Gift history
Please access after login.


Wait a moment...

郵便局からNEM(デザイン)切手が承認された話とNEMウォレットアドレスの活用概念をいったん捨てたら見えて来たもの

2720
15
2020-07-11 14:59:06
0.00 mXYM
(0)

郵便局からNEM(デザイン)切手が承認された話

こんにちは!matsunoです。下記企画の続きとなります。

 

 

 

思い付きで始めた現物切手作成計画ですが、今週末郵便局オリジナル切手作成窓口から連絡があり結論から言うと発行承認が下りました。(今回は40枚発行します。)

その時に少し驚いたのは、電話窓口担当からいくつかの質問を受けたのですが、ちゃんとNEMを調べた上で電話がかかってきたこと

(普通のことかもしれませんけど、私は予備知識なしに確認作業が行われるものと思っていたので)

 

今後の参考のためになるかもしれませんので、どんなやり取りがあったのかメモしておきます。

 

 

ーー東京の固定電話番号から電話がかかってきたーーー

M「はい。matsunoです?」

窓「こちら、郵便局オリジナル切手発行窓口の担当Kと申します。」

M「!!ああ、こんにちは。お電話ありがとうございます」

窓「今回、オリジナル切手のご注文有難うございます。切手作成の前にいくつか質問があるのですがよろしいでしょうか」

 

※オリジナル切手発行にはいくつかの約束事がある(今回はNEM日本の窓口に確認を取りました。)

(3)
利用者は、本サービスの利用について、申込画像に含まれる者の同意※を得ていただきます。
  • 「申込画像に含まれる者の同意」とは、申込画像を二次利用してオリジナル切手を作成すること及びその者に係る第1号の情報を当社が本利用約款の定めるところにより利用することに対する同意を指します。申込画像の撮影に同意していても、オリジナル切手の作成及び同号の情報の当社による利用に同意していることにはなりません。
(4)
利用者は、前二項に規定する同意を得た事実を明らかにすることができる資料を提出していただきます。

 

窓「まず、切手のデザインの画像についてですが、仮想通貨NEMのデザインですね。こちらの著作権に関して許可は

  とっていますでしょうか?」

M(・・・なん・・・だと・・NEMを知ったうえで質問しているだと!?※失礼)←テンション上がる。

M「はい。大丈夫です。(喜)」(Twitter経由で確認してます。)

窓「ありがとうございます。もう一つ。切手にデザインされているアルファベットの並びがありますがこれは何でしょうか?」

M(そこまで確認するんですね。)

M「こちらのアルファベットの並びは暗号通貨NEMのウォレットアドレスとなります。」

窓「ウォレットアドレスとは何ですか?

M「暗号通貨NEM固有の財布のアルファベットとなりますが、今回は切手発行年月日を証明するために使用しています。

  このアドレスは世界に1つしかありません。」

窓「matsunoさんが作られたものですか?」

M「はい。私がウォレットアドレスを発行しました」

窓「はい。ありがとうございます。こちらの切手に関して発行可能ですので、注文手続きに移させていただきます。

  納期は約3週間となります」

 

ーーーとこんなやり取りをしました。他QRコード切手に関しても細かい質問がありましたが。

(印刷物で読み込みできない可能性もあること等)7月の4週目には届くそうです。(よかったよかった)

 

今回発行するNEMオリジナル切手イメージはこんな感じです。テンション上がりますね!

 

以下、景品パッケージ内容を詰めていきます。

(まだ30名には達していませんので前回ページにて欲しい方はコメントくださいませ。)

 

 

 

NEMウォレットアドレスの活用概念をいったん捨てたら見えて来たもの

 

NEMウォレットアドレス(nemlogで初めに発行した投げネムを入れる場所等)に関して、

私は基本NEM(XEM)を入れて買い物したり投げネムしたり、モザイクを貯めてみたりするという考え方が今まででした。

今回は、NEM(XEM)を入れるための場所という考え方から、物質と紐づけるためのタグという考え方に転換させています。

 

そうすると、いろいろ応用ができそうに思います。

例えば、今回のイベント景品ですが、以下のような効用があるのではないかなあ。

 

