Wait a moment...

【9/26(土) PM9〜】nemlog LIVE DJ Takamasa Owaki 【イベント予告】

nem52.85xem (5)
134
6
2020-09-21 19:00:43
【9/26(土) PM9〜】nemlog LIVE  DJ Takamasa Owaki 【イベント予告】

こんにちはDJ Takamasa Owakiです。

先日は、たくさんの方々に遊びにお越しいただき、本当にありがとうございました!!

NEMHUBに活動報告を提出しましたので、ぜひご確認ください↓↓

活動報告&次回予告 nemlog LIVE STREAM  9/19

 

逃してしまった方からいただいたリクエストにお応えして、もう一度同じミックスを今週末 9/26(土)PM9より開催予定ですので、そのPRをさせていただきます。

 

今回の記事では、選曲した楽曲にまつわるエピソードを紹介し、先に知ってていただく事で、より深く楽しんでいただく事を目的としています。

 

【この記事に書かれている事】

① 9/26(土)配信予定の楽曲のご紹介

② Traxsouceで販売中のDJチャートのご案内

③ 記事を読んでいただいたお礼プレゼント

 

① 配信予定の楽曲のご紹介

 

プレイリスト "nemlog LIVE 2020-09-19"

アーティスト名 - トラック名[レーベル名]  ジャンル・発売日

1   Takamasa Owaki - Intro Cactus 2 [CactusExperience] Ambient・未定

2   Bah Samba, the Fatback Band, Harvey Lindo - Let The Drums Speak (Harvey Lindo Edit) [BKO] House ・2005-11-09

3   Jovonn - Timeless [Body'N Deep] Deep House・2018-10-13

4   Ralf GUM, Sio - Un-Love You (Ralf GUM Main Mix)[GOGO Music] Soulful House・2020-08-21

5   Hennings Project - You Don’t Care (Original Mix)[Moiss Music] Deep House・2020-09-18

6   Mikki Afflick - Fly With Me (Brooklyn Butterfly) (An AfflickteD Soul Mix)[Soul Sun Soul Music] Funk・2020-08-28

7   Kassian, Laroye - Apollo feat. Laroye (Original Mix)[Heist Recordings] Electro House・2020-07-10

8   Apparel Wax - 006A1[Apparel Music] Tech House・2019-08-15

9   Blank & Jones, Monte - What You Won’t Do for Love (Monte Extended Remix)[Soundcolours] Nu Disco・2020-08-07

10 Husky, Ido - Go Don't Stop (Extended)[Bobbin Head Music] Soulful House・2020-08-21

11  Platinum City - Change[Midnight Riot] Disco House・2020-08-21

12  Ripple, Dr Packer - The Beat Goes On (Dr Packer Rework)[Salsoul Records] Disco・2020-08-07

13  D.O.S - Never Gonna Fall In Love Again (Like I Fell In Love With You) (Disco Instrumental)[Expansion House] Disco・2020-10-02

14  Fernando Picon - Intro Nature[Surbeats Records] Ambient・2007-12-22

15  篠原ともえ - ココロノウサギ[Ki/oon Records] J-Pop・1997-12-08

 

 

1 曲目Takamasa Owaki - Intro Cactus 2

自分で作ったアンビエントな導入部です。

 

2曲目 Bah Samba, the Fatback Band, Harvey Lindo - Let The Drums Speak (Harvey Lindo Edit) House ・2005-11-09

PHILL ASHERによるハウス・リミックスが発売当時は非常に人気でした。有名なFatboyslimが好んでかけてたので聞いた事がある人も多いと思います。「こういう周波数の音を人間は心地よく感じます」と教科書に載ってもいいほどエレクトリックピアノの音が心に染み、どこか哀愁感を醸し出します。原曲のFATBACK BANDのボーカルを取り除き、ALICE RUSSELLのコーラスを全面に押し出しスムースに仕上げたメロウなチルアウトバージョンを110BPM(曲の速さ)を120BPMにテンポアップさせ、Houseとしてかけました。こういった夏の海を連想させるような雰囲気の楽曲をバリアレックと形容する事もあります。私は「夏の終わり」を感じさせられます。

