Wait a moment...

nemの想い出~2018年の半ばにまだ行かないぐらい編~

nem170xem (5)
451
4
2020-05-15 22:09:38
nemの想い出~2018年の半ばにまだ行かないぐらい編~
目次
●ごあいさつ●

1:2017年 after“うちわ”配り世代時代
 1-1 tipnem
 1-2 nembar
 1-3 nemket ←ここまでは前々回を観よう
 
2:2018年 リアルイベント時代
 2-1 NEMミートアップ in Tokyo
 2-2 NEMミートアップ in Oosaka
 2-3 NEMstudents ←ここまでは前回を観よう
 2-4 NEMDAY!
 2-5 モザワン ←ここまで
 2-6 NEM決済導入活動
 2-7 nemfest
 2-8 nemcafe
 2-9 熊呑み
 2-10 nemurie(nemlog)

3:2019年 脱飲み会おじさん時代
 3-1 "harvestale"
 3-2 開発~F1000

●おわりに●

●ごあいさつ●
■はじめに
拝啓

善良なるこの記事を観ている皆様。
過去を振り返ることは良いってことが分かりました。
過去が良いんではなくて、過去を振り返る行為が良いです。

忘れてた大事なことが思い出されます。
それが何かはもう忘れちゃったけどね。

今回は2018年半ば、名古屋に上陸からスタート。
あくまで「私の脳内思い出を書く」だけなので、目くじら御免でお願いいたします。

2020.5月 髭サスペンダーねむぐま

 

 

■2-4 NEMDAY!



東京⇒大阪⇒名古屋。そうか遂に名古屋まで来てしまったのか。。
今回のスタートは、尾張名古屋のNEMDAY!からですな。

時は2018.4.1エイプリルなふーるでございます。

当時の感覚で言うと、
NEMDAY!はnemketにも参加していた、
名古屋の酔いどれキツネこと「nemicon」主催のイベントね。

イベント内容は
①:物販あり
②:登壇あり
③:勉強会あり

みたいな感じで、こちらも物凄く充実していましたね。

僕の記憶では、僕は前夜物凄い深酒をして、朝帰りだったはず。
んで、案の定翌日の2日酔いで

「nemiconごめん、お母さんが体調崩してしまって、、今日悪いんだけど、、」

って100回ぐらいDMしようとしていた記憶がある。
だけど、nemiconの舞台を汚すわけにはいかないので
這いつくばって新幹線に乗ったんだよね。きつかった。とにかくきつかった。

そして、名古屋の会場に(遅刻している)
その日は天気すごく良かった。
会場にお日様の光がさして凄く綺麗でね。

会場に着いたとたんに、これは良いイベントだって思ったよ。
何ていうか、仮想通貨臭がしなかった。

凄い爽やかで、お洒落で、POPな雰囲気だった。
これはやっぱりnemiconのセンスだよね。
凄いよね。

今までのイベントって全部ストロングスタイルだから笑

今までが
「昼飯何喰いに行くか?カツ丼!?ラーメン!?炒飯!?餃子!!?」
っていう雰囲気だったとしたら

「今日ランチどうする?パスタにしとく?スープとサラダ?」
みたいな感じ。

物販ブースも、NEMの何とか~ってばかりじゃ全然なくて
「ネイル」とか「苔」とか何かお洒落なのよ。

子供連れの来場者さんもいたりして
お日様の光が射してて
何かいい雰囲気なの分るでしょう??

僕は改めて思いましたよ、
あぁイベントって人間性が出るんだなぁって。
ありゃあオーガナイザーの生き写しだね。



この日の僕の役目は以下の通り
①物販&物販チームまとめ
⇒今日初めてNEM決済をするブースも沢山あるので、
 ・QRコードが読み取れるか?(androidでもiphoneでも)
 ・送金が正常に行くか(QRアドレスにミスが無いか?)
 ・お客様がNEMWalletの使い方が分からない場合に、教えることが出来るか?
 ってのを、ひとつひとつチェックしてたんだよなぁ。
 事前にテレグラムで箱作って、いろんな質問に答えたりしてた。懐かしいね。

