Gift history
Please access after login.


Wait a moment...

【 初心者向け 】ハーベストの仕組みと、好きなノードで委託ハーベスト設定をする方法( NEM / Symbol )

13988
17
2021-03-13 02:08:53
0.00 mXYM
(0)
※ 3/18 修正・追記
こんにちは!
ついに、NEMの新しいチェーンのメインネットローンチも目前ですね!
 
無事ローンチされましたね!めでたいです!!
 
現在、新チェーンでスムーズに失敗なくハーベスティングをするための練習として、「#キツツキさんハーベスト大会」を開催中です。
 
練習としてのハーベスト大会は終了し、現在、メインネットでの本番のハーベスト委託を受け付け中です。
下に記載する内容は、現時点では、メインネットでも通用する方法ですので、本番ハーベストのやり方として、ご参考にしてください。
 
このハーベスト大会にの中で、いくつかの実験を行って、ある程度結果も見えてきています。
 
しかし今日は、その結果報告の前に、このハーベスト大会で、たくさんのお問い合わせを頂いた、「自分が好きなノードでハーベストをする方法」について書きたいと思います。
 
(逆に言うと、現状では、ネットワーク上にはハーベスト枠が空いているノードがあったとしても、この方法を知らないと委託ハーベストが出来ないことがあるわけです。)
 
少なくとも、当面は、メインネットでも通用する方法だと思いますので、是非、ご確認ください!
 
※ 詳しい方は、「ハーベストの仕組みとは?」はすでに知っていると思うので、読み飛ばしてください。そして、間違っている部分があればご指摘願います。
 
 
◆ ハーベストの仕組みとは?
 
まず最初に、少しだけ、「ハーベストとは?」について説明です。
 
イメージ重視の説明なので、正確性はご容赦ください。
 
ブロックチェーンは、別名、「分散型台帳技術」なんて言われたりします。
 
つまり、世界各地に「台帳」が「分散」して存在しているということになります。
 
ざっくりしたイメージとしては、世界中にたくさんある「台帳」に送金などの履歴を記録しておくことで、「台帳」をたった1つだけ改竄したりしても、システム全体としては正しい送金履歴を維持したりできるわけです。
 
この「台帳」の部分が実際にはどのような形で存在するかというと、それが「ノード」と呼ばれるものになります。
 
世界中に存在する多数のコンピュータに、この「ノード」の役割をさせることで、ブロックチェーンシステムは成り立っています。
 
つまり、「ノード」は、ブロックチェーンの超重要な基本インフラということになります。
 
 
で、ここからが本題です。
 
NEMでは、既存チェーン(NIS1と呼びますが、一般的には、これのことをNEMと呼ばれることが多い)でも、新しいチェーン(Symbol)でも、ハーベストと呼ばれる機能があります。
 
これは、イメージで言えば、世界中に存在する「台帳(ノード)」に、新しい「送金履歴を記録した新しいページ(ブロック)」を追加する作業をすることで、報酬を受け取る(ハーベストする)機能です。
 
世界中で、毎秒毎秒発生する送金を、随時、台帳に記録していく大事な仕事になります。
 
それだけ大事な仕事であるため、特定の誰かにその仕事を独占させると危険です。(書記係が固定になると、ウソの記録を残せてしまうようなものです)
 
なので、NEMでは、インポータンスと呼ばれるネットワークへの貢献度が高い人が、優先的に、この書記作業を出来るようになっています。
 
ネットワークへの貢献度が高い人が、ネットワークへの攻撃する可能性は低いという前提で、貢献度の高い人が高い確率で、書記権を得られるようになっています。
 
では、このインポータンス値を高めておけば、優先的に書記係(ハーベスト)をして、たくさんの報酬がもらえるのでしょうか?
 
残念ながら、そうではありません。
 
世界中で、毎秒毎秒発生する送金の記録をするためには、当然、1日中PCをネットワークに接続して、書記係が必要になるタイミングを待ち続け、そのタイミングが来た時には速やかに書記の仕事をしなければなりません。
 
しかし、多くの個人にとって、書記係専用のPCを用意して、それを24時間ネットワークに接続したままにして仕事をさせ続けるのは現実的ではありません。
 
そこで登場するのが、委託ハーベストという仕組みです。
 
これは、世界中の「ノード」の中から自分が選んだ「ノード」に、自分のインポータンス値(ネットワークへの貢献度を数値化したもの)を預けて、その「ノード」に書記係の代行を委託することで、自分はPCを24時間ネットワークに接続していなくても、報酬が受け取れるという仕組みです。
 
