Wait a moment...

NEM活 #9 記事翻訳 SymbolはNEM NIS1の良さを活かし、専門性の高いサービスを提供します。

nem0.00xem (0)
157
0
2020-07-20 15:13:36
NEM活 #9 記事翻訳 SymbolはNEM NIS1の良さを活かし、専門性の高いサービスを提供します。

nemのオフィシャルサイトに新しい記事が挙がったので和訳しました。

SymbolがNIS1の優れた点をどのように活用しているのかを見てみましょう。

以下和訳。

NEMは2015年の発足から、コミュニティ参加と技術革新に重点を置いた先駆的なプロジェクトとして誕生しました。これにより、初期のNEMコミュニティは、有能で情熱的なブロックチェーン愛好家のグループの集まりとなりました。そのコミュニティは現在5年以上の歴史を持ち、NEM NIS1は最も確立されたブロックチェーンネットワークの1つに発展し、社会的、商業的、技術的にも多くの成果をあげてきました。

 

まもなく発売されるSymbolブロックチェーンは、これらの実績に基づいて構築されており、企業のニーズに直接対応した使いやすく、高度にカスタマイズ可能で技術的に熟達したブロックチェーンプラットフォームを提供しています。

 

NEM - イノベーションの歴史(NEM - a history of innovation )

設立以来、NEMは数々の技術的ブレークスルーを開拓し、ブロックチェーン技術の新たなベンチマークを打ち立ててきました。 これらのベンチマークの中には、リソースの多いProof of Work (PoW)アルゴリズムの代替となるPoI (Proof of Importance)コンセンサスメカニズムの確立や、より効率的ではあるがやや欠陥のあるProof of Stake (PoS)アルゴリズムの確立などがあります。

 

PoIのコンセンサスメカニズムは、各口座に重要度スコアを割り当てます。各口座に10,000の既得XEMがあり、過去30日以内に何回か送金を行っていることが求められます。これは、ネットワークの相互作用の健全なレベルを維持し、より活発なネットワーク参加者に報酬を与えるために必要です。

 

さらに、ハーベスティングと委任ハーベスティングは、ノードがブロックを計算してブロックチェーンに追加することができる無料の革新的な機能です。NEMでのハーベスティングは、デスクトップウォレットを介して誰でも参加できるようにもなっています。

 

さらに、ウォレットはファイアウォールに隠れて、ローカルネットワークを介してNISに直接接続することができます。

 

「オフライン」でネットワークに貢献する能力は、ネットワークのメンテナンスとガバナンスに関して新たな可能性の世界を開き、NEMはこれらの開発の最前線にいます。

 

NEMはまた、最初のブロックチェーンベースのマルチシグソリューションを開発し、暗号化されていない16進数のメッセージングを可能にする暗号化されたメッセージングソリューションを早くからユーザーウォレットに組み込んでいました。

 

また、NEM NanoWalletはフル機能のデスクトップウォレットであり、アカウントホルダーは投票、ハーベスティング、マルチシグ、アポスティーユなどの様々なネットワーク活動に参加することができます。さらに、ナノウォレットでは、ネームスペースの作成、モザイクの作成と転送が可能です。

 

Namespacesは、NEMのエコシステム内では再現できないブランドや一種類の識別子を誰でも作成できるようにするユニークな命名規則です。ユーザーは、複数のサブネームスペースを作成して、製品やサービスを表すために使用することもできます。

 

また、Mosaicsの開発は、エコシステムを前進させるのに役立ち、アセットを様々な方法で作成できるようにしました(すなわち、変異可能/不変、キャップ付き/キャップなし、分割可能/非分割)。

 

Mosaicsでは、コイン、デジタル文書、音楽、アートなどのスマートアセットを作成することができ、これらの機能はNamespacesネーミングサービスの一部として利用されます。Namespacesを使用することで、組織はNEMとブロックチェーンの不変性に支えられた、識別可能なブランドを簡単に構築することができます。

 

