Gift history
Please access after login.


Wait a moment...

ハーベスト 今後の妄想

420
6
2021-03-21 02:15:19
0.00 mXYM
(0)

本日ハーベストのまとめ記事作りましたが

ローンチ初期だからこその不便さがある状態なので

数ヶ月もしないうちに便利さがマシマシになって不要になるんじゃないかなと思います

現状需要のあるもの

委任側

・ノードの受け入れ人数の設定、もしくは空き枠数が知りたい

・ノードの設定手数料や先着か重要度順かを知りたい

・ハーベストの有効化状態を知りたい⇒クリア

・ハーベストしたときや委任が追い出されたときに通知がほしい

・確定申告用にハーベスト時の時価と枚数を抽出したい

・モバイルとデスクトップの表記が異なる状態を直してほしい

 

ノード側

・重要度の高いアカウントに委任してほしい

・そもそも空きがあるので委任数が増えてほしい

・委任者のインポータンスが知りたい

・確定申告用にハーベスト時の時価と枚数を抽出したい

 

ノード立ててないからノード側はちょっとわからないけどこんな感じ?

このうちのいくつかは、おそらくすでに有志の方が作り始めてるのではないかと

 

 

また、allnode等でノードの運営が非常に容易になったこともあり、空き枠に対して委任者が足りないという事態が起きる可能性があります。非常に。

現在のノード数は700強、それに対し委任者は5000弱

単純計算で1ノードあたりの8名前後囲える形。

ノード数は本日夕方以降に爆発的に増えたので、今後も増え続ける可能性が高いです。

 

 

 

ノード運営者=地主

委任ハーベスター=小作人

インポータンス=植物などの種

とすると

 

地主は種を持った小作人に農地を貸すことで、蒔いた種が実り収穫した際

その一部を農地貸出料として徴収できるといった形

ノードを立てることは畑を耕していつでも種をまける状態にしておくこと。

 

ただ、耕したところで種が蒔かれなければ収穫はできないので

種を持った小作人に農地を使ってもらう必要があります。

できるだけ種をたくさん持ってる人がいいですね。

 

小作人に対して農地が多すぎれば畑を維持するコストがペイできないので農地の数が減少する可能性があります。

もしくは小作人を少しでも引き入れようと、農地の利用者に対して特典を用意するなどの動きが起こる可能性があります。

逆に、小作人に対して農地が少なければ、少しでも種を活用して収穫したい小作人は農地を借りるために高い手数料もいとわない可能性が高いです。

 

このあたりの需給バランスがどの程度のところで安定するのか非常に興味があります。

今現在はノードはまだまだ増える余地があり、委任人数に関してはウォレットで事前オプトインをしていたアカウントに限られるのである程度上限が見えている状況ですので、前者の状態になる可能性が高いですね。

 

農地を使ってもらうにはどうしたらいいか こういったアイディアがいっぱい出てくるのではと思います。

・ノード情報の積極的な公開(委任可能数、手数料、優先順のルール)

・手数料の利率を下げること(現在はまだ設定できない?)

・委任者に対して特典を用意すること

などがおおまかに考えられるアイディアになります。

 

ノードの公開は、やはりより詳細なノード情報を一覧で見れるサイトがあると重宝されそうですね

例えば、なにかSymbolで開発されている方のノードの説明文に

収穫で得た報酬は全て○○の開発に活用します! とかあったら、その活動を応援したい人が支援する形で委任するというのも想定できます。

他にも、○○の寄付に活用しますとか。報酬の用途を公開することで支援を募るタイプのノード。ちょっとクラファンチックでもありますね笑

 

手数料の利率を下げることは委任者からしたら魅力的ではありますが、代わりにノード運営者の収入が減るわけなので、個別に設定できるようになったとしたら全体の平均にあわせる心理と若干下回ることで優位性を確保する心理が働き、保守の費用対効果もあわせて徐々に下がっていくのではと思います。

 

一番魅力的な部分は 特典を用意すること ですね

純粋に、インポータンスごとに手数料の料率変更(高インポータンスアカウントには数%バック等)

お金としての見方をする場合こういった特典を魅力に感じる人ももちろんいるでしょう。

もしくは、委任者だけがorインポータンスが一定以上の委任者に対して、その人たちだけが体験できる特別な○○の提供、とか。

今これで浮かんだのが 株主優待 みたいなのでもいいのかな。

1年間委任状態を続けてくれた方にお米5Kgプレゼント!みたいなのもありそう。笑

ハーベスト獲得時に徴収した手数料と同量の独自モザイクをポイントとして付与してナニカに使えるとか

手数料を全体平均より下げて特典なしパターンと

手数料高めだけど特典用意してるよパターンにおおきく分かれるのではと思います。

 