 

3曲目 Jovonn - Timeless [Body'N Deep] Deep House・2018-10-1

アメリカの大御所黒人アーティストJovonnによる、「これぞディープハウス」と言う楽曲。トランペット・アコースティックギターの生音とシンセサイザーの組み合わせと、動きのあるバウンシーなベースがディープハウスの王道をいく楽曲というイメージです。何度聴いても聞き飽きない超名曲です。

 

4曲目 Ralf GUM, Sio - Un-Love You (Ralf GUM Main Mix)[GOGO Music] Soulful House・2020-08-21

10分間インストゥルメンタル曲を溜めて、似たベース音から繋がるボーカルハウス曲。ドイツ生まれ49歳のRalf GUMはこういったジャンルの音楽の最先端で活躍するアーティストの一人で、90年代から活躍しています。まだ販売開始されて間も無いですが、Traxsourceでは週間販売数1位を記録しました。聴いていただくと売れる理由が分かります。

 

5曲目 Hennings Project - You Don’t Care (Original Mix)[Moiss Music] Deep House・2020-09-18

ストリーミング配信の前日に発売された新曲。2・3・4曲目の共通点がバウンシーな動きのあるベース音。空中に浮遊しているような感覚が味わえる極上ディープハウストラック。個人的には超好きです。この動くベースにエレクトリックピアノが重なった時、脳内麻薬が分泌されます。これぞ気持ち良い音で、心の内側に響く感じを体験していただきたいです。

 

6曲目   Mikki Afflick - Fly With Me (Brooklyn Butterfly) (An AfflickteD Soul Mix)[Soul Sun Soul Music] Funk・2020-08-28

5曲目まで共通していたベース音が、エレクトリックギターの「ジャーン」という音に展開し、似てるけど全然違う雰囲気に変化します。このアーティストの事はよく知りませんが、この後ディスコ調に展開する前触れ的な空気感の変化をもたらす選曲としています。

 

7曲目   Kassian, Laroye - Apollo feat. Laroye (Original Mix)[Heist Recordings] Electro House・2020-07-10

ロンドンの二人組アーティストKassianの楽曲。2018年からDeep Houseの楽曲提供を始めた新しいアーティストの楽曲。「エレクトリックギターつながり」で6曲目から繋がります。「テッテレッテ」のエレクトリックギターのリフレインフレーズが癖になります。

 

8曲目   Apparel Wax - 006A1[Apparel Music] Tech House・2019-08-15

7曲目のリフレインフレーズの「テッテレッテ」の「レッテ」部分のフレーズが似てて「似たフレーズつながり」します。楽曲のパーカッションに音割れしたようなクラップ音が入る特徴がああります。アーティストのApparel Waxは正体不明を売りにしているイタリア ミラノを拠点とするユニークなバイオグラフィのアーティスト。脳が揺れる周波数の音をピンポイントでマスタリングされた、まさにクラブミュージックという楽曲。低音がブンブン響き"脳が揺れる感"を楽しめる楽曲!

 

9曲目 Blank & Jones, Monte - What You Won’t Do for Love (Monte Extended Remix)[Soundcolours] Nu Disco・2020-08-07

Nu Discoと呼ばれる新しいジャンルとエレクトロハウスの中間のジャンルの曲。8曲目の変な叫び声のキーが同じか近いのですが、それ以外の共通点はなく、8 曲目のビルトアップ部(曲の盛り上がる部分)から、9曲目のドロップ部(盛り上がった絶頂部分)につながります。

60分ミックス全体の中で最もテンションの上がる部分で、「聴きどころ」です。

 

10曲目 Husky, Ido - Go Don't Stop (Extended)[Bobbin Head Music] Soulful House・2020-08-21