(ただし、ノードに書記係の作業を代行してもらうわけですから、報酬の一部はノードに支払う必要があります。家賃のようなものです。また、ノードには定員が存在しますので、定員以上のハーベスターは受け入れることができないなどの制約もあります。)
 
便利な仕組みですね。
 
ただし、いくら、ノードに書記の作業を委託するといっても、そのノード自体が不安定だったりすると、ハーベスト報酬を得る機会が減ってしまう可能性があります。
 
たとえば、誰かが実験用に建てたノードにハーベストを委託してしまうと、そのノードが実験のために停止している間は、報酬が得られるチャンスがなくなってしまいます。
 
なので、「なるべく知り合いのノードに委託したい」とか、「なるべく信頼ができる運営元のノードに委託したい」という希望が出てくることが予想できます。
 
しかし、です。
 
それが簡単ではなかったというのが今回のお話です。
 
ネットワーク上には、「ここに委託したい!」と思えるノードがあったとしても、そこへの委託が一筋縄ではいかないことがあるのです。
 
今回の記事では、そんなときの対処法について説明します。
 
 
◆ 狙ったノードでハーベストする方法。
 
※ ここからの説明は、デスクトップウォレットの基本的な準備が終わっている前提です。
 
まず、ハーベストをするためには、ウォレットに1万xym以上の残高があり、かつ、その残高によって発生するネットワークへの貢献度が反映されている必要があります。
 
細かい計算はややこしいので割愛しますが、ウォレットに1万xymよりも十分に大きい残高を用意して、数日間寝かせれば良いと覚えて下さい。
(詳細を知りたい場合にはググってみてください)
 
1万xymを少し上回る程度の残高の場合には、ハーベストできるまでに、かなり待つ可能性もあります。
一方、10万xym以上などの残高があれば、翌日にはすぐにハーベストできるようになると思われます。
 
この準備が整っているかどうかの確認方法ですが、とにかく、下の方法でハーベストしてみようとするのが簡単です。
 
成功すれば準備が整っていますし、失敗すれば準備が整っていません。
 
ここでは、準備が整ったあとの作業方法を解説します。
 
たとえば、私が建てている、下記のノードに委託ハーベストを依頼したかったとします。
 
【既存ノード】
nem1.kitsutsuki.tokyo … 定員とピアノード一覧の確認
nem2.kitsutsuki.tokyo … 定員とピアノード一覧の確認
nem3.kitsutsuki.tokyo … 定員とピアノード一覧の確認
nem4.kitsutsuki.tokyo … 定員とピアノード一覧の確認
 
※ 特別な理由がなければ、既存ノード(nem*.kitsutsuki.tokyo)よりも、下記の新しいノード(age**.kitsutsuki.tokyo)の利用をお勧めします。
 

【 お知らせ 3/23追記 】
予想を上回るハーベスト委託を頂き、下記の4ノードは、ほぼ満員状態が続いています。
そこで、これらのノードとは別に、「徹底的に委託ハーベスターの安心に寄り添ったノード」の準備を進めています。
近日中にリリースを予定しており、その際にはツイッターアカウント( @kitsutsukick )で告知を行うので、気になる場合にはフォローしてお待ちください。
 
→ リリースしました。「後から資金力を持った人が来ても追い出されない先着順(AGE順)」、「実績あるプロの保守(アップデート遅れ・設定の不備、サーバーダウンなどによってハーベスト機会が失われることを予防)」、「https対応によるネットワーク貢献」など、長期的な視点で安心して委託できるノードを用意しました。
 
各ノードの詳しい特徴はこちら → https://kitsutsuki.tokyo
 
【新しく用意した先着順ノード】
age01.kitsutsuki.tokyo … 定員とピアノード一覧の確認
age02.kitsutsuki.tokyo … 定員とピアノード一覧の確認
age03.kitsutsuki.tokyo … 定員とピアノード一覧の確認
 

 
 
◆ まずは、ウォレットでハーベスト設定してみる
 
※ 今後、デスクトップウォレットのバージョンアップで、多少、画面の配置などが変わるかもしれませんが、そんなに大きくは変わらないと思いますので、もし多少の表示の違いがあっても、それっぽい雰囲気で雰囲気で出来ると思います。(保証はしませんが…)
 
 
ここでは、仮に、「nem2.kitsutsuki.tokyo」にハーベストを委託することを目指してみましょう。
 
まず、ウォレット左側のメニューから「ハーベスティング」を選びます。
 
 
 
