Gift history
Please access after login.


Wait a moment...

これがリアルな Symbol/XYM ハーベスト状況(その1)

1099
4
2021-03-27 18:17:26
0.00 mXYM
(0)

雨のち晴れです。

先日は、Symbolノード所有者向けに「これがリアルな Symbol ノード構築状況」をまとめましたが、「これがリアルなシリーズ」第2弾は、ハーベスト状況を取り上げます。Symbolノード所有者だけでなく、ハーベスティングしている人であれば誰でも知りたい、気になる内容ですよね!

Symbolは、30秒に1つブロックを生成(ハーベスティング)してブロックチェーンに保管しますが、ブロックを生成するアカウントは、その報酬(トランザクション手数料とインフレーショントークン)を受け取ります。この報酬を得る機会が30秒に1回、1日あたり2,880回あることになります。

 

本日現在、ハーベスティングに参加しているアカウントは全世界で7,181なので、40%の確率(2.5日で1回)で報酬があるかも?と期待してはいけません。実際には、「1週間経つけどハーベストできない」「まだ1回もハーベストできない」「周りでは毎日ハーベストしている人もいるのに」と感じている方が大半でしょう。だって、ハーベスティングする機会は同じじゃないですから!

 

ハーベストする確率を上げるにはインポータンスが重要だというのは他のブログや記事で書かれていますので、当ブログではどれほど「同じではない」加減を見ていきたいと思います。以下の内容は、2021年3月26日午後1時過ぎからの2,880ブロック(1日分)を元にしています。さて、まずは衝撃の事実から!下記の表1をじっくりとご覧ください。

 

表1:アカウント毎の1日のハーベスト状況

1日のハーベスト回数 アカウント数 比率 ブロック数 比率
1 596 58.6% 596 20.7%
2 135 13.3% 270 9.4%
3 65 6.4% 195 6.8%
4 46 4.5% 184 6.4%
5 37 3.6% 185 6.4%
6-10 115 11.3% 850 29.5%
11- 23 2.3% 600 20.8%
合計 1,017 100% 2,880 100%

※ ノード運営者としてハーベストの一部を受け取る場合は、上記のアカウント数には含まれていません。

 

何か気づいたでしょうか???

 

そう、まず、1日で複数回ハーベストしている人がいる、しかもかなりの割合、しかもかなりの回数!最高回数は、なんと52回、1時間に2回以上のペースでハーベストしていました。お察しの通り、そのアカウントはスーパーノードが建てられるほどXYMを所有しています。とはいえ、ハーベストできた1,017アカウントのうちのたった2.3%(11回以上)が、20.8%の報酬機会を獲得しているという、富のあるところに富が集まるんだなーということです。60%近い比率を占めている1回組は、全体報酬機会の20%ちょっとしか得られていませんでした。

 

さて、私を含め、ハーベストするかしないか指折り数えている層としては、1回でも良いからハーベストしたアカウントはインポータンスとか枚数とかどうなんだろう?と思いますよね。ただし、1回の中には、何日も待ってようやく1回ハーベストできたアカウントが多く含まれていることが容易に想像できますので、実は、1回と2回の間にこそ大きな違いがあるのではと思っています。

 

それを検証するには時間が足りず。。。数が多いのでいくつかサンプリングした内容を、次回取り上げたいと思います。

 

それではまたー。

 

 

 

 

 

 

Comment
Login required to post comment
Loading...
https://symbol-sakura-16.next-web-technology.com:3001,https://symbol.harvest-monitor.com:3001,https://hideyoshi-node.net:3001,https://harvest-01.symbol.farm:3001,https://criptian-xym-node.net:3001,https://35665.xym.stir-hosyu.com:3001,https://yuna.keshet.finance:3001,https://cryptocat-xym-node.com:3001,https://misaki-xym.com:3001,https://ik1-305-12844.vs.sakura.ne.jp:3001,https://17107.xym.stir-hosyu.com:3001,https://23639.xym.stir-hosyu.com:3001,https://sym-main-01.opening-line.jp:3001,https://sym-main-02.opening-line.jp:3001,https://sym-main-03.opening-line.jp:3001,https://sym-main-04.opening-line.jp:3001,https://sym-main-05.opening-line.jp:3001,https://sym-main-06.opening-line.jp:3001,https://sym-main-07.opening-line.jp:3001,https://sym-main-08.opening-line.jp:3001,https://sym-main-09.opening-line.jp:3001,https://sym-main-10.opening-line.jp:3001,https://symbol-node-01.kokichi.tokyo:3001,https://50038.xym.stir-hosyu.com:3001,https://27423.xym.stir-hosyu.com:3001,https://angel.vistiel-arch.jp:3001,https://xym.stakeme.tokyo:3001,https://00-symbol-node.yagiyoshi.com:3001,
6BED913FA20223F8,051FAEC15105C808,73019335A785A3AE,5289A9B0DBB7EB25,6B245EAF1302E444,2C4A4893229DD0A9,63509D495CAD7B80,481D74291A71FD1F,009388A38C91A8B2,4E94920841641B77,027C6AD49DE2C9F9,