connecting...
Google translation for articles :
1 NEMBER donated to you!!

普通と違う道を行けという意識他界系の嘘

nem0.05xem (1) 303 0 0

 

バラエティ番組などで

 

「子どもを東大に入れたきゃ◯◯をやれ!」

 

というような特集を観て、それさえ教えておけばうちの子も東大間違い無しと思う人がたまにいるらしい。

 

勿論、そんなわけはない。

 

参考にしたサンプルが一人であったり、恣意的にそれで成功した少数の人間を集めている場合が多いし、仮に統計的に有意な相関関係が示されたとしても、それはそれを行ったから東大に入ることができた(因果関係)とは限らない。

 

何より、相関係数 r が有意でかつ一定の因果的な推論が成り立つと考えるのが妥当な事柄であったとしても、それをやれば必ずその結果をもたらすことが保証されるわけでもない。

 

物理学のようなお堅い領域であろうが、一変数で全てを説明できる事象などほぼ無い以上、人間を対象とする場合はより他の諸々の変数との相互作用を考慮すべきだろう。

 

しかし、それは非常に努力量が大きい作業だ。

 

茶の間の視聴者はそんなことはしないし、したくもないだろうから、それを要求するような番組を視聴しようとなど思わないだろう。

 

故に、それを一つの要因に還元してわかった気にさせるのがその番組の意図だ。

わざとそうしているのだ

 

さて、似たような話に

「成功したけりゃ普通の人の逆を行けば良い」

というものがある。

 

勿論、何においても大きな先駆者利益を得る為には人の見向きもしない道を行く必要は確かにあるだろう。

 

しかし、少し立ち止まって考えて欲しい。

 

「普通の人の逆ならなんでもいいのだろうか?」

 

当然、良い訳はない。

 

例えば、店を開くにあたって誰も借り手が付かない物件を見つけたとして

 

「みんなが借りないところを借りてこそ成功できる!」

 

と無計画に勇み足でそれを借りたとしたら

いざ店を開いてみたら閑古鳥が鳴く暇も無く資金が無くなり閉店という結末が待っているだろう。

 

このように、成功する上で必要な条件は

「人と違うことをする」

だけではないのだ。

 

なぜこのような話をするのかというと、古くからの友人が、商材屋のこのセリフに乗せられてマルチにハマってしまったのをこの目で見たからだ。

 

成功者が成功者たる所以を、人と違う道を行ったからという猿でもわかるように単純化した理由で説明し、次々と人を釣る情報商材というのはなんと罪深いものか。

 

 

今日もそこから「ただ人と違うだけの道」を歩み始める人、そして気がついたら崖から落ちる人が大勢いるのだろうか...?

 

 

 

 

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register

NEMber who posted this article

二億円なんかいらない。
5758
0