Gift history
Please access after login.


Wait a moment...

NEM/Symbol用ノード増築と、今後の自主規制についてのお知らせ

1194
4
2021-03-18 21:39:49
0.00 mXYM
(0)
こんにちは。キツツキです。
今回は、タイトルの通り、ノード増築と今後の自主規制の考え方について、ご報告したいと思います。
 
 
【 ノード増築のお知らせ 】
 
メインネットがローンチされた昨日より、私の方では、下記の3ノードを運用しています。
 
nem1.kitsutsuki.tokyo
nem2.kitsutsuki.tokyo
nem3.kitsutsuki.tokyo
 
今回、これら3ノードに加えて、本日、下記ノードをリリースしたことをお知らせします。
 
nem4.kitsutsuki.tokyo
 
現在、私の運営するノードに、予想を遥かに上回る委託ハーベストを頂いています。
 
まさに「嬉しい悲鳴」とはこのことで、私のノードにハーベストを委託してくれる方々には、深く感謝しています。
 
ありがとうございます。
 
それに伴い、「追い出されるのが怖いので、もう少しハーベスト枠を確保してほしい」というようなご要望も頂いています。
 
ノード増築は、このようなご要望に応えるためのものになります。
 
 
次に、今後の私の運営するノードの自主規制についての考え方についても報告させていただきたいと思います。
 
【 自主規制内容 】
・ 当面の間、ノードのハーベスター受入数は50アカウントをノード1台当たりの上限として設定します。
・ ノードの台数については、必要に応じて増強を検討しますが、あまり数が多くなりすぎないように配慮します。
 
【 背景 】
次に、上記のような自主規制を設けるという判断をするに至った背景を説明します。
 
まず、昨日のノードローンチ時の、ノード1台あたりのハーベスター受入数は30に設定していました。
(テストネットでの実験より、この程度の数であれば問題なさそうだったため)
 
しかし、ありがたいことに、すぐにハーベスターの方々から、たくさんの委託を受けて、昨日の間にノード1台あたりの受入数を50まで増強しました。
 
それでも、この記事を執筆している現時点で、私が運営するノード(1~3号機)の受け入れ人数は、40代後半となっており、残り数枠程度となっています。
 
正直に言いますと、現時点で、ノードにかかっている負荷はノードスペックに対して十分に余裕がありますので、まだまだ受入数の上限を上げることは可能だと思います。
 
しかし、あまりにも1台のノードにハーベスターさんが集まりすぎると、ネットワーク全体の分散性・健全性の観点から、必ずしも理想的な状態ではなくなってしまうと考えます。
 
また、私自身の考え方として、Symbolネットワークの経済的な設計の中で、ノードに対して「ネットワークに貢献することで報酬を得る」という役割が与えられていることが、ネットワーク全体の持続可能性にとって非常に素晴らしい設計になっていると感じている部分がありました。
 
ですので、1台のノードであまりに多数のハーベスターさんを受け入れるのは、違うという思いがあります。
 
1ノード運営者の立場から言わせてもらえば、1台のノードで際限なくハーベスターを受け入れられる状態というのは、非常に経済合理性が高く、単純にお金のことだけを考えるなら、ノード運営者としてはハーベスターの受入数は際限なく上げていくのが当然です。
 
しかし、私個人の考え方として、「ネットワークへの貢献」も重要視しているため、ある程度は、ネットワークへのリソース提供と、ハーベスターさんの受入数は比例しているべきだと考えます。
 
このような考えから、他のノードの状況なども見つつ、今回、暫定の数値として私の運営するノードでは、ノード1台あたりのハーベスト受入数を50とすることにしました。
 
なお、この考え方は、他のノード運営者の方に押し付けるつもりはなく、あくまで私個人の考えです。
 
また、50という数値も、今後の他のノードの状況や、ノード維持コストが賄えるかというマーケットの状況、あるいはコアデブ等のネットワークの健全性に関する考え方などが表明されて私の考えが変わった場合、その他の要因で、随時、変更させてもらう可能性はあります。
 
50は、あくまで、現時点での自己規制の数値とお考え下さい。
 
あくまで個人的な考えですが、将来的には、アップデートなどで、ノードが事実上無尽蔵にハーベスト受け入れられる状態に対してプロトコルで規制を設けることを検討する必要もあるかもしれないと思っています(現時点では)
 