9曲目からディスコフレーバーを継承し、さらにテンションを上げる男性ボーカルが入ります。低音をカットして男性ボーカルを際立たせ絶頂までビルトアップし、ハウスの王道の展開をする新しい楽曲。「絶頂に盛り上がるけど、まだまだ次があるよ」というあえて盛り上げ過ぎない展開を感じていただきたい超かっこいいトラックです。

 

11曲目 Platinum City - Change[Midnight Riot] Disco House・2020-08-21

9曲目のフレーズとシンクロして完全にディスコ調に展開します。9曲目と全然違う曲なのに、この曲順でこの繋げ方をすると同じ楽曲と聴き間違えてしまうほど展開が似てます。ファンキーなギターフレーズはまさにディスコフレーバー。

 

12曲目 Ripple, Dr Packer - The Beat Goes On (Dr Packer Rework)[Salsoul Records] Disco・2020-08-07

どこかで聞いたことのあるアーティスト名"Ripple"は、70年代後半から活躍するファンクバンドで別名ウィスパーズ。ガレージハウスと呼ばれるジャンルを築いた名門中の名門レーベルSalsoulからのリリースで、原曲は1977年に作られたまさにダンスクラシック曲。ダンスミュージックの素晴らしさを体感できる爽快な楽曲で、Dr Packer氏による今風のアレンジをぜひ楽しんでいただきたいです。

 

13曲目 D.O.S - Never Gonna Fall In Love Again (Like I Fell In Love With You) (Disco Instrumental)[Expansion House] Disco・2020-10-02

原曲は1997年カルメンというアーティストが作ったもので、発売日前のプレリリース盤です。ディスコフレーバーを継承し、美しいストリングスが12曲目で爆発的に盛り上がった空気に「もうそろそろ終盤」感を醸し出します。本当は最後までかけたいのですが、時間の都合で短くカットしています。

 

14曲目 Fernando Picon - Intro Nature[Surbeats Records] Ambient・2007-12-22

この曲と出会ってから自分の曲の様に色々なミックスで多用させていただいてます。雰囲気をリセットして次どんな曲でも違和感なく繋げる魔法のかかったアンビエントサウンド。

 

15曲目 篠原ともえ - ココロノウサギ[Ki/oon Records] J-Pop・1997-12-08

同い年のいとこが元祖シノラーで、いつ聴いてもその頃にタイプスリップさせられる個人的な名盤。昔あった懐かしい小さなシングルCD。

激しいビートから美しいストリングスに展開し、その後ビートなしの日本語バラード、とこの曲順で聴くと。この楽曲が持つ価値を最大限に引き出せると思い選曲しました。彼女の歌声もまたドーパミンに直接働きかける周波数の心地よい声質で、彼女の持っているイメージとのギャップにまた魅了されます。

 

 

② 楽曲販売サイトTraxsourceでのDJチャートのご案内

このジャンルの楽曲販売サイトとしては世界でナンバー1か2の人気を誇る、Traxsourceで、DJチャート(お勧め楽曲リスト)の提供をおこなっております。

このところ、1ヶ月間ずっとトップ10入りをキープしてます!

(↓順位は常んい変動していて、タイミングによってはチャートがランク外にある場合もあります)

https://www.traxsource.com/top/djtop

 

ぜひこのジャンルの音楽をダウンロードして楽しみたい場合は、こちらのチャートをぜひご利用ください!!

