Wait a moment...

価値より信用をみるようになった

nem21.55xem (3)
171
10
2020-03-26 06:03:08
価値より信用をみるようになった

なにを理由に法定通貨の価値が信用され使われているのか。

 

これまで【物々交換→貝類→金・銀類→紙幣】へと通貨は変わっていったが、金・銀類はそれ自体に価値があったが持ち運びが不便であった。

 

これにかわり紙幣が生まれたが、それ自体は紙切れ、価値を見出すことはできないのでそれを金との交換券とすることで価値を付加していた。

しかし、金本位制を解いた今、紙幣は交換券の役割を果たさず、数字の書かれた紙でしかない。これらに直接的な価値はないし、価値を付加するものもない。

国が刷ったからという点で価値が見出されるのであれば、法定通貨は刷った国がなくなった瞬間紙クズとなる。

 

金本位制が解かれた今、国民は信用を担保に価値を見出しているように思う。

 

今日本は、経済の自由化を掲げお金を刷りまくっているが、これは間接的にお金の価値を下げることを意味している。国がなくなるとまでは言わないが、刷った紙自体は価値を下げている。

 

 

仮想通貨においても同じようなことが言えると思う。

例えばビットコインだが、良くも悪くも名をあげたが、仮想通貨=ビットコインというイメージある。

最近仮想通貨決済できるらしい、大手企業もビットコイン決済をはじめた。仮想通貨=ビットコイン。良くも悪くも信用が生じているためビットコインのホルダーが増え価値が上がった。機能に関係なく。

自分が思うに、機能的にビットコインより優れている仮想通貨は多くあるが、国民は仮想通貨の祖という信用で動くからビットコインへと集まる?

 

信用=価値。否定はしないが、仮想通貨ではなく、法定通貨へ固執している理由は何なのか。やはり信用なのか。それともなんでなんて考えてないか。

 

中央集権が崩れたらなんて考えがない?

経済状況に左右され銀行を封鎖したり、引き出しを止めたり。国はお金を刷ったり。

国の経済状況で個人の経済状況が左右されるのはどうか。

 

やはりクモ型中央集権(首が切れたら終わる)よりヒトデ型非中央集権(どこを切られても死なない)がくるのではないか。

 

 

 

Comment
物愚者
物愚者
2020-03-29 16:01:36ID:181444

>>しんたそ::さん

まぁ、たしかに技術がウィニーとかビットコインという形で現れてるとこから考えると、既存のシステムに対する反体制的な運用のあり方が抱き合わせになっている状態が本質に近いと言えるのかもしれないんですけど、社会的に実際に運用されるようになる段階までその結合が不可分かというとそうでもないんですよね。

マイクロ波がはじめ兵器として開発されたものの技術自体は電子レンジとして普及していったように、「ブロックチェーンも初期においては分散型のシステム実現のために生まれたものだったが、結局はその技術だけが金融をはじめとした既存のシステムの経費削減のために広まった」みたいなこともあり得るんで、今後普及していくとしてもその中でbに近づくとは必ずしも言えないのかなと。

なにかこう、「やがてはb的な世界がくる」というのをぜヘーゲルの必然的な進歩史観のような前提として提示されると違和感があるというか。

しんたそ
しんたそ
2020-03-28 07:19:03ID:181287

>>物愚者::さん

たしかにまだbの層が多い気がします。本質までまだ到達できていないように思います。

ただ、物愚者さんの意見には毎回驚かせてもらってます。確かに国同様の働きをグローバル企業にさせるとなれば国がその役割を担っていてもなんら変わりありませんね。むしろそれでしたら国が担っていた方がいい。

そうなると現状aという考えは難しいですね。
どうしても完全に非中央集権になることは難しいですね今のところ。

物愚者
物愚者
2020-03-26 23:32:22ID:181133

あ、通貨発行を企業が〜、というところについて、日銀も国から表面上は独立してますが「実質的」に国家機関の一部として捉えた方が妥当ですよね。

物愚者
物愚者
2020-03-26 23:27:31ID:181131

>>しんたそ::さん

テック勢ではないため、技術的な細いところは理解できていないんですけど、それでもよろしいならば...

まず、「ブロックチェーンは良いものだ」という評価や意見に関して(気づいていないアレな人が多いのか、それとも意図的に蓋されているのか知りませんが)その意見の背景にある理由によって全く違う意味持つよね?と言いたいんです。

a.非中央集権、情報の民主化など、既存の権力およびそれにより構築、独占された市場や社会に対するアンチテーゼとしてブロックチェーンを推してる層.

b.システム的に今より安上がりだからブロックチェーンを推してる層.