 
すると、このように、ノードURLを選択するための欄が表示されます。
 
 
 
 
そして、「ノードURL」の欄を選択すると、プルダウンでノードが選択できるようになります。
※重要:必ずプルダウンから選択してください。手打ちで「nem2.kitsutsuki.tokyo」等と打っても委託できません。
 
 
このリストの中に「nem2.kitsutsuki.tokyo」が表示された場合には、この後に書くややこしい設定はなしで、いきなりハーベストを委託できます。
 
→ その場合は、【 リストに委託したいノードが表示された場合 】まで進んでください。
 
 
 
【 リストに委託したいノードが表示されなかった場合 】
 
残念ながら、「nem2.kitsutsuki.tokyo」がリストに表示されなかった場合は、次の作業をすることで、リストに表示することができるようになります。
 
まず、委託したいノードの peers を確認します。
 
といっても簡単で、
 
[委託したいノードのURL]/node/peers
 
にアクセスするだけです。(APIノードの場合)
 
私のノードの場合であれば、こんな感じ↓ですね。
 
 
http://nem1.kitsutsuki.tokyo:3000/node/peers
http://nem2.kitsutsuki.tokyo:3000/node/peers
http://nem3.kitsutsuki.tokyo:3000/node/peers
http://nem4.kitsutsuki.tokyo:3000/node/peers
 
今回は、「nem2.kitsutsuki.tokyo」への委託を目指すので、
 
http://nem2.kitsutsuki.tokyo:3000/node/peers
 
をクリックして開いてみてください。
 
 

【 追記 】
私のノードに委託したい場合には、もっと簡単にpeerノードの一覧と、各ノードの空き状況を確認できるページを用意しました。
定員の状況や、peerノードの一覧は下の画像のように確認できます。
 
【 定員状況の表示例 】
【 peerノード一覧の表示例 】
 

 
たとえばfirefoxのブラウザでアクセスすると、こんな感じの画面が表示されます。
 
 
 
 
これは、私のノード(「nem2.kitsutsuki.tokyo」)と直接接続して通信しているノードたちのリストだと思われます(たぶん)。
 
これらのノードから委託ハーベストの依頼をかければ、私のノード(「nem2.kitsutsuki.tokyo」)に対してハーベストの委託が可能です。
 
このリストの中から、どれでもいいので、1つのノードに着目して、そのノードの「host」に記載されている値をコピーしておいてください。
 
この画像であれば、
 
54.202.203.68
 
でもいいですし、
 
beacon-01.ap-northeast-1.testnet.symboldev.network
 
でもいいです。
 
どれでもいいのですが、この解説ではわかりやすいように、数値の羅列ではない「beacon-01.ap-northeast-1.testnet.symboldev.network」に着目して考えましょう。(コピーしておきましょう)
 
※ このリストに表示されるノードは変わる可能性があるので、必ず、下記から確認して作業してください。
http://nem2.kitsutsuki.tokyo:3000/node/peers
 
 
この「beacon-01.ap-northeast-1.testnet.symboldev.network」を経由すれば、「nem2.kitsutsuki.tokyo」にハーベストを依頼できるようになります。
 
 
ちなみに、ブラウザによっては、このように↓あまり整理されていないグチャグチャな表示なることもあります。(画像はGoogle Chromeの例)
 
その場合でも、整理されていないだけで、表示されている内容は同じです。
 
「Ctrl+F」で検索窓を呼び出して、「host」で検索してあげると探しやすくなります。
 
 
 
 
とにかく、「nem2.kitsutsuki.tokyo」のpeersが確認出来たら、そのノードを経由してハーベストをしてあげなければなりません。
 
次に、この経由の方法を説明します。
 
ウォレットの右上の歯車のマーク(設定)をクリックします。
 
 
 
 
そして表示されたウインドウの左側メニューから「ネットワーク設定」を選びます。
 
 
 
 
すると、このようにノードURLを選ぶ欄が表示されるので、ここに先ほどの「beacon-01.ap-northeast-1.testnet.symboldev.network」を貼り付けます。
※ 重要:ここに「nem2.kitsutsuki.tokyo」と打っても、「nem2.kitsutsuki.tokyo」でのハーベストはできません。
 
 
 
ノードのURLを貼り付けると、プルダウンが表示されるので、それを選択してください。
 
 
すると、「ネットワークタイプ」、「ジェネレーションハッシュ」も自動的に埋まって、「ノードを追加する」が押せるようになります。
 
もし、これに失敗する場合には、
 
http://nem2.kitsutsuki.tokyo:3000/node/peers
 
から、別のノードを選んで同じことをしてみてください。
 
初めてやると結構面倒ですが、あと少しです。頑張りましょう。
 
 
この作業が出来たら、次に、ウォレット左下のノードと書かれている部分をクリックします。
 
 
 
