Gift history
Please access after login.


Wait a moment...

シンボルは目を光らせている ー 葡萄畑からワイングラスまで【記事翻訳】

939
0
2020-07-05 17:51:42
0.00 mXYM
(0)

ブロックチェーンを物流管理に使うアイディアについて、自分は「なるほどな、それは便利だ」程度の軽い認識でした。しかしグローバル化が進み国境を跨いで数多の商品が飛び交う現在、特に食品の安全については関心が高い方も多いのではないでしょうか。物流においては外国産だから、国産だからは問題ではありません。国産であっても、流通工程を確かめる術を私たちは持ちません。信用して購入し、口にするのです。流通工程を確かめる術を持たないことが問題なのです。農家さんや製造業者さんが正直でも、流通過程で偽物にすり替わっていたら? 購入する店舗で産地偽装がされていたら? 考え出したらキリがありませんが、この記事にあるようにシンボルを使った物流管理がされていたら、きっと自分が口にする食品について安心できるでしょう。信頼と信用が生まれるのです。

記事内では「中国で売られている1本35ドルを超えるワインの50%以上が偽物であるとされ、」と記述があります。ワインは特に製造流通工程において不正がされているのかもしれませんが、こういった不正は中国に限らずここ日本でも度々産地偽装など食にまつわる不正のニュースが報道されたりもしています。

 

「シンボルは目を光らせている − 葡萄畑からワイングラスまで」

「ワインを購入した最終消費者に最後の検証をしてもらいます。最終消費者が葡萄畑からワイングラスまでのループを閉じることで、究極の信頼と信用が提供されるのです」

 

記事を読み、シンボルブロックチェーンによって世の中がよりよくなる未来が想像できました。

 

以下が翻訳文です

 

 

Eliminating fraud and ensuring the authenticity of fine wine throughout the supply chain

不正行為を排除し、供給網を通じ高級ワインの真正性を確保する

 

 

 葡萄園や蒸溜所などの最も伝統的な部類のビジネスであっても、シンボルブロックチェーンを使い、業務を近代化できます

 

 NEMから産まれたシンボルは、超高負荷状況下でも作動するように設計され、企業向けのブロックチェーンとして開発されました。例えば、製品追跡アプリケーションや生産流通網など、秒間で高速大量なトランザクション処理を必要とするネットワークです。

 

symbol_blockchain_wine.jpeg

 

 シンボルを構成する要素には、PoS+コンセンサスアルゴリズム、ハーベスティング、アグリゲートトランザクションが含まれ、複数人の署名を必要とする取引の処理や非中央集権促進、複数アセットの交換・取引を可能にします。

 

 ワインのような一貫した製品情報の検証性が成功の鍵となる分野で事業を展開する企業は、干渉を恐れることなく自信を持って生産し、流通工程を最適化し、世界中へ届けることができるようになりました。

 

 

シンボルは目を光らせている − 葡萄畑からワイングラスまで

 

 

 物流と高級ワインは、しばしば搾取に対し無防備でした。数多くのすり替え、盗難、偽造、すり抜け。これらの事例は全て、世界中で資産クラスとして扱われる超高級ワインの信頼を、受給両者において損ない、生産者は何百万ドルもの損失を被っています。

 

 

 最近の Forbes 記事によると、中国で売られている1本35ドルを超えるワインの50%以上が偽物であるとされ、ワイン詐欺は「流行病」と記述されています。中国だけでも1時間に3万本の偽ワインが販売されていると推定されています。

 

 シンボルは葡萄農家や生産者が各製造流通過程で原材料や製品に何が起こっているかを検証できるようにし、ブロックチェーンを用いて葡萄畑から追跡し続け、すべての重要情報を公開して、ワインの真正性を強固にします。

 

 この仕組みには一般的な流通工程や製品情報を含めることができ、各ワインボトル、木箱やコンテナは、製造年や葡萄畑が刻まれたシリアルナンバーで追跡され、詳細はブロックチェーン上に記録されます。これにより出荷されたワインが本物であり、輸送工程のどこにおいてもすり替えられていないことを確認することができます。

 

 データの機密性を保つことは重要ですが、工程に関わる人の数が多いとき、ハイブリッドブロックチェーン技術を使えば、重要情報はプライベートチェーンに載せて、流通工程に関わる必要な者に機密データを共有できるようにすることも可能です。シンボルは “if / then” パラメーターを使うことにより、使い捨てスマートコントラクト機能を搭載することも簡単にでき、バイヤー、流通業者、販売業者などに工程における重要段階の都度にプロセスが完了していることを保証できるのです。