私としては、強欲なノード運営者が利己的な競争をしても、ネットワークの健全性が保たれるプロトコル設計が理想だと考えます。
 
 
また、ノード台数を増やすことについても、ネットワークに存在するノードが、特定個人の運営によるものに偏るのは健全性に欠く状態だと考えます。
 
もちろん、NIS1(いわゆるNEM)でも、特定個人が運営していると思われるノードが(感覚値ですが)10台以上は存在していたこともあるように思いますし、SymbolにおいてもNGLという特定の団体が多数のノードを運用しています。
 
したがって、現時点で私が運用しているノード数である4台という数値は、問題になるほどの数だとは思っていませんし、まだまだ需要があれば増強しても良いかと考えています。
 
しかし、現時点では明確な数値はありませんが、ノードの増築についても、ネットワークの状況と自己の倫理観に照らし合わせながらバランスを考えた数値以上には増やさないように配慮しようということについては明言しておきたいと思います。
 
 
このような考え方から、上記のような自主規制を設けるという判断に至りましたので、私のノードに委託してくださるハーベスターの皆様や、その他のステークホルダーの皆様には、ご理解いただければと思います。
 
なお、現時点では、号機の番号が若いほど競争が激しいように見えますので、委託ハーベストを検討している場合は、なるべく数値の大きいノードに委託したほうが、競争は穏やかだと思われます。(という情報をだすことで、今後状況が変わるかもしれませんが…)
 
現時点では、1号機ほど競争が激しく、2,3,4号機と番号が大きくなるほど、競争が穏やかな状態です。
 
ノードスペックについては、すべて同一のマシンを使っていますので、差はありません。
 
 
 
 
Writer
よろしくお願いします!(o?o)ノ♪?