 ~物販チームに送り付けてた恐怖の伝言発見~


②登壇(これが初めてか2回目)
⇒モザイクってなぁに?みたいな感じの登壇をしました。
 人前で話すのは好きなんだけども、終わった後で胃が痛くなるタイプ。
 始まる前じゃなくて開放された後にやられます。



パワポで何か作ってあった~。





この日の登壇者は
・Daoka
・takeuchi
・いぬっくす
・ニンヂャ
・ワシ

とかじゃなかったけか??
あくまで初めての人の為に、簡単で楽しい感じの登壇だったと思います。

(ここで矢場とん事件が勃発するんだけど割愛)

僕とnemiconとはこの後控える、モザワンの仲間としても仲良くしてもらっててね
こないだもオン呑みしたばっかり。

ラーメンが好きで、「くま!ラーメン行くぞ!」って連れ出されて
でも猫舌だから全然食べれなくて、
んで、寝てしまう。

あたしゃそんなねみこんが好きだぜ。

名古屋のNEMDAY!はこんな感じ。

 

 

■2-5 モザワン(Mosaic1GP)


モザワンきたか。

これは2017年ごろから頭にぼんやりあって、

何かっていうと、
新しい技術が文化になるには芸術(ArtでもMusicでも)は必要だ。
という認識があってだね。

その当時、モザイクにイラストを載せて飛ばしている行為が普通で
(それって2020年でもカッコいいことだからね。凄く先進的なことをしているよね。)

そんなイラストを描いて、NEMを盛り上げてくれる人たちをフィーチャーしつつ
NEMの機能を利用したイベントが出来れば!!って思ったのね。

キーワードは
・モザイク
・マルチシグ
・アポスティーユ
・トランザクション
これをすべて網羅したイベント。


トレストさんがnembarに来た時に、相談したんだよね。

僕はその日がトレストさんにお会いする初めての日で
まぁ緊張したし、僕なんかが話しかけたらアレだよね。。
なんて、ずっと遠めに見てたけども、えいや!と声をかけたんだわ。

その中で
「モザイクを使ったイラストのコンテストを、、、」
「イラストもアポスティーユして権利を保護しつつ、、、」
「投票自体もTxを走らせることで実現して、、、」
「運営資金もマルチシグ管理で、、、」
「アドレスも公開して資金巡りもクリーンにして、、、」
などと、のたわったわけです。

そしたらトレスティングさんが

「いいね。誰も傷つかないイベントはいいよね。」

と言ってくれたので(本人は全く憶えていないんだけどな)

よし!!やろう!!!!!きっと!!!(いつか←)

となったわけでした。

だけどもさ、イメージは出来ているけど
エンジニアでもデザイナーでも無いじゃんワイって。
ただのおじさんじゃん。

でもNEMの導きは凄いもんだよね。
情熱って引力だよね。


◆1人目の仲間現る
デザイナー:nemicon 



nemiconとどこでモザワンの話したんだろうなぁ?多分だけど
nemketの打上とかじゃないかと思うんだよね。
そこで種火だけ付けて、NemMeetUPでまた話して、、、って感じだったと思う。

基本僕たちは、
アイデア

「いいね!」

「じゃあじゃあこんなのは!?」

「いいねいいね!」

「じゃあやっちゃうか!」

「OK明日までにカタチにするわ~!」

みたいなノリで会話していた気がします。
とにかくこの界隈の人たちは、レスも早りゃdoneも早いって言うね。

僕らとしては、
NEMが一つの経済を形成するというのならば
それには絶対に技術だけではダメ!!
デザイン!!アートがないと!!!
文化はにはならないよね!!

という共有認識があったと思う。

その当時のNEM界隈では、イラストモザイクを発行して配ってたけども、
その人たちってもっと評価されるべきだよね。
エンジニアだけでなく、アーティストが評価されるフェーズまでNEMが行けば

それって、いいよね!!良いことだよね!最高だよね!!!
(当時の熱量)(今もそう思うね)