 

Traxsource DJチャート トップページ

 

 

③ この記事を最後まで読んでいただいたお礼

 

長文を読んでいただいたお礼として、こちらのアドレスに空メール(0XEMの送金)をしていただいた全ての方へ、オリジナルミックスCD"Get Down"を空メールに返信する形で差し上げます!(イメージフライヤーに記載されたQRスキャンでも送金可能です)

 

ND7LOR-5JY6EO-WZEQR3-OKEQRX-BXAT76-Q2KQLQ-2HVV

 

このミックスCDは2005年か2006年に録音したものですが、今まで作ったものの中で個人的に一番好きなミックスです。

個人的に何百回も聴きましたが未だ聞き飽きない個人的ベストミックスです。掴みのキャッチーな楽曲から、紆余曲折を経て一旦ディスコに展開した後、ディープになり焦らして焦らして展開するクラブでの一晩の展開を80分に凝縮した様なミックスで、私の選曲のルーツと言える物です。そういった理由で、古くてもあえて2曲ほど前日のAOYAMA 0zeroでのライブに引用しました。

ミックスCDプレゼントキャンペーンは、9/26(土)PM9 で締め切ります。

 

それではミックスCD"Get Down"をお楽しみください!! See You on 9/26(土)!!!!

nemlog LIVE STREAM 9/26

Comment
Takamasa Owaki (CactusExperience)
Takamasa Owaki (CactusExperience)
2020-09-22 13:18:28ID:208566
>>
7zoesan

こちらこそ、いつもありがとうございます😊
(この次は10/3(土)9pm〜を計画中です)

Takamasa Owaki (CactusExperience)
Takamasa Owaki (CactusExperience)
2020-09-22 13:14:11ID:208565
>>
matsuno@プログラミング初学者

ありがとうございます😊
nemlogを知らない人へのアプローチを続けて、コミュニティが盛り上がる様に頑張ります!

Takamasa Owaki (CactusExperience)
Takamasa Owaki (CactusExperience)
2020-09-22 13:11:59ID:208564
>>
onem

メッセージありがとうございます😊
毎回全く違う楽曲構成で開催しようと計画中ですが、今回だけ同じのやらせていただきます!

7zoesan
7zoesan
2020-09-22 10:45:11ID:208548

いつもありがとうございます!
26日はあいにく予定があり伺えないと思いますが、イベントの成功をお祈りしております。

onem
onem
2020-09-22 00:54:20ID:208501

次も楽しみにしてます🎵

この記事を書いた人
Takamasa Owaki 16年間のDJ経験を経て専業化。楽曲ダウンロードサイトTraxsourceで人気DJChart週間売上ランキングで4位にランクインした経歴がある。(2020年10月度第1週に達成) Traxsource DJ's Chartでは、8/28に週間売上ランキングで全国6位を達成し、その後10月第二週まで連続してトップ10入り。(TraxsourceでのChart販売活動は現在休止中。11月以降新曲リリース後に再開予定。) The Lab Sessions / TLS Podcast 所属。 Traxsource, BeatPortより8月末にデビューアルバムを自身のレーベル"CactusExperience"よりリリース。 アメリカのラジオ局HouseHitsRadioより毎週2時間の番組オファーを得て現在準備中。 "LoungeDeepHouse" Deep House、Soulful Houseを中心として、Tech、Afro、Disco、Jazzy、Ambientとジャンルをシフトさせなががら物語を紡ぐ選曲を行う。 2020年6月に新レーベル”CactusExperience”を立上げDJ/楽曲プロデューサーとして本格的に活動を開始。 構成の異なる2枚のアルバムリリースを7/30(木)、8/28(金)に実施。 8/8(土)に東京青山にあるクラブAOYAMA 0zeroにて無観客ストリーミングライブを開催する”Wa◉”のオープニングアクトとして、アルバムリリースをプロモーションした。 コロナ禍の 無観客ライブ配信におけるマネタイズの実験的取組みとして、ブロックチェーンを用いて自身の楽曲をプレゼントするキャンペーンを継続開催した。 公式ページ:https://cactusexperience.storeinfo.jp インスタグラム:http://instagram.com/takamasaowaki iTunes Store:https://music.apple.com/jp/album/breath-emotion/1524569104 SoundCloud:https://soundcloud.com/prime-time-talk Facebook:https://www.facebook.com/takamasaowaki73