Wait a moment...

複数のウェブサービスで、ユーザーの信用を共有する

nem13.95xem (4)
851
0
2020-09-05 11:30:58
複数のウェブサービスで、ユーザーの信用を共有する

NEMHub タスク「その課題、NEM / Symbolで解決できるよ」への案です。

課題

世の中には様々なウェブサービスがあり、各々のウェブサービスがユーザーの信用を評価しています。

ユーザーの信用の例は、nemlogスコアや、nemhubのレピュテーション、フリマサイトの評価履歴、などです。これらは、それぞれのウェブサービス上ではユーザーの評価として活用できますね。一方で、そのウェブサービスから外に出ると、ユーザーの信用を使うのは難しいです。

 

問題点と解決方法

現状は、各ユーザーは、新しいウェブサービス等に登録すると、そのウェブサービス上で信用をゼロから築いていく必要があります。nemlogで頑張っていてスコアが高い人でも、他のウェブサービスではゼロからスタートです。

もし、ウェブサービスの信用(スコア)を共有する仕組みがあれば改善できます。nemlogで頑張っていてスコアが高い人は、他のウェブサービスでも一定の信用度からスタートできます。

 

具体的には、以下のようにします。

  • ウェブサービスでの信用を、ブロックチェーンに記録する
  • 他のウェブサービスも、ブロックチェーンの記録を参照して、ユーザーの信用を判定する

ブロックチェーンが好ましい理由

ブロックチェーンに記録することで、信用の改ざんが不可能になります。また、ユーザーの信用が、どのウェブサービスに由来しているかが分かります。

こうすることで、信用の評価を適正な度合いにすることもできます。

例えば、『あるウェブサービスが、どんなユーザーにも高い信用を乱発している』という状況なら、そのウェブサービスからの信用を受けていることは、それほど重視しない、という対応ができます。

 

WordPressも参加させたい

私が「Mosaicを持っているユーザーの権限を変更する - Symbol ノードへ WordPressからアクセスする その3」などで、WordPressのプラグインを作り始めたのは、このウェブサービス同士での共有に、WordPressブログも参加できると良いな、と考えたからです。WordPressブログは一つひとつの規模は小さいかもしれませんが、総数としては多いので、信用の共有・適正な評価には役立つと思います。

この記事を書いた人
ウェブ制作会社運営。技術を活用したウェブメディア集客が得意です。 NEMはメディア等のオンライン課金に使えれば、と考えています。