景品パッケージ(以下景品セット)

オリジナルNEM切手+オリジナルNEM切手ウォレットアドレスQRコード切手

箱、内容物(天ぷらスワンさん謹製キーホルダー、オリジナル切手画像をアポスティーユした証明書印刷物)

 

オリジナル切手用のウォレットアドレスは今回のイベント景品のタグの為だけに使用。

景品セットを送付した、各NEMウォレットアドレスを持っているユーザーに対して

0XEM送信で、メッセージを添付する(添付内容は、送付日時、パッケージ内容とし、個人を特定できる情報は載せない)

 

時間の証明

0XEM送信されたメッセージを含むトランザクションは、トランザクション日時とメッセージ内容日時と紐付けられる。

郵便局から送られた切手に押される消印により、送付日時が証明できる。

消印、トランザクション日時、メッセージ内容日時それぞれが相互に時間証明となる。

万が一複製する者がいたとして、3つの日時をリンクさせることは不可能であると考える。

 

ネームスペースを利用しない理由

ネームスペースは毎年レンタル更新があり、今後NEMの価格が大幅に上昇してしまった場合、純粋に更新を忘れた場合、

発行者が寿命により不在になった後の場合等、長期的に保有する「モノの証明」の場合、疑念が残る。

 

モノの流通の明確化

ウォレットアドレス、関連付けるモノを1対にし、それ以外に使わないことに関して以下のような活用が考えられる

今回最大30個の景品セットを送付するが、送付対象者がNEMウォレットアドレスを持っている場合、もしくは作成した場合を

前提として、

①景品セットのウォレットアドレスから、各対象者NEMウォレットアドレスに0XEM送信

⇒送付対象者に対して、日時、送付内容物の履歴が半永久的に残る(NEMが無くならない限り)

⇒景品セットウォレットアドレスからいつどのアドレスに送ったか、いくつのアドレスに送っているかが明確になる

 シリアル番号の代価として扱えるのではないか

⇒また、各所有者は他所有者のウォレットアドレスが解るので、共通したモノを所有しているコミュニティーを作ることができる

 (※個人情報を調べることなくその気になればできやすい)

 

コピー品の判別

①時間が経過し、何らかの価値を持った場合

⇒第三者、もしくは受け取りたい者は景品セットのNEMウォレットアドレスから、実際所有し譲渡したい所有者のウォレットアドレスを確認することにより当時の事実関係を確認することができる

②コピー商品が出回ったとき

⇒切手に掲載しているウォレットアドレスから景品セットを所有しているウォレットアドレスを割り出し、実際に

 ウォレットを再作成してもらうことで判別可能である。

 

他別事例として考えうること

想像1

これら法人もしくは個人=モノとして置き換えた場合(法律に問題あると思うが)

法人もしくは個人とNEMウォレットアドレスを1対にする(言ってみれば法人番号のNEMバージョン)

方針、ビジネスモデルを明示し応援者を募る

応援者はできうる範囲でメッセージ、投げ銭等を行い、法人もしくは個人は経済活動により利益が出た場合

NEMを通じて各応援者NEMウォレットアドレスに対して利益余剰分を還元する

株主総会は年1~2回であるが、この方法の場合毎月還元するといったこともできうるのではないか。

 

想像2

超少量生産品に量産品にはないサービス価値を創ることができる。

個人で作成する美術工芸品(例えばガラスコップ、カフスタイ、レザー製品等)

にNEMウォレットアドレスを1対で紐づけることにより、商品がいつ造られ

どのタイミングで修理、リペアしたのかという記録を書き込むことにより、

所有者、作成者ともに情報を共有できる。

トランザクションの時間軸により、従来のデータベースソフトとは異なったものの分析方法が

できうるため、あたらしいマーケティング手法が生まれるかもしれない。

ただし、トランザクションのために細かくコストが発生する為、

価値の薄いものや大量生産品には向かないと思われる。

 

 