すると、こんな感じで、ノードのリストが表示されます。
 
 
 
 
この中に先ほど追加したノード(今回の例では「beacon-01.ap-northeast-1.testnet.symboldev.network」)が表示されているはずなので、それを選択してください。
 
この作業をすることで、あなたのウォレットの接続先が「beacon-01.ap-northeast-1.testnet.symboldev.network」に変更されます。
 
つまり、この状態でハーベストを委託すれば、「beacon-01.ap-northeast-1.testnet.symboldev.network」を経由して「nem2.kitsutsuki.tokyo」にハーベストの依頼が出せるわけです。
 
この状態で、また「ハーベスティング」のメニューから選択できるノードを表示すると「nem2.kitsutsuki.tokyo」がリストに現れます。
 
 
 
ここまで来たら、下の【 リストに委託したいノードが表示された場合 】に進んでください。
 
 
 
【 リストに委託したいノードが表示された場合 】
 
「ハーベスティング」のメニューの「ノードURL」の選択リストに、委託したいノードである「nem2.kitsutsuki.tokyo」が表示されたら、あとは簡単です。
 
リストから「nem2.kitsutsuki.tokyo」を選択して、「すべてのキーをリンク」をクリックします。
 
 
 
 
すると、「トランザクションに署名」というウインドウが表示されますので、ウォレットのパスワードを入力して確認を押します。
 
 
 
少し待つと、キー情報の部分が自動的に埋まります。
また、右下に「有効化」のボタンが表示されます。
 
 
 
 
次に、有効化をクリックします。
すると、パスワードを要求する画面が2回表示されますので、パスワードを入力してください。
 
 
 
 
 
しばらく待つと、画面がこんな感じなります。
 
 
左上の「ハーベスト状態」緑に点灯して「有効」となります。
 
さらにしばらく待って(インポータンス値が低い場合には非常に長い時間がかかります)、ハーベストに成功すると、右側の「ハーベストされたブロック」のところに、貰うことができた報酬一覧が表示されます。
 
また、中央上部のように、あなたが生成した(書記作業を行った)ブロックの合計数や、その報酬の合計も確認できます。
 
 
以上で、狙ったノードでハーベストする方法の解説を終わります。
 
NEMの新チェーンでは、これまでに比べて、格段にハーベスト報酬を得やすくなっています。安定したノードに委託して、ガンガン報酬を手に入れましょう!
Writer
よろしくお願いします!(o?o)ノ♪?

Login required to post comment
Loading...
https://symbol-sakura-16.next-web-technology.com:3001,https://symbol.harvest-monitor.com:3001,https://hideyoshi-node.net:3001,https://harvest-01.symbol.farm:3001,https://criptian-xym-node.net:3001,https://35665.xym.stir-hosyu.com:3001,https://yuna.keshet.finance:3001,https://keshet01-symbol-paradise.com:3001,https://keshet03-symbol-paradise.com:3001,https://keshet04-symbol-paradise.com:3001,https://cryptocat-xym-node.com:3001,https://misaki-xym.com:3001,https://ik1-305-12844.vs.sakura.ne.jp:3001,https://17107.xym.stir-hosyu.com:3001,https://23639.xym.stir-hosyu.com:3001,https://sym-main-01.opening-line.jp:3001,https://sym-main-02.opening-line.jp:3001,https://sym-main-03.opening-line.jp:3001,https://sym-main-04.opening-line.jp:3001,https://sym-main-05.opening-line.jp:3001,https://sym-main-06.opening-line.jp:3001,https://sym-main-07.opening-line.jp:3001,https://sym-main-08.opening-line.jp:3001,https://sym-main-09.opening-line.jp:3001,https://sym-main-10.opening-line.jp:3001,https://symbol-node-01.kokichi.tokyo:3001,https://50038.xym.stir-hosyu.com:3001,https://27423.xym.stir-hosyu.com:3001,https://angel.vistiel-arch.jp:3001,https://xym.stakeme.tokyo:3001,https://00-symbol-node.yagiyoshi.com:3001,
6BED913FA20223F8,051FAEC15105C808,73019335A785A3AE,5289A9B0DBB7EB25,6B245EAF1302E444,2C4A4893229DD0A9,63509D495CAD7B80,