Comment
Login required to post comment
Loading...
https://symbol-sakura-16.next-web-technology.com:3001,https://symbol.harvest-monitor.com:3001,https://hideyoshi-node.net:3001,https://harvest-01.symbol.farm:3001,https://criptian-xym-node.net:3001,https://35665.xym.stir-hosyu.com:3001,https://yuna.keshet.finance:3001,https://cryptocat-xym-node.com:3001,https://misaki-xym.com:3001,https://ik1-305-12844.vs.sakura.ne.jp:3001,https://17107.xym.stir-hosyu.com:3001,https://23639.xym.stir-hosyu.com:3001,https://sym-main-01.opening-line.jp:3001,https://sym-main-02.opening-line.jp:3001,https://sym-main-03.opening-line.jp:3001,https://sym-main-04.opening-line.jp:3001,https://sym-main-05.opening-line.jp:3001,https://sym-main-06.opening-line.jp:3001,https://sym-main-07.opening-line.jp:3001,https://sym-main-08.opening-line.jp:3001,https://sym-main-09.opening-line.jp:3001,https://sym-main-10.opening-line.jp:3001,https://symbol-node-01.kokichi.tokyo:3001,https://50038.xym.stir-hosyu.com:3001,https://27423.xym.stir-hosyu.com:3001,https://angel.vistiel-arch.jp:3001,https://xym.stakeme.tokyo:3001,https://00-symbol-node.yagiyoshi.com:3001,
6BED913FA20223F8,051FAEC15105C808,73019335A785A3AE,5289A9B0DBB7EB25,6B245EAF1302E444,2C4A4893229DD0A9,63509D495CAD7B80,481D74291A71FD1F,009388A38C91A8B2,4E94920841641B77,027C6AD49DE2C9F9,29FCA5D3092205EC,56085AD9FCE150AC,7D47EE5423795E68,1FCD7C6B47C7AC5C,34F165131675B97B,2277A3D3C939E3BD,1BEE7E51C52B9E4C,7DE0FA227D5C284A,69C715D2F4E80338,5CF9D768B02E51EA,5B96E6496754C18E,35584939456EE19C,430AB6F115D709C5,202FC8C6762F1286,1DA6F5986C56CAB4,77F0C0918BDDCA75,05D935AB3DBBBDA7,3AB05B7B3373067F,383EEBD409479BDD,282E5F730EEF0F3C,108AFF21E54B77EB,0C4AAE8E82E054FD,18964001EF89D687,15BDE2DDF36FE763,01E2769C92FFB187,427C7F0474B2170B,3F2EEE17968715D5,6C0AFBA20EEBF08B,22975F2097F16D15,2A30D04FF35E8641,03ACEC4F51A71804,5235C4249928922B,2BFEB24F70B91041,741320E728843965,7C4E97850A863208,0586FF7E5ED1C680,606432C50BDE4EB5,15A6AD5E5ED6AC0E,59932634EDBF2A21,5E4F05ED77C64434,71C79278A325FF67,616EC15DE7D641A0,25C2DAB4FE687CBE,3D78B91922741293,5DC4B8DCDC4D3098,2693037B1881D5FA,178FE008F5DCE797,174A93DA9B651FBD,128B2CD071838D3E,1F5630200C5A6025,43449FF761B3DD67,4B20F46C289CA548,35DBA0A70A96615F,78CE44A425CD4514,37179FDE046FE7F2,1739E47C99BAF114,0F3B4A0F2E58703B,3C41561BE3DF7461,2AF0FBFEBF29231F,74CD75720BA4F553,1A5229DC90802C6C,0D2888CD0CBB78EE,2558F02FE439C78F,5DDD07C51EC896A7,437B094116B91BF3,6C9E7CFE33220C8F,38E1C92F412FCA96,2FB263845F59AF82,28C3C38B84138804,659821D4511185A7,7C6095DA82D3E981,70ADA95932385F9F,0BE6C51AD316BF2B,78E6ED1B6C05FD98,39534A8DFD9C0F1E,1BAF1FE1AAF90CD0,6782B8D9162D0C12,5EF22919F6EA15F7,04A3F3F5C088626A,7484B044AC8EF734,305B0ECE763A1E81,08738DB598D0BA37,6F4018163AC51F88,46650CE0C72739A8,0208FCB9186781E5,4E685399C9F8C991,77DB7D348B042A18,578ED7B270B43E64,0B34212023AA5139,479CEDAEE6FAC642,4266458B86437B4B,1F7022D092066B94,0CA28E24CB575AA6,4DCC3C025CDC0BB8,1BD05266C7410EE1,45C46BC710C187AF,7CC2C672543CA102,555BA3719D30D3B9,75C4079CCCCF3E82,66C98D947EAC56FB,1C041AB88A8D222B,79C13E9FE7DA49AB,54D872B5DB378F52,5C97B2414157B039,31E7A64CFF778586,1DFD11EEDA4662C4,18506C180280D8AB,02E95DB8811B3F7A,2D289599AF071703,17EA80052AF590B0,5239AE78AA9011CC,6B6511925501765B,2730974F2D11E9FA,08AB4E53E95E417E,1D0DD379C8C4BA49,26EE7E07E1255FAB,015FABE3F602FA91,366D7D6540335156,2D1E8E73B9F09391,043694AD272BCEBA,064335A213099492,3C40AE05D9758591,71C4BCA24A2FA6C1,20170ABD32244B78,74EBE4C9FD9C3BC8,713583F712D574FA,7C05BBBD486CF544,634D5A328A659C41,2DA0EC8CA32B7CE6,4D0ECC9F6F70D67D,7426EE72B3DFD620,3C3E58B64A8CD43C,5007CF79DF192FB2,1531F39F1B0AA8C3,5D1E928E7902404F,74599424DE012A19,52F96AC0043B02D8,0C694031CFC22C84,03D6EE58174D16DD,054B071E97323D54,2B58942A0A9D3908,7FE10DF86F32776F,1A08F9B88AE4CCF9,03CB7A99E6F6F65A,2F0BAAAD886013B2,7D8FF6C570E909C3,237ACBD2073D7C22,29498519D19B27CF,03E85F9F15A92D27,62B4F899B6DADDFF,6649A6F82740775E,1FA7CAD8017C3045,5FFB7126DD87CC5B,07039874D46F8B44,3391DD8105AD0C82,56C97E544EA9C149,6103DBFFA022249B,41E9771D99FF96A5,65CF7BE26FC7BF56,789063B9FDA7D02B,3EE026A17E4D1895,44B13D3F4EEB8AC9,248AAD9D9E2C1984,0CEDE2DEDDB4832F,5DFE51E2C6617CA4,4FAE3B092339A328,03B7E30D264E586B,3B5B8D2389EEB8C9,0058930348E8DA39,43C44AE173D50661,16E0B9B56763A2A6,43B05E6CCD87A765,33276E3A53106C11,24F35BCEA31E9AFB,49320DB27BA10BF5,01B69528B052EFA3,21C3025E1B2B9D3C,613FFCD9027A73D9,79A5BC34AE8B6314,35BFF98EA19690D4,156CDDD2D6791814,6E4E5A6C8F1ECA31,21BCF4CD26C307FF,15F6E07EAC6D5186,71A24162BA611651,0EDC8542160D8DAA,771BAE5451E881A8,1E47CA21337876B5,7688DC299D77C545,1166391DB32354A4,6A0AF7328EBBE113,38E48122C0FC8BCF,484874B2C669D6E1,