見ての通り、NEMプラットフォームの技術力の高さは、コミュニティを巻き込み、より大きなブロックチェーンコミュニティの境界線を押し広げるのに役立っています。また、技術的な発展により、NEMはビジネスオーナーが経験していた「痛点」を直接解決するブロックチェーンをベースにしたサービスとなることができました。

 

Symbolは、多くの必要とされるソリューションを提供します(Symbol provides much needed solutions)

Symbolは、NEM NIS1の関係者全員で開発を進めてきたものをベースに、多くの改良を加え、現代の企業のニーズに直接対応したきめ細かなサービスを提供します。

 

Symbolの技術の積み重ねには、モザイク、ネームスペース、スマートアセットの発行におけるさらなるイノベーションが組み込まれています。これらの改善により、Symbolは幅広い分野の組織に効率的なサービスを提供できるようになりました。

 

例えば、Mosaicsの開発により、あらゆる種類のクリエイターが、保存や取引が可能なNon Fungible Tokens (NFTs)を作成することが可能になります。

 

NFTは、各トークンやアセットが「一度限りの」のデジタルクリエイションを表しており、デザインによってユニークなものとなっています。これらのクリエイションは代替可能ではないので、XEMと同じように交換することはできません。例えば、1 XEMは1 XEMを普遍的に表しています。NFTは、クリエイターがアート、トレーディングカード、ゲーム、ゲーム内のクリエイションをデジタル化し、デジタル資産と暗号収集品の新しいクラスを作成することを可能にします。

 

SymbolはMosaicsに多くの設定変更を可能にし結果として、クリエイターが望むように作品をカスタマイズする能力を提供し、独自のマーケットプレイスを開発するのに役立ちます。これらの機能により、ギャラリーなどの従来の小売店は、デジタル登録や資産や製品の所有権の証明を可能にする使いやすいプラットフォームを利用することができます。

 

さらに、モザイク制限や検証・設定に関する豊富なオプションなどの改善により、組織はSymbolを使用して独自のセキュリティトークンを発行できるようになりました。厳しい検証要件を設定することができるため、規制に準拠したセキュリティトークンを発行するには、トークンを持っている人がチェーンの検証プロセスを通過する必要があり、その確認がチェーン上に保持されます。

 

さらに、現在進行中の Aggregate Transactions での作業により、様々な当事者が関与する複数のトランザクションを、単一の外部トランザクションに包まれた「all-or-nothing」なトランザクションのバッチで処理することが可能になりました。これにより、グループ内のすべてのメンバーがそれに応じて行動する場合にのみ取引を処理することができ、ピアツーピア、マルチパーティの資産スワップまたは取引の範囲を容易にすることができます。これらには、グループローン契約、寄付、募金活動、家族献金などが含まれます。

 

マルチレイヤー・マルチシグネチャーアカウントの導入により、取引の承認や資金の安全な保管に関して、さらに洗練されたセキュリティを実現しています。

 

その先にある道(The road ahead)

これらの技術革新の結果として、Symbolは、トークン化分散型金融(DeFi)のような今後数年間で重要性が大幅に成長するように設定された新興セクターの組織や起業家のニーズに直接対応しています。

 

同時に、Symbolは、様々な分野のあらゆる規模のビジネスのニーズに対応し、ブロックチェーン技術の実用性と使いやすさをもたらすように設計されています。これは、企業が簡単に最新のデジタル化された検証システムを日常業務に組み込むのに役立つ「one off」または1回限りの使い捨てのスマート契約を作成するためにSymbolを使用する能力によって説明されています。これらのスマートコントラクトは、小売、製造、データ管理、KYC検証、サプライチェーン管理などの分野で横断的に使用することができます。

 

これらのイノベーションにより、Symbolは伝統的な市場と新興市場の両方で前向きな企業にソリューションを提供することができ、関係者全員のための明確な道筋を明確にするのに役立ちます。

この記事を書いた人
孤立はしているが、誰にも迷惑をかけない男。それが一匹ヒツジ。 嫁さんと猫二匹の家庭。 社会の大海原をちっこいイカダで漂うように生きています。風が吹いたら飛んでしまうニート生活をしています。 誰か助けて下さい。