしよろしければ

① SNS 

Twitter(@GodzillaCrypto)のフォローしていただけると嬉しいです。

タイの日常、タイの法律関連(仮想通貨)、ロイヤルコインのニュースをフォローアップツイートしたり、

またファッセフォイのタイしぶちょーをやってますので「ファッセフォイ」が多め。(ファッセフォイ本家はツイッター"@tohoku_fassefoy"のしぶちょーです!)

日本とタイもとい全世界が元気になるよう日々つぶやいてます。

 

② 仮想通貨オフ会 in Thailand

タイ仮想通貨オフ会を月1のペースで開催してます。Telegram(https://t.me/joinchat/H_FTwRFTlwKSnKgPSHONag)にもご参加ください!

こちらは仮想通貨関係のお仕事をやっている方、仮想通貨に興味のある方、小職をはじめタイ在住のヒラリーマン、駐在員やこれから仮想通貨に投資したい方などに

お集まりいただき、カフェ、レストラン、居酒屋なので飲み食いしながら和気藹々と楽しく過ごすイベントとなってます。

 

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlogの無料ユーザー登録はこちらから
Register
Comments from NEMber
ゴジラクリプト
2018-10-03 22:04:32ID:1773

コメントいただいた皆さん、ありがとうございます!!!

狂タヌ尊
2018-10-03 00:43:43ID:1683

ふぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!

ゴジラクリプト
2018-10-02 20:11:02ID:1649

ありがとうございまふぁっせふぉおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!! (改訂版Ver.3 です。。。)

Mr.CorgiLove
2018-10-02 17:19:14ID:1627

面白くてなおかつ読みやすい!いつもタイとNEMの勉強をさせて頂いておりやす...m(_ _)mペコリ

しぶ子
2018-10-02 15:51:39ID:1619

ふぁっせふぉおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!

NEMber who posted this article

Co-author of http://cryptoreader.net 日泰ha-fu | 暗号通貨投資家 | タイの暗号通貨情報を発信してます。นักลงทุนสกุลเงินดิจิทัลลูกครึ่งไทยญี่ปุ่น แชร์ข่าวจากญี่ปุ่นเป็นไทย
3965
0

Why don't you read following articles?

27.14 XEM
440 0 3

6.1162 XEM
110 0 1


116.35 XEM
247 0 1


4.97 XEM
190 0 2

2.75 XEM
234 6 2


ゴジラクリプト's articles