特典ありパターンとしては

トリガーをどこにするのか

・委任期間

・インポータンススコア

・収穫時

・一定期間の収穫数量(徴収数量)

 

特典をなににするのか

・XYMで還元(実質割引orボーナス)

・モノで還元(株主優待パターン)

・独自モザイク配布(魅力的な用途を別途用意する必要)

・独自の体験や情報の提供

 

何を用意するのか、どういう組み合わせにするのか

そういったのを考える方が出てくるのではと思います。

誰かがやり始めれば、他の誰かもやり始め

ノードの分散化とともに多様化も進むんじゃないかなぁ

 

ノード収益で開発・寄付とかは個人的にかなり魅力的ですね

ツール作ったりとかそういうの全然できないので、利用させていただいているところへ少しでもお礼になったりするのならWin-Winじゃないですか。

 

他にも、新規顧客開拓みたいなかんじで、委任設定をしていない(できていない)アカウントに対して

インポータンスが付与されていて10000XYM以上保持、かつ直近でTxの送受信などの活動が見られるなら、「ウチで委任しない?」みたいなスカウトのメッセージが届いたりする可能性もあるんじゃないかな?

もしくはインポータンスの高いアカウントに対し、他ノードにすでに委任済みであってもヘッドハントする形でメッセージが届いたりとか・・?

 

ありそうじゃないですかね

 

おもしろいなぁ

 

まさにNEM New Economy Movement 新しい経済活動。

 

ノードやらハーベストやらだけでこれよ

ここに更にSymbolの機能をビジネスとしてのユースケースなんか出てくるとももう盛り上がりがヤバそう

 

ビジネスとしてノードを立てて委任者を募り、委任者には特典用意

ノード運営で得た利益はビジネスで使うチェーン利用手数料として活用され

顧客側からは手数料一切かからずサービスを利用できる、とか

 

 

妄想とかあまりしないタイプなんだけどちょっとワクワクが強くて書き出してしまいましたw

 

以上、雑記でした~

 

Writer
暗号通貨に関わって思ったことや出来事の雑記を綴っていく予定です。こんな時期もあったなぁって数年後に読み返すの! NEMのリアルコインについてなんかも。 フツーに日記とかも書くかもw PC関連の知識はタイピングできるレベルの一般人。普段は店舗販売で接客業しています。 そんな、ちょっと好奇心旺盛な一般人が、興味のない一般人を引っ張る方法なんかも考えていけたらなぁって思ってます。 ストア(ホームページ)のほうでコインも置かせていただいてます。 よろしくお願いいたします😋 Twitter : https://twitter.com/_nononon__

Comment
Login required to post comment
Loading...
https://symbol-sakura-16.next-web-technology.com:3001,https://symbol.harvest-monitor.com:3001,https://hideyoshi-node.net:3001,https://harvest-01.symbol.farm:3001,https://criptian-xym-node.net:3001,https://35665.xym.stir-hosyu.com:3001,https://yuna.keshet.finance:3001,https://cryptocat-xym-node.com:3001,https://misaki-xym.com:3001,https://ik1-305-12844.vs.sakura.ne.jp:3001,https://17107.xym.stir-hosyu.com:3001,https://23639.xym.stir-hosyu.com:3001,https://sym-main-01.opening-line.jp:3001,https://sym-main-02.opening-line.jp:3001,https://sym-main-03.opening-line.jp:3001,https://sym-main-04.opening-line.jp:3001,https://sym-main-05.opening-line.jp:3001,https://sym-main-06.opening-line.jp:3001,https://sym-main-07.opening-line.jp:3001,https://sym-main-08.opening-line.jp:3001,https://sym-main-09.opening-line.jp:3001,https://sym-main-10.opening-line.jp:3001,https://symbol-node-01.kokichi.tokyo:3001,https://50038.xym.stir-hosyu.com:3001,https://27423.xym.stir-hosyu.com:3001,https://angel.vistiel-arch.jp:3001,https://xym.stakeme.tokyo:3001,https://00-symbol-node.yagiyoshi.com:3001,
6BED913FA20223F8,051FAEC15105C808,73019335A785A3AE,5289A9B0DBB7EB25,6B245EAF1302E444,2C4A4893229DD0A9,63509D495CAD7B80,481D74291A71FD1F,009388A38C91A8B2,4E94920841641B77,027C6AD49DE2C9F9,