でも、技術面に関してはワシら門外漢なので、

その辺が固まったらば形にしようね2018年って具合で、

また押し入れに入ったモザワンだったのです。


1月の終わりごろ、
あいつが現れる


◆2人目の仲間
エンジニア:山田ユキ.jp




でた山田。悪魔と悪魔のハーフ。
この人とは、nemketが最初の出会いなんだろうね。

お店側と客側って感じだけども、
彼のことは覚えているんだよ。
洒落たやつもおるんだなぁって思った記憶が。(他人かもしれんがな)

nemketの日はそれだけだったんだけども、
NEM総合アプリっていうね、物販特化型の神アプリがあったわけ。

その当時、モバイルの支払方法がnemwalletしかなかったのですが
可能性として、

マルチシグアカウントから支払われてたら、

「支払いした後で、未承認のままキャンセルされちゃうじゃん!」

「マルチシグ垢を店側に見分けさせないと、今後の発展はない!!」

体験から僕は思ったわけ。

そんで、や~まだにそんなの作れたりするんかな?って聞いたら
多分その日のうちにUPDATEしてくれたんだとおもう。



こんな感じで、NEM総合アプリのTx情報にはマルチシグチェックが入ってました。

2018.1.24にzaifがマルチシグって言う発見しているんだね。


「この2日後にCC事件でマルチシグが有名になる!!」


その時にCCもチェックしていたらば、、、、、(何も変わらんかw


これnemketで使っていたんだっけなぁ???
それだったらば、nemketで山田のこと認識していても良いしなぁ。

ちょっとその辺りはあやふやだわ。
とにかく僕の中では、NEM総合アプリの人。
って感じでしたね。

その後僕がモザワンに誘うまでに何があったんかなぁ。

いぬっくすちゃんのイベント打ち合わせか?
どっかの飲み会か?う~ん、何だっけ?

とにかくDMしてました。
2018.1.30のことですね。


といったわけで、渋谷で山田と打ち合わせして、
彼は本当に頭がいいので、直ぐに具現化してくれました。

ねむぐまさん、それ可能ですよ。ってね。

と言ったわけで、
デザイナー
エンジニア
おじさん

が晴れて揃いました。めでたい。


◆モザワンの仕組み

ずいぶん前置きが長くなってしまったけど、モザワンってこういうことです。

■概要
⇒イラストモザイクNo.1絵師を決めようぜ




■どうやって?
 ・絵師で参加
  ⇒作品を運営に送るだけ!アポスティーユ&モザイク化は運営がします。
   ※参加者のハードルを下げるために、作家さんはいつも通り実力を発揮すればよい状態としました。
    ネームスペースは運営で取得し、モザイク名は作品順でmosaone:001、mosaone:002の様に連番にしました。
    作品をアポスティーユして、オープンアポスティーユして、モザイク発行して、紐づけて、、、
    大変だったなぁ。あぁ大変だった。。

1年後にまたびっくりした件。。。500円???



 ・投票で参加
  ⇒投票サイトで気に入った作品に、0XEM送金するだけ。下記参照
    1.作品をクリックすると送金QRコードが出てきて、そこに0XEM送金する
    2.送金すると自動的に、選んだ作品のイラストモザイクが返ってくる
      ※0XEM以外はイラストモザイクが返ってきません
       その理由は、モザイクが何かを購入したオマケの場合は問題ありませんが、
       モザイクという仮想通貨を1XEMで購入した。となると交換所的な扱いになりかねません。
       界隈に迷惑をかけないのが第一条件なのでそうしましたね。
       結果、0XEM以外は、モザイクが返ってこないようにしてたんだってさぁ。考えてるなぁ。

■投票数はどうやって分かるの?
 ⇒各モザイク100000000枚ほど発行している為、
  100000000 -「投票終了日の残数」=投票数 が投票数となっております。
  ※運営アカウントのアドレスは公開されている為、不正の余地はありません。
   ブロックチェーンに不正の余地はないのです。




■そもそもモザイクって何ですか?
 ⇒これを説明するために、こんな企画を事前にしてましたよ。




こんな感じで、イベント開催前から、
皆楽しんでくれて勉強にもなって、良いイベントだなぁ(手前みそうめぇ)

そんな中、かいとぅさんとトシ君とで、ニコ生公式に出演して
んで、モザワンのCMしてたんだなぁ。



その頃の若々しいワシらと言ったらこんな感じだよ。


  
    
僕の仕事はあと、
スポンサー様集めだね。

基本的に収入を得る作りにしていないから、どうにか賛同願わないと~って感じで
動きました。

ねみこんが作ってくれた完璧な企画書を手に、
みなさんにお伺いを立てましたらば、
拾う神ばかりですなぁ世の中。

沢山の方々が協力してくれて!!!!!!
本当にありがとうございました!!!!!

