Gift history
Please access after login.


Wait a moment...

NEMとStakeHoundは流動性ステーキングを提供するためにパートナーシップを結びました【記事翻訳】

845
7
2020-10-05 23:39:48
0.00 mXYM
(0)

ステークハウンドに関する別の記事で、NEMから出た記事の翻訳です。

 

NEM and StakeHound form a partnership to provide Liquid Staking

NEMStakeHoundは流動性ステーキングを提供するためにパートナーシップを結びました

 

 

私たちNEMは、StakeHoundとのパートナーシップを今日お知らせできたことを大変光栄に思います。StakeHoundは、トークンへのアクセス性を高めるための、ステーキングとDeFiを結びつける新しいプラットフォームです。

 

これはNEMにとってエキサイティングな一歩であり、今回の提携によりNEMとEthereumの間に架け橋を作り、両ネットワーク間でERC-20の包括とステークされたXEMトークンの自由な流通を実現させることになります。

 

この動きは、XEM保有者にDeFiエコシステムへの参加機会を設け、新たな地平を提供します。保有者はStakeHoundを通じてXEMをステークすることができ、そのステークされたXEMは、ローンの担保、複数の収益源、ステーク報酬の獲得、クレジットラインへのアクセス、流動性プロバイダーへの支払いなど、DeFiシナリオで取引または使用ができます。

 

StakedXEMは11月中旬に発売される予定で、その前に、このパートナーシップが私たちのコミュニティにとってどのような意味を持つのか、また、参加方法や利益獲得についての詳細な情報が発表される予定です。

 

10月22日には、StakeHoundの創設者兼CEOであるAlbert Castellana氏とNEM GroupのCFOであるIain Wilson氏によるパートナーシップの可能性についての合同AMAが開催されます。詳細は追ってお知らせしますが、IainとAlbertに質問がある場合は、ハッシュタグ#NEMStakeHoundAMAを使用してツイートしてください。

 

StakeHoundは、NEMコミュニティが現在利用可能な最もエキサイティングなDeFiプロジェクトに参加する機会となります。シンボル内で利用可能な強化された相互運用性は、DeFiへのリーチをさらに拡大するでしょう。

 

NEMグループCFO、Iain Wilsonはこう述べます

 

”NEM は、革新的な Proof of Importance 、Symbol ネットワーク上では Proof of Stake+ で、常にコンセンサスアルゴリズム設計の最前線に立ってきました。StakeHoundとstakedXEMの発行の協力で、ネットワークのセキュリティを高めながら、急成長するDeFiエコシステムの最前線に進出することとなります。”

 

このパートナーシップの詳細、またはNEMとの提携方法については、StakeHoundの共同創設者兼CEOのAlbert Castellanaへご遠慮なくお問い合わせください。

 

 

NEMについて

NEMグループはNEMのプロダクトNEM NIS1と、2020年末にローンチされるSymbolの開発をサポートしています。  Symbolは、NEMの次世代エンタープライズグレードのブロックチェーンソリューションであり、企業による採用を主眼としています。  NEM NIS1(XEM)は、NEMのオリジナルブロックチェーンで、2015年に発表されました。NEMグループはNEM Software、NEM Trading、NEM Venturesの3つの独立した事業体で構成され、それぞれ共にブロックチェーン技術の発展への貢献を目指しています。NEM NIS1のネイティブ通貨はXEMで、POI(Proof-of-Importance)アルゴリズムを使用して「ハーベスト」することができます。

NEMグループはCEOのDavid Shaw氏が率いるジブラルタルに本社を置くグローバルなブロックチェーン開発企業です。

 

NEM.io についてはこちらをご参考にしてください

Facebook | Medium| Telegram | Twitter | LinkedIn | Reddit | Forum| YouTube | NEM.io | NIS1 | Symbol |News | Github | Helpdesk | Blog

 

Writer
日常をRadioのように垂れ流し。最近翻訳ばっかり。

Login required to post comment
Loading...
https://symbol-sakura-16.next-web-technology.com:3001,https://symbol.harvest-monitor.com:3001,https://hideyoshi-node.net:3001,https://harvest-01.symbol.farm:3001,https://criptian-xym-node.net:3001,https://35665.xym.stir-hosyu.com:3001,https://yuna.keshet.finance:3001,https://keshet01-symbol-paradise.com:3001,https://keshet03-symbol-paradise.com:3001,https://keshet04-symbol-paradise.com:3001,https://cryptocat-xym-node.com:3001,https://misaki-xym.com:3001,https://ik1-305-12844.vs.sakura.ne.jp:3001,https://17107.xym.stir-hosyu.com:3001,https://23639.xym.stir-hosyu.com:3001,https://sym-main-01.opening-line.jp:3001,https://sym-main-02.opening-line.jp:3001,https://sym-main-03.opening-line.jp:3001,https://sym-main-04.opening-line.jp:3001,https://sym-main-05.opening-line.jp:3001,https://sym-main-06.opening-line.jp:3001,https://sym-main-07.opening-line.jp:3001,https://sym-main-08.opening-line.jp:3001,https://sym-main-09.opening-line.jp:3001,https://sym-main-10.opening-line.jp:3001,https://symbol-node-01.kokichi.tokyo:3001,https://50038.xym.stir-hosyu.com:3001,https://27423.xym.stir-hosyu.com:3001,https://angel.vistiel-arch.jp:3001,https://xym.stakeme.tokyo:3001,https://00-symbol-node.yagiyoshi.com:3001,
6BED913FA20223F8,051FAEC15105C808,73019335A785A3AE,5289A9B0DBB7EB25,6B245EAF1302E444,2C4A4893229DD0A9,