Wait a moment...

ビットコインを平家一門と例える・・・

54217
快傑Z
nem34.75xem (3)
447
3
2021-01-09 21:49:31
ビットコインを平家一門と例える・・・

2021年! 遂に400万円台のATHとなったビットコイン・・・

私はまさか300万円以上に達するとは思いもよりませんでした・・・
仮想通貨の絶対王者とも言われ始め完全に地盤固めているように思われます。

しかし800年前に武家の絶対王者と呼ばれた平家一門を覚えておりますでしょうか?

平家の隆盛

時は平安時代末期。

天皇家・貴族内部の権力闘争が発展して武家を巻き込み軍事衝突に発展するようになりました。

保元の乱

保元の乱では、味方として戦った 平清盛と源義朝でしたが、朝廷の争いに巻き込まれて
武家2大勢力としての雌雄を決する戦いになりました。

平治の乱

 

平治の乱に敗北した源義朝は逃走中の味方に裏切られ謀殺・・・
源氏一門はその勢力を失い、平家一極の世の中に移行していくのでありました。


小学館:マンガ日本の歴史 6巻より

 

2017年の仮想通貨元年 からビットコインから派生した様々なアルトコインが

しのぎを削って覇権を争っていましたが・・・

「やはりビットコインか・・・」
ビットコイナーに転身するアルトコイナーが増殖しております・

 

平家(ビットコイナー)にあらずんば人にあらず

「保元の乱」「平治の乱」の2つの戦に勝利した平清盛は後白河上皇と政治的に接近して更に栄達を遂げ、
仁安2年(1167年)には太政大臣に就任、朝廷内における発言権を大いに増すこととなります。

そして平家一門の官位も上昇、知行国を次第に増やしていきます。
そして「平家にあらずんば、人でなし」
暴言を吐く一族も現れます。
※平清盛が凄いのであって、平家というだけで傲慢になる一族が出現して
落ちぶれた公家たちの妬みや恨みを買うことになるのです・・・

小学館:マンガ日本の歴史 6巻より

 

ビットコインは2020年10月頃から高騰し始め、年末には更に倍とATHを更新することになります。
ビットコイナーの原理主義者達の中から
「ビットコイナーにあらずんば、クリプト民でなし」
とイキる人も現れ、アルトコイナー達の妬みや恨みを買い始めつつあります。
※ビットコインの価格が凄いのであって、ただ保有しているだけですよね(苦笑)

 

 

 

鹿ケ谷事件と人気アルトコインにおける事件

このような平家の専横を良く思わない「後白河法皇、藤原成親、西光など」が夜な夜な陰謀を巡らしておりましたが、この陰謀が平清盛に知るところとなり後白河法皇への対処は保留となったが、藤原成親、西光など首謀者は捕らえられ斬首もしくは流刑となりました。
「鹿ケ谷の陰謀事件(1177年)」

と呼ばれる事件の結果、平家は更に隆盛を極めていくのです

 

日本の人気のアルトコインXRPとNEMもビットコインに負けじと様々な施策をして勢力巻き返しを図りますが・・・・

XRPでは、

SEC(米証券取引委員会)が、
「暗号資産XRP提供しているRipple Labsと同社の幹部2名が、
未登録のデジタルアセット証券によって13億ドル以上を調達した」として提訴するという事件が・・

 

NEMでは、
SYMBOLトークン(XYM)の配布とスナップショット期日(2020/1/14)の発表がありましたが・・
延期・・・。過去に何度も延期しているということより風当りが強くなってきています。


勢いが削がれてしまう気配を感じます・・・・・

 

平家一門とビットコイナーの我が世の春


治承3年(1179年)11月、清盛のクーデターにより後白河法皇の院政は停止されてしまいます。

この政変で平氏の知行国は17か国から32か国に急増します。

まさに平家一門の我が世の春・・・・・
しかしこのことは全国各地において国衙権力を巡る在地勢力の混乱を招くことになるのです。

小学館:マンガ日本の歴史 6巻より

 

そして2021年1月! 
遂にビットコインは400万円超えの最高値を記録することになるのです。
まさにビットコイナーの我が世の春!!

 

 

 

この後の歴史は・・・・

このあとの歴史は以仁王が、各地の武士に「平家追討」の令旨を発し、風雲急と告げるのですが

 

平治の乱で敗北した源義朝の子:源頼朝が挙兵!
田舎侍とバカにされていた木曽義仲が平家を破り・・・
以後 いろいろあり(やっつけ仕事でスミマセン)
源氏を旗頭として全国の武士が結集することによって平家は壇ノ浦の合戦で滅ぼされるのですが・・・・

 

絶対王者だった平清盛の失敗は何だったのか?

武家にも関わらず貴族の藤原氏の政治を真似て全国の武家を見ていなかった・・・
清盛一代で平家の地位を固めようと性急に進めすぎて反感を買ったなどが挙がられます。

 

2021/1/8・・仮想通貨界隈に面白いニュースが飛び交いました。
XRPのネットワークにスマートコントラクト機能を導入するプロジェクト「Flare Networks」ライトコイン(LTC)を統合することを発表しライトコイン財団からも歓迎するコメントが出されている。

また互換性を持たせることによって、イーサリアム仮想マシン(EVM)を利用するスマートコントラクトをLTCでも利用できるなど可能性が広がると注目が集まっている。

アルトコインによる共同プロジェクトが実現されるとしたら面白いですね。


ビットコインがこのまま投機対象として過熱するだけの代物になるのであれば、
ビットコイン2.0、3.0と呼ばれるアルトコイン達が連携をすることにより追い落とされる危険性もあるのではないだろうか?

果たしてビットコインは、平家の轍を踏まずに、このまま仮想通貨の絶対王者として君臨するのか?

それともアルトコイン達の逆襲が始まるのか?

 

Comment
快傑Z
快傑Z
2021-01-19 23:13:20ID:223323
>>
ほなねむ
やそ

コメントありがとうございます。
レスが遅くなり申し訳ございません。
この記事書いてから、まだBTCの天下が続いておりますね・・・・。
まだその時期は訪れないみたいですw

やそ
やそ
2021-01-10 07:47:09ID:222614

繁栄の極みにはいつ到達するのか。それは歴史を振り返らないと分かりません物ねぇ。

ほなねむ
ほなねむ
2021-01-09 23:18:56ID:222605

マキシマリストめ…

この記事を書いた人
クリプト歴ヲタ同好会所属  仮想通貨はSMARTCASH、RDDCOIN、LOYALCOIN推しです!