ちなみに運営のアドレスは公開されている∔マルチシグ管理の為
不正の余地は無い(クリーンでいいでしょう?)


そんな中で更に、協賛してくれたのが

・nembar(暗号太郎さん)

・nemcafe(トレストさん)

でした。
太郎さんにモザワンの話をしに行ったときに


「特別賞として、nembarに作品を飾れるってのは??どうでしょう??あの?その、、?」


「いいじゃないですか!やりましょう!」

と言ってくれましたね。

トレストさんに話をしたときには


「nemcafeに作品を飾れるようにしよう!どうかな?」


「おなしゃ~~~~~!!!!っす!!!!!!!!!」

って感じでございました。

良い時代だった何て言うのも嫌だから、何て言うんだろう
今も良い時代だけども、あの頃も良い時代だったんだなぁ。

点と点がちゃんと線になる感じがいいっすよね。
みんなやることは別々なんだけども、
NEMという共通引力で廻る、第3惑星的な何か。


毎日Discordでチーム連絡して、
頑張れ頑張れ!って励ましあってだ、

運営限界って頃に
nemstudentsで知り合った学生のあめちゃんが

Twitterの中の人になってくれたんだよね!
第4のmosaoneJKあめちゃん。(マジリスペだわ)



そんなこんなで、色々あって、
もうここまで読んでいる人がいないと思うから一気に行くけど

総投票数(総Tx数)

そうだ!2位3位が同率で、賞金ねん出するの本当に困ったんだった。
ぴょえぇええええ!!





そして栄えある、第一位は


どうだい?
最高だろう??
モザワンはいいだろう??







そんな感じでございます。
まだまだ思い出せば色々あるけども、
こんなもんでしょう。

すべては絵師の為に

とは言ったけどね

すべてはムンチャさんの為にだったってことはね
まぁ言ってしまうよね。




あめちゃん。最高でした。

ねみこん。らびゅらびゅ。

ヤマダ。疎遠になったけど、今も長崎にいるのか?元気か?

モザワン。以上これまで。ばーいさんきゅー。


前後の記事
nemの想い出~2018年の初め頃編~
|
次の記事はありません
Comment
ねむぐま
ねむぐま
2020-05-17 11:32:22ID:188042
>>
やそ

そうなんですそうなんです。
本当はTip的に何XEMでも自由に送れるスタイルにしようとも考えたと思いますが、
それってどうなんだろう?投票なんだからTIPとは違うし。
そもそも交換業になったらあかんし。
でもイベントの収入が無いと、給料も払えんぜ~。

なんて頭を悩ました気がしますw
でも今になっては、とにかくクリーンなイベントだったんだから
やっぱり良かったって思います!

ねむぐま
ねむぐま
2020-05-17 11:30:29ID:188041
>>
patapiron

キラキラ勢ww
確かに他のイベントはギラギラ勢だけど
みっこのイベントはキラキラしてましたね!!!
モザワン全作品モザ!!!!!!思い出した!!!!!
あれが世界で一番大変だったんだ。。。
地獄の作業だったんだ。。。そうだそうだ、、、笑

そうですね、こうやって
あの時ああしてって話が出来て
それを「あった!それな~」って言える人が全国にいる。
そんなイベントがあったら嬉しいですね!!!

やそ
やそ
2020-05-16 05:33:40ID:187869

モザワンのモザイクが所得云々にならないようにしていたとは!知りませんでした!

patapiron
patapiron
2020-05-16 00:28:02ID:187859

NEMDAYは「く~っ、キラキラ勢どもめぇ!」って思いながら
ネット上の遠くから、ツイートなどを指をくわえてみてました(笑)。
モザワンは全作品のモザイクが当選してもらえて嬉しかったのを覚えています。
Symbol後もこういうイベントが続いていく界隈にしていきたいですね。

この記事を書いた人
毎度!ねむぐま屋です! そいえば、今まで発信源がTwitterしかなかったので、ワイの活動をここに書くようにしてみます。