と、まあ、こんな感じで活用できそうだあと思いました。

Writer
その時の気分で記事書いてます。

Comment
Login required to post comment
Loading...
https://symbol-sakura-16.next-web-technology.com:3001,https://symbol.harvest-monitor.com:3001,https://hideyoshi-node.net:3001,https://harvest-01.symbol.farm:3001,https://criptian-xym-node.net:3001,https://35665.xym.stir-hosyu.com:3001,https://yuna.keshet.finance:3001,https://cryptocat-xym-node.com:3001,https://misaki-xym.com:3001,https://ik1-305-12844.vs.sakura.ne.jp:3001,https://17107.xym.stir-hosyu.com:3001,https://23639.xym.stir-hosyu.com:3001,https://sym-main-01.opening-line.jp:3001,https://sym-main-02.opening-line.jp:3001,https://sym-main-03.opening-line.jp:3001,https://sym-main-04.opening-line.jp:3001,https://sym-main-05.opening-line.jp:3001,https://sym-main-06.opening-line.jp:3001,https://sym-main-07.opening-line.jp:3001,https://sym-main-08.opening-line.jp:3001,https://sym-main-09.opening-line.jp:3001,https://sym-main-10.opening-line.jp:3001,https://symbol-node-01.kokichi.tokyo:3001,https://50038.xym.stir-hosyu.com:3001,https://27423.xym.stir-hosyu.com:3001,https://angel.vistiel-arch.jp:3001,https://xym.stakeme.tokyo:3001,https://00-symbol-node.yagiyoshi.com:3001,
6BED913FA20223F8,051FAEC15105C808,73019335A785A3AE,5289A9B0DBB7EB25,6B245EAF1302E444,2C4A4893229DD0A9,63509D495CAD7B80,481D74291A71FD1F,009388A38C91A8B2,4E94920841641B77,027C6AD49DE2C9F9,29FCA5D3092205EC,56085AD9FCE150AC,7D47EE5423795E68,1FCD7C6B47C7AC5C,34F165131675B97B,2277A3D3C939E3BD,1BEE7E51C52B9E4C,7DE0FA227D5C284A,69C715D2F4E80338,5CF9D768B02E51EA,5B96E6496754C18E,35584939456EE19C,430AB6F115D709C5,202FC8C6762F1286,1DA6F5986C56CAB4,77F0C0918BDDCA75,05D935AB3DBBBDA7,3AB05B7B3373067F,383EEBD409479BDD,282E5F730EEF0F3C,108AFF21E54B77EB,0C4AAE8E82E054FD,18964001EF89D687,15BDE2DDF36FE763,01E2769C92FFB187,427C7F0474B2170B,3F2EEE17968715D5,6C0AFBA20EEBF08B,22975F2097F16D15,2A30D04FF35E8641,03ACEC4F51A71804,5235C4249928922B,2BFEB24F70B91041,741320E728843965,7C4E97850A863208,0586FF7E5ED1C680,606432C50BDE4EB5,15A6AD5E5ED6AC0E,59932634EDBF2A21,5E4F05ED77C64434,71C79278A325FF67,616EC15DE7D641A0,25C2DAB4FE687CBE,3D78B91922741293,5DC4B8DCDC4D3098,2693037B1881D5FA,178FE008F5DCE797,174A93DA9B651FBD,128B2CD071838D3E,1F5630200C5A6025,43449FF761B3DD67,4B20F46C289CA548,35DBA0A70A96615F,78CE44A425CD4514,37179FDE046FE7F2,1739E47C99BAF114,0F3B4A0F2E58703B,3C41561BE3DF7461,2AF0FBFEBF29231F,74CD75720BA4F553,1A5229DC90802C6C,0D2888CD0CBB78EE,2558F02FE439C78F,5DDD07C51EC896A7,437B094116B91BF3,6C9E7CFE33220C8F,38E1C92F412FCA96,