Wait a moment...

「NEM 商工会議所」

nem78.35xem (4)
228
2
2020-09-26 00:15:07
「NEM 商工会議所」

※この記事はNEMHUBタスク「なぜ NEM を使ってビジネスをするのかを考える」を受けてのものになります。

 Symbolはその開発の理念が大企業や政府機関向けになっていて、それに即した様々な機能が充実しています。今回のタスクはそういった機能に着目してということになっていますが、そこからやや違う視点も含めて考えていきたいと思います。

 

 今回このタスクにあたり考えたのが、「NEM商工会議所」です。

 これまでXEM決済ができるネット通販可能なお店はあったし、そういったお店が一堂に集まったnemstoreのようなサイトもありました。

 ただ、これは同じお店が出店し続けるフリーマーケットがネット上で開催されているような感じでした。

 今回提唱した「NEM商工会議所」はそういうフリーマーケット的な要素はもちろんのこと、店主等会員の皆さんがつながり、さらに「工」の会員つまりエンジニアの方ともつながることがその最たる眼目になります。

 

 商店街の店主同士のつながりはとある暗号通貨決済ができるお店の仲間というつながりにとどまらず、顧客情報の共有によるマーケティングの機能を目的とします。もちろん、ネット上で「商店街のイベント」を行うなど店主の皆さんがアイディアを出し合い、「フリーマーケット的側面」を盛り上げていくのも大事になりますが、ブロックチェーンの機能を、それぞれの商店がもっている顧客情報を相互に戦略的に使用できるデータベースとして使用することが大きな目的になります。

 

 各店が例えば【メンバーズカード】や【お得なクーポン】をモザイクで運用する場合に、Symbolアカウント制限やモザイク制限が非常に有用であることは以前のタスクで言及されているところです。

 そこでさらに強調しておきたいのが、あるモザイク制限によって定義された条件を他のモザイク制限の条件の1つとして使用できる機能です。つまり、他店舗がある条件によって選抜した優良顧客の情報(あるいは問題のあるカスタマーの情報)を自店のモザイク制限に取り入れられるという利点です。

 

 さらにどのような情報を組み合わせるかによって、より自店にとってよいカスタマーになってくれそうな層の顧客情報が得られやすいという利点があるのではと思います。

 その情報の抽出に際に「工」の会員であるエンジニアさん出番となります。①ブロックチェーン上にある情報をどのように抽出するのかについてのアドバイス②お店が組み立てたいブロックチェーンを利用したサービスシステム(プライベートチェーン等)の構築等々技術的な支援を行います。この点も、NEM/Symbolの開発のしやすさがより迅速なサービスの構築につながると考えます。

 

 ここで議論になるのですが、

 モザイク制限等の機能は便利ではあるがそれは絶対的に必須とまで言えるのか?

 「商工会議所」の機能であれば最終的にイーサリアムの方がイロイロと応用が利くのでは?

と、NEM(Symbol)であることは必須なのかという疑問をお持ちになる方もいらっしゃるのかと思います。

 

 この「商工会議所」、大学や政府の実証実験などにでもならない限り最初はおそらく町の1つの商店街かそれ以下のくらいの規模でしか立ち上がらないと思います。

 その中で『新たな経済の動き』ということに興味をもち、その商店街の商品やサービスを購入・利用し、個人情報の利用についても理解した上でカスタマーとして参入するリテラシーや好奇心をもった人間が多いコミュニティーは?という点なのです。

 

 極々最近にNEMの世界に足を踏み入れた方は、これまでNEMber達歩んできた軌跡をたどっていただきたいのです。保留ラーメン・nemket・nemcafe・nemfest・nemstudentsなどは是非とも知っていただきたいです。

(Nemlogで以前開催された「NEMの想い出」コンテストに参加された各記事やそれに関連したねむぐまさんの記事が参考になると思います。)

 

 私はコミュニティー込みの概念としてNEMの精神をもつシステムにこの「商工会議所」のアイディアと理念を託したいのです。NEMでなければならない一番の理由。それはNEM(Symbol)の性能でも機能でもなく、これまでNEMとNEMberが刻んできた軌跡そのものなのです。

 

 タスク不適合の評価を覚悟の上でポエムを吐き出してみました。

Comment
patapiron
patapiron
2020-10-03 12:43:47ID:210288
>>
Takamasa Owaki (CactusExperience)

コメントありがとうございます。
想いを持つ方々がいて、イベント企画や勉強会ができて
実際に実行されるのがnem界隈の凄いところだと思います。

Takamasa Owaki (CactusExperience)
Takamasa Owaki (CactusExperience)
2020-10-03 11:41:53ID:210283

「NEMでないといけない理由=コミュニティそのもの」共感します
共通して「価値を高め合おう/下げない様にしよう」
そういった力が働いて、ひとりでにいい方向に成長する仕組みは価値があると思います!

ねむぐまさんの思い出の記事拝見しました。次回もしあれば、準備から携わって協力させていただきたいです。

保留ラーメン・nemket・nemfest・nemstudents …知りませんでした。検索してみます。

この記事を書いた人
暗号通貨は伊達と酔狂 非エンジニア系情弱老害愚民