 

 ワインの流通は国や大陸をまたぎ大量に輸送されるため、最終目的地に到着する前にすり替えられてしまうことがよくあります。生産者は真正性の検証確認のために使い捨てスマートコントラクト機能を使用して、輸送中のワインの品質を確認した上で決済がなされるよう設定することができます。

 

 これによって流通工程に関わるすべての者に最高基準の責任を維持することが求められ、シンボルでは積み荷の番号、必要であれば大量に出荷された各ワインボトルをスキャンすることで、工程が定められた手順で行われているかどうかを確認できるのです。また、このプロセスはそれぞれ関わる者がそれぞれの製品の信ぴょう性を独自に検証できるため、小細工による流通の中断や偽造品が流通する可能性を厳重に妨げます。

 

 シンボルは膨大な数のマイクロトランザクションを高速で処理することができ、アグリゲートトランザクション機能においては、複数の当事者を含むグループトランザクションを一括処理することもできます。葡萄農家や生産者は、リアルタイムで検証できる最先端のブロックチェーンに支えられ裏付けられた包括的金融契約を結ぶことができるようになり、また、マルチシグアカウントを使った時差払いの活用もできます。

 

 

拡張されたシンボルエコシステムにすべての人を

 

 

 検証プロセスを、小売業者や消費者にまで拡大することができますので、製造流通工程全体で最高レベルの透明性を確保できるのです。

 このアプローチは、一般消費者にもメリットがあります。コミュニティが開発したDAppsは、ワインの最終消費者が真偽の確認をすることにも役立ちます。

 サードパーティー開発者によって作られた、シンプルで公立的なKYC DAppsは、ワインを購入した最終消費者に最後の検証をしてもらいます。最終消費者が葡萄畑からワイングラスまでのループを閉じることで、究極の信頼と信用が提供されるのです。

 

 

シンボルは物流工程の安全性と持続可能性を保証します

 

 

 物流業界では、すでにブロックチェーン技術を取り入れようとしている先進的な企業や組織が数多く存在しています。農業、医薬品開発、食品製造などのプロジェクトでは、ブロックチェーン技術の活用によって日々の業務を近代化し、製品の真正性を維持、検証する能力を向上させています。

 NEMから産まれたシンボルは、既にNEMのエコシステムによって培われた技術とイノベーションによって構築されています。これによりシンボルは、持続可能なブロックチェーン技術によってビジネスを支援する強固な基盤として機能することができます。シンボルは機能性、セキュリティ、使い勝手の良さを兼ね揃えていますので、企業に世界規模の可能性を創造します。シンボルはビジネスの実務的問題を解決し、コストや煩雑さを軽減して、ビジネス運用上の課題克服を手助けします。

Writer
日常をRadioのように垂れ流し。最近翻訳ばっかり。

Login required to post comment
Loading...
https://symbol-sakura-16.next-web-technology.com:3001,https://symbol.harvest-monitor.com:3001,https://hideyoshi-node.net:3001,https://harvest-01.symbol.farm:3001,https://criptian-xym-node.net:3001,https://35665.xym.stir-hosyu.com:3001,https://yuna.keshet.finance:3001,https://keshet01-symbol-paradise.com:3001,https://keshet03-symbol-paradise.com:3001,https://keshet04-symbol-paradise.com:3001,https://cryptocat-xym-node.com:3001,https://misaki-xym.com:3001,https://ik1-305-12844.vs.sakura.ne.jp:3001,https://17107.xym.stir-hosyu.com:3001,https://23639.xym.stir-hosyu.com:3001,https://sym-main-01.opening-line.jp:3001,https://sym-main-02.opening-line.jp:3001,https://sym-main-03.opening-line.jp:3001,https://sym-main-04.opening-line.jp:3001,https://sym-main-05.opening-line.jp:3001,https://sym-main-06.opening-line.jp:3001,https://sym-main-07.opening-line.jp:3001,https://sym-main-08.opening-line.jp:3001,https://sym-main-09.opening-line.jp:3001,https://sym-main-10.opening-line.jp:3001,https://symbol-node-01.kokichi.tokyo:3001,https://50038.xym.stir-hosyu.com:3001,https://27423.xym.stir-hosyu.com:3001,https://angel.vistiel-arch.jp:3001,https://xym.stakeme.tokyo:3001,https://00-symbol-node.yagiyoshi.com:3001,
6BED913FA20223F8,051FAEC15105C808,73019335A785A3AE,5289A9B0DBB7EB25,6B245EAF1302E444,2C4A4893229DD0A9,