Gift history
Please access after login.


Wait a moment...

【NEM HUB記事】WanaPiで100トランザクション/day以上を達成する方法【WanaPi応用編】

933
4
2020-09-01 17:51:04
0.00 mXYM
(0)

前記事で、WanaPiを使った勤怠管理と体温管理について説明しました。ひとりでやっている限り、一日に数トランザクションがやっとです。でも、100人が毎日体温を測れば、100トランザクションを達成できますね。企業に採用してもらって、出勤、退勤時や、制限エリアに入室するときにも社員全員ピッとやってもらえば、トランザクション数は大きく伸びるでしょう。そこで、「SYMBOLのトランザクションを1日100件増やすアイデア募集」に応募するために記事を起こすことにしました。


さて、「できる」というだけでは、実際に100トランザクションを発生させることにはなりません。今回は、WanaPiをDIY(Do It Yourself)で作る環境を提供し、100人に「作って」もらうことでトランザクションを生み出す方法について、もう少し具体的に考えてみたいと思います。ただし、この記事ではまだDIY WanaPiの作り方は述べません。アイデアのみです。Symbolで動くWanaPiについては、完全版のSDKのリリース後に、制作記事としてネムログ連載をしたいと思っています。

DIYに適したデバイスとは?

 

DIYを広めるということは、WanaPiデバイスを多くの人に作ってもらわないとなりません。そのためには、材料の値段が大事。そこでWanaPiは、1万円でDIYを目指します(ネムギルドイベント参加記事)。イベント記事では、バックアップ用バッテリーやケースがついていますが、これらはなくても動きます。要はバーコードリーダーとラズパイだけあればよいのです。

 

 

これは、実際に職場で稼働しているWanaPi2デバイスです。ラズパイゼロに市販のバーコードリーダーを挿しただけですので、これなら1万円以下で作れます。

 

ラズパイの選択肢

 

現在、ラズパイには安価なものから高性能なものまで、いくつものバリエーションがあります。

 

こちらの記事では、ラズパイ4を勧めていますが、WanaPiに使うならラズパイ3B+が良いと思います。なぜかというと、zeroのマイクロUSBには、市販のUSBバーコードスキャナが接続できない(アダプタが必要)。4だと、マイクロHDMIという規格なので、普通のHDMIケーブルが挿さらない。そしてこれらの小型コネクタは抜き差ししているうちにこわれる。つまりケーブル類が手に入れやすく、壊れにくいというのが3B+を推薦する理由です。もちろん、WanaPiはzeroでも4でも動きますので、小型で省電力にしたかったらzeroに、Blynkなどのサポートアプリも動かしてより複雑なことをしたかったら4を使うなど、ニーズに合わせて選べるようにします。昨年発表になった、Pi zero2 Wは、これらのさまざまな問題を解決することができる性能を持っていますが、世界的な半導体不足と技適の問題で、まだ日本では入手できません。早く使ってみたい。

使いたくなるようなユースケースを考える

 

これまで実用化できたWanaPiのユースケースは以下のようなものがあります。これらは実際に僕が使ってみたものです。

  • 制限エリアへの入室記録
  • テレワークにおける、労働場所と時間の記録
  • コロナウィルス感染症対策のための体温管理
  • トイレに設置して排泄時間を記録

それ以外にも、

  • 体重や摂取カロリーの記録
  • 一日に歩いた歩数
  • 自動車やバイクの燃費管理
  • 子供のゲームや勉強時間の管理
  • 睡眠管理

など、いろいろ考えられると思います。多くの人に作ってみたいと思ってもらうためには、考えてみるだけでもワクワクするようなユースケースをたくさん提案していくことが大切だと思っています。

 

 

例えばこれは、BlynkというIoTアプリ開発環境を使って、iPhoneで体温を記録できるようにしたものです。体温計そのものにWanaPiを組み込めればもっと良いのですが、テルモやニプロじゃないと無理です。でも、こういうのが実際に動いているのを見れば、これらの会社の技術者が興味を持つかもしれません。体重管理ならタニタ、燃費管理なら自動車やガソリン、カーナビ企業などにアピールするはずです。

 

Symbolならできます

 

企業によるユースケースがなぜNEMのNIS1ではあまり広まらなかったかというと、トランザクションの容量問題がありました。みんな電力さんがテスト段階で作り出した数万トランザクションによって、NIS1の毎分120のスロットは埋め尽くされてしまいました。SymbolはNIS1の40倍の容量があると言われています(設計上の限界はもっと高いと思われます)から、企業によるProof of Concept(PoC)検証にも十分に耐えます。これが、Symbolがエンタープライズにアピールできるポイントになります。

 

趣味のDIYで作ってみたら面白いものができたのでブログに書いてみた

企業の技術者の目に留まる

企業によるパブリックチェーンでの大規模実証実験成功

プライベートチェーン構築でサービス開始

日本がIoT大国になってみんなWanaPi!