2FB263845F59AF82,28C3C38B84138804,659821D4511185A7,7C6095DA82D3E981,70ADA95932385F9F,0BE6C51AD316BF2B,78E6ED1B6C05FD98,39534A8DFD9C0F1E,1BAF1FE1AAF90CD0,6782B8D9162D0C12,5EF22919F6EA15F7,04A3F3F5C088626A,7484B044AC8EF734,305B0ECE763A1E81,08738DB598D0BA37,6F4018163AC51F88,46650CE0C72739A8,0208FCB9186781E5,4E685399C9F8C991,77DB7D348B042A18,578ED7B270B43E64,0B34212023AA5139,479CEDAEE6FAC642,4266458B86437B4B,1F7022D092066B94,0CA28E24CB575AA6,4DCC3C025CDC0BB8,1BD05266C7410EE1,45C46BC710C187AF,7CC2C672543CA102,555BA3719D30D3B9,75C4079CCCCF3E82,66C98D947EAC56FB,1C041AB88A8D222B,79C13E9FE7DA49AB,54D872B5DB378F52,5C97B2414157B039,31E7A64CFF778586,1DFD11EEDA4662C4,18506C180280D8AB,02E95DB8811B3F7A,2D289599AF071703,17EA80052AF590B0,5239AE78AA9011CC,6B6511925501765B,2730974F2D11E9FA,08AB4E53E95E417E,1D0DD379C8C4BA49,26EE7E07E1255FAB,015FABE3F602FA91,366D7D6540335156,2D1E8E73B9F09391,043694AD272BCEBA,064335A213099492,3C40AE05D9758591,71C4BCA24A2FA6C1,20170ABD32244B78,74EBE4C9FD9C3BC8,713583F712D574FA,7C05BBBD486CF544,634D5A328A659C41,2DA0EC8CA32B7CE6,4D0ECC9F6F70D67D,7426EE72B3DFD620,3C3E58B64A8CD43C,5007CF79DF192FB2,1531F39F1B0AA8C3,5D1E928E7902404F,74599424DE012A19,52F96AC0043B02D8,0C694031CFC22C84,03D6EE58174D16DD,054B071E97323D54,2B58942A0A9D3908,7FE10DF86F32776F,1A08F9B88AE4CCF9,03CB7A99E6F6F65A,2F0BAAAD886013B2,7D8FF6C570E909C3,237ACBD2073D7C22,29498519D19B27CF,03E85F9F15A92D27,62B4F899B6DADDFF,6649A6F82740775E,1FA7CAD8017C3045,5FFB7126DD87CC5B,07039874D46F8B44,3391DD8105AD0C82,56C97E544EA9C149,6103DBFFA022249B,41E9771D99FF96A5,65CF7BE26FC7BF56,789063B9FDA7D02B,3EE026A17E4D1895,44B13D3F4EEB8AC9,248AAD9D9E2C1984,0CEDE2DEDDB4832F,5DFE51E2C6617CA4,4FAE3B092339A328,03B7E30D264E586B,3B5B8D2389EEB8C9,0058930348E8DA39,43C44AE173D50661,16E0B9B56763A2A6,43B05E6CCD87A765,33276E3A53106C11,24F35BCEA31E9AFB,49320DB27BA10BF5,01B69528B052EFA3,21C3025E1B2B9D3C,613FFCD9027A73D9,79A5BC34AE8B6314,35BFF98EA19690D4,156CDDD2D6791814,6E4E5A6C8F1ECA31,21BCF4CD26C307FF,15F6E07EAC6D5186,71A24162BA611651,0EDC8542160D8DAA,771BAE5451E881A8,1E47CA21337876B5,7688DC299D77C545,1166391DB32354A4,6A0AF7328EBBE113,38E48122C0FC8BCF,484874B2C669D6E1,4EF142A5D00BDA63,0508049897379E24,50B28C0858AE222C,75F2674CEE45E919,2F0DC3D306469BF9,5A86884742F89C7F,78F0F31776134860,1576EB985E541EA9,17D9C6FCB4FAB2A0,6B2E9EAF2632AEC8,007050CE9F59E77C,5D88028B3A9E633A,554191B46C16E4C4,5A0E1268E65E99F2,41A67647778AEA4D,7EADDBC2119EADA0,3D4235EB6FC9247D,5D25658948613563,5629D816678CF8FC,48A147A7F34C0131,46DF1D828736AFE1,748D83A906C897E4,