(仮想通貨の値上がり目的で「ブロックチェーンは世界を救う」とか鳴いてる層はブロックチェーンなど全く興味ないので除外)

ほんでもって、リブラだろうとデジタル法定通貨だろうと(リップルもですかね)、目的はbなんですよね。
だから当然、非中央集権とかどうでもいいので、プライベートチェーンでシステム運用しますから、そもそもにおいて別物だと思います。

ですから、例に挙げていただいたものは全てブロックチェーン技術を用いた中央集権プロジェクトです。

仮想通貨に限らず、一般企業がブロックチェーン云々言ったり、実際に導入したりする理由はbです。)

その上で、それらが信用に足るかということについて。
まず、デジタル法定通貨の信用というのはそれ自体じゃなくフィアットの問題ですよね。
中身が違うだけで、議論としてはSuicaとかPayPayと同じかと。

ほんで、リブラみたいなのがこの話の中心だと思うんですが、正直なんとも言えない

とりあえず、私はa的じゃなくて頼れる大きな国というのを望んでる方なのですが(なんでここにいるんだよっていう)、一企業の内部で完結したシステムによる通貨発行を許すということは、国と(部分的とはいえ)同じ役割をグローバル企業に持たせるということですよね?

皆がそれを受け入れるか否かさておき、その事態については望ましくないと思います。
皆が私企業による中央集権的な通貨発行を深刻に思わずにむしろ好意的に受け入れ、国もそれを止めないのであれば広まってしまうんでしょうけど...

しんたそ
しんたそ
2020-03-26 22:36:52ID:181117

>>物愚者::さん

『実際完全なる非中央集権という形をとるのは時期尚早として中央集権と非中央集権とを半々で取った形で銀行などの仮想通貨の発行などをはじめました』がこれについてはどうお考えですか?

ちなみに物愚者さんは仮想通貨についてはこの記事で言う信用に足る(使用が認められるようになる)と思いますか?

物愚者さんの知識が故に質問したくなりました。

物愚者
物愚者
2020-03-26 22:00:27ID:181112

補足2

「ヒトデ型非中央集権」はブロックチェーンによって実現可能なのかという点について。

これ前に考えてみたのですが、よく「強制力」という観点が抜け落ちた状態で語られてるなと思いまして。
「暴力」と言い換えても良いです。

国家が何かしらの法律や記録に基づいて特定の命令を個人なり集団に与える際、それに従わなければならない理由の源泉は「その命令に従わなければ拳銃で脅されたり、監禁、殺害される(死刑)」という暴力です。

白バイのネズミ捕りから商取引の合法的な形での契約履行に至るまで、皆がそれに従う理由は(内在化した倫理規範としての働きが全くないとは言わないが)あくまでも記録や法律の内容そのものではないです。

つまり、「ブロックチェーンに改竄が極めて困難な情報」が刻まれようが、「実際にそれに従わなければならない理由」がなければ、現在、中央の権力が担っている強制力を持った各種役割を何も果たしません。

それ故、私は非中央集権だなんだと騒がれる中で、「現状、ブロックチェーン上の内容に実行力を持たせているのは中央の権力による法律であり、今後もそれに類する何かの暴力が無ければブロックチェーンなど何の効力も持たない」という結論に至りました。

集団的な暴力装置が一切存在しない中でブロックチェーンだけがあったとして、ブロックチェーン上でできるのはトークンのやり取りやその記録のみなので。

現実においては、力ずくでそのトークンと紐ついた具体物を渡さないとか渡した後に殺して奪い取るという選択が罰則無しでできます。

トークン自体も殺したり、ボコボコにしたり、脅したりすれば取り返せます。

物愚者
物愚者
2020-03-26 21:25:50ID:181100

補足

ソロスの「相場は常に間違っている」という言葉が指すのもそういうことですね。

あるものの価値を認識したり、それに基づいて何かしらのアクションを起こす際に、「何のバイアスも通さずに物自体についての真の像を捉えること」も「それを共有すること」も不可能なので、「金の価値」もまた現代貨幣や各種有価証券、ひいては世の中に溢れる全ての商品と同様、誤った虚像に基づいているため、常に間違ってるし変動もします。

物愚者
物愚者
2020-03-26 20:59:54ID:181099

・金本位制における金の価値も外界の「金そのもの」という物自体、実像により担保されていたわけでなく、「人々の金に対する認識」という虚像に担保されていたので、金本位制→管理通貨制への移行により信用という新たなものに担保されるようになったという見方は誤っていると個人的には思っています。
(おそらく、純粋な経済畑の人間からはフルボッコにされますが)

そうなると、昔から信用こそそれが通貨たるためのベース。

そうなると、後半にある、仮想通貨におけるチェーンの性能と価値が素直に比例しないことも説明できます。

「物自体の実態自体」と、「その実態についての内容や評価を含めた人々の認識」とが合致するとは限らないからです(てか大体ズレてる)。

しんたそ
しんたそ
2020-03-26 10:50:22ID:181073

>>matsuno::さん

nemがどうでてくるかはわかりませんが仮想通貨でてきたら面白いですね^ ^

matsuno
matsuno
2020-03-26 09:43:31ID:181063

もっといろんな取引方法があってもいいと思うんですよね。法定通貨以外にも物々交換は合同ですし。
仮想通貨も入り込んでも不思議じゃないと思ったりしています。

この記事を書いた人
「意見」≠「事実」これは僕の「意見」ですので「事実」をしっかりみてください。ただ、僕の「意見」が限りなく「事実」に近いということもあると思いますが。 2020年3月スタート