以上、アイデア記事としてはちょっと長くなりましたけど、Symbolがどのくらいすごいのかというのが、少しは伝わりましたでしょうか。Symbolの正式リリースが本当に楽しみです。

 

目指せ北海道


追記(2022/5/20)
CellPi(細胞トレーサビリティデバイス)の開発進行に伴って、単機能バージョンであるWanaPiがSymbol/dHealthに対応したWanaPi2に進化しました。操作はバーコードをスキャンするだけ。トイレに設置して、しずいトイレットなんてものも作ってます。ビューワーも専用のものもを開発中。残るはトランザクション手数料への課税問題。マイクロペイメント非課税法案、日本でも誰か出してくれませんかね。

Writer
歯の神経の中にいる「歯髄(しずい)細胞」を再生医療に活用するための研究をしています。再生医療の実用化に足りないものは細胞のトレーサビリティだと気づき、Symbolのブロックチェーン技術を使って、細胞の流通や製造管理のための「ShizuiNet」を開発中。現在、実用化のための大学発ベンチャー起業を準備しています。しずいノード(symbol.shizuilab.com)を運用しており、委任ハーベスト収入は研究開発費として使わせていただきます。下記リンクからノード実績を御覧いただけます。

Comment
Login required to post comment
Loading...
https://symbol-sakura-16.next-web-technology.com:3001,https://symbol.harvest-monitor.com:3001,https://hideyoshi-node.net:3001,https://harvest-01.symbol.farm:3001,https://criptian-xym-node.net:3001,https://35665.xym.stir-hosyu.com:3001,https://yuna.keshet.finance:3001,https://cryptocat-xym-node.com:3001,https://misaki-xym.com:3001,https://ik1-305-12844.vs.sakura.ne.jp:3001,https://17107.xym.stir-hosyu.com:3001,https://23639.xym.stir-hosyu.com:3001,https://sym-main-01.opening-line.jp:3001,https://sym-main-02.opening-line.jp:3001,https://sym-main-03.opening-line.jp:3001,https://sym-main-04.opening-line.jp:3001,https://sym-main-05.opening-line.jp:3001,https://sym-main-06.opening-line.jp:3001,https://sym-main-07.opening-line.jp:3001,https://sym-main-08.opening-line.jp:3001,https://sym-main-09.opening-line.jp:3001,https://sym-main-10.opening-line.jp:3001,https://symbol-node-01.kokichi.tokyo:3001,https://50038.xym.stir-hosyu.com:3001,https://27423.xym.stir-hosyu.com:3001,https://angel.vistiel-arch.jp:3001,https://xym.stakeme.tokyo:3001,https://00-symbol-node.yagiyoshi.com:3001,
6BED913FA20223F8,051FAEC15105C808,73019335A785A3AE,5289A9B0DBB7EB25,6B245EAF1302E444,2C4A4893229DD0A9,63509D495CAD7B80,481D74291A71FD1F,009388A38C91A8B2,4E94920841641B77,027C6AD49DE2C9F9,29FCA5D3092205EC,56085AD9FCE150AC,7D47EE5423795E68,1FCD7C6B47C7AC5C,34F165131675B97B,2277A3D3C939E3BD,1BEE7E51C52B9E4C,7DE0FA227D5C284A,69C715D2F4E80338,5CF9D768B02E51EA,5B96E6496754C18E,35584939456EE19C,430AB6F115D709C5,202FC8C6762F1286,1DA6F5986C56CAB4,77F0C0918BDDCA75,05D935AB3DBBBDA7,3AB05B7B3373067F,383EEBD409479BDD,282E5F730EEF0F3C,108AFF21E54B77EB,0C4AAE8E82E054FD,18964001EF89D687,15BDE2DDF36FE763,01E2769C92FFB187,427C7F0474B2170B,3F2EEE17968715D5,6C0AFBA20EEBF08B,22975F2097F16D15,2A30D04FF35E8641,03ACEC4F51A71804,5235C4249928922B,2BFEB24F70B91041,741320E728843965,7C4E97850A863208,0586FF7E5ED1C680,606432C50BDE4EB5,15A6AD5E5ED6AC0E,59932634EDBF2A21,5E4F05ED77C64434,71C79278A325FF67,616EC15DE7D641A0,25C2DAB4FE687CBE,3D78B91922741293,5DC4B8DCDC4D3098,2693037B1881D5FA,178FE008F5DCE797,174A93DA9B651FBD,128B2CD071838D3E,1F5630200C5A6025,43449FF761B3DD67,4B20F46C289CA548,35DBA0A70A96615F,78CE44A425CD4514,37179FDE046FE7F2,1739E47C99BAF114,0F3B4A0F2E58703B,3C41561BE3DF7461,2AF0FBFEBF29231F,74CD75720BA4F553,1A5229DC90802C6C,0D2888CD0CBB78EE,2558F02FE439C78F,5DDD07C51EC896A7,437B094116B91BF3,6C9E7CFE33220C8F,38E1C92F412FCA96,2FB263845F59AF82,28C3C38B84138804,659821D4511185A7,7C6095DA82D3E981,70ADA95932385F9F,0BE6C51AD316BF2B,78E6ED1B6C05FD98,39534A8DFD9C0F1E,1BAF1FE1AAF90CD0,6782B8D9162D0C12,5EF22919F6EA15F7,04A3F3F5C088626A,7484B044AC8EF734,305B0ECE763A1E81,08738DB598D0BA37,6F4018163AC51F88,46650CE0C72739A8,0208FCB9186781E5,4E685399C9F8C991,77DB7D348B042A18,578ED7B270B43E64,0B34212023AA5139,479CEDAEE6FAC642,4266458B86437B4B,1F7022D092066B94,0CA28E24CB575AA6,4DCC3C025CDC0BB8,1BD05266C7410EE1,45C46BC710C187AF,7CC2C672543CA102,555BA3719D30D3B9,75C4079CCCCF3E82,66C98D947EAC56FB,1C041AB88A8D222B,79C13E9FE7DA49AB,54D872B5DB378F52,5C97B2414157B039,31E7A64CFF778586,1DFD11EEDA4662C4,18506C180280D8AB,02E95DB8811B3F7A,2D289599AF071703,17EA80052AF590B0,5239AE78AA9011CC,6B6511925501765B,2730974F2D11E9FA,08AB4E53E95E417E,1D0DD379C8C4BA49,26EE7E07E1255FAB,015FABE3F602FA91,366D7D6540335156,2D1E8E73B9F09391,043694AD272BCEBA,064335A213099492,3C40AE05D9758591,71C4BCA24A2FA6C1,20170ABD32244B78,74EBE4C9FD9C3BC8,713583F712D574FA,7C05BBBD486CF544,634D5A328A659C41,2DA0EC8CA32B7CE6,4D0ECC9F6F70D67D,7426EE72B3DFD620,3C3E58B64A8CD43C,5007CF79DF192FB2,1531F39F1B0AA8C3,5D1E928E7902404F,74599424DE012A19,52F96AC0043B02D8,0C694031CFC22C84,03D6EE58174D16DD,054B071E97323D54,2B58942A0A9D3908,7FE10DF86F32776F,1A08F9B88AE4CCF9,03CB7A99E6F6F65A,2F0BAAAD886013B2,7D8FF6C570E909C3,237ACBD2073D7C22,29498519D19B27CF,03E85F9F15A92D27,62B4F899B6DADDFF,6649A6F82740775E,1FA7CAD8017C3045,5FFB7126DD87CC5B,07039874D46F8B44,3391DD8105AD0C82,56C97E544EA9C149,6103DBFFA022249B,41E9771D99FF96A5,65CF7BE26FC7BF56,789063B9FDA7D02B,3EE026A17E4D1895,44B13D3F4EEB8AC9,248AAD9D9E2C1984,0CEDE2DEDDB4832F,5DFE51E2C6617CA4,4FAE3B092339A328,03B7E30D264E586B,3B5B8D2389EEB8C9,0058930348E8DA39,43C44AE173D50661,16E0B9B56763A2A6,43B05E6CCD87A765,33276E3A53106C11,24F35BCEA31E9AFB,49320DB27BA10BF5,01B69528B052EFA3,21C3025E1B2B9D3C,613FFCD9027A73D9,79A5BC34AE8B6314,35BFF98EA19690D4,156CDDD2D6791814,6E4E5A6C8F1ECA31,21BCF4CD26C307FF,15F6E07EAC6D5186,71A24162BA611651,0EDC8542160D8DAA,771BAE5451E881A8,1E47CA21337876B5,7688DC299D77C545,1166391DB32354A4,6A0AF7328EBBE113,38E48122C0FC8BCF,484874B2C669D6E1,4EF142A5D00BDA63,0508049897379E24,50B28C0858AE222C,75F2674CEE45E919,2F0DC3D306469BF9,5A86884742F89C7F,78F0F31776134860,1576EB985E541EA9,17D9C6FCB4FAB2A0,6B2E9EAF2632AEC8,007050CE9F59E77C,5D88028B3A9E633A,554191B46C16E4C4,5A0E1268E65E99F2,41A67647778AEA4D,7EADDBC2119EADA0,3D4235EB6FC9247D,5D25658948613563,5629D816678CF8FC,48A147A7F34C0131,46DF1D828736AFE1,748D83A906C897E4,0708BF363BA9595A,