Gift history
Please access after login.


Wait a moment...

ノード監視用LINEボット(ベータ版)6/1更新

699
2
2021-05-04 19:40:49
8100 mXYM
(5)

自分用にノード監視ツールを作っていたのですが、
ちょっと勉強がてらLINEボットにしてみました。
自分は同様のツールをSlackで使っていたのですが、LINEで需要があるかもと思い移植しました。

ノードのヘルスチェック(稼働確認とブロック高遅れの確認)と
委任者の状況確認を定期的に行って、状況に変化があれば通知されます。
※5/22 委任者の状況変化の確認頻度を抑制しています。ノードのヘルスチェックを優先するためご了承ください。
※6/1 ヘルスチェックの異常のみ通知するモードを追加しました。

ベータ版として公開しますので、ノード管理で役に立ちそうなら使ってやってください。

LINEでこちらのQRコードを読み込んで友達に追加すればOKです。


友達に追加したら、まず監視対象ノードを設定するため、以下のメッセージを送ってください。
/setnode <対象ノードのアドレス>
例:/setnode hoghoge.com
あとは、放っておけば状態変化があったときに通知があります。
/nodeと送れば対象ノードへの委任状況の概要が返信されます。
(データが取得されないうちに/nodeを送った場合、空の返答が返ってきます。データ取得まで気長にお待ちください。)

コマンドヘルプ
◇設定済みノードの委任状況の情報取得
/node :簡易表示(unlockedaccountの数、全体のamountとImportance)
/node all :詳細表示(簡易表示の情報に加え、ハーベスター個々のamountとImportanceも表示)
※5/22時点で/node allを一時停止しています。サーバー側のパフォーマンスの状況を見て再解放することを検討しています。
 何卒ご了承ください。
◇設定したノードの削除
/delnode
◇アラート/復旧の通知設定
/notify :現在の設定を表示
/notify 0 :「通知しない」に設定
/notify 1 :「通知する」に設定(ヘルスチェックの異常、委任状況の変化があった際に通知)
/notify 2:「ヘルスチェックの異常のみ通知する」に設定(委任状況の変化は通知しない)
なお、ノードの応答が確認できない状況が継続した際の通知は、間隔をあけて行うようにしています。
※一定期間、この状況が継続するとノードの登録を削除します。

余談ですが、LINEボットは別の目的で作る機会があったので、
ものは試しということで、これも作ってみました。
もともとの目的は、最近電車に乗る機会が増えた小3の息子が、
まだ、乗り換え検索を使いこなせないので、帰りの電車だけでも簡単に検索できるようにするためのもの。
こっちは役に立つか息子のフィードバックをGW明けにもらう予定です。

今回のツールはノード管理者向けですが、XYMホルダー向けのツールも検討中です。
PythonのSDKも出たことですしね。

Writer
NEMに惹かれた2児の父です。頑張った後のおいしいビールは大事なひと時。 Symbolノード運営中です。 01.symbol-gentoo.tokyo

Comment
Login required to post comment
Loading...
https://symbol-sakura-16.next-web-technology.com:3001,https://symbol.harvest-monitor.com:3001,https://hideyoshi-node.net:3001,https://harvest-01.symbol.farm:3001,https://criptian-xym-node.net:3001,https://35665.xym.stir-hosyu.com:3001,https://yuna.keshet.finance:3001,https://cryptocat-xym-node.com:3001,https://misaki-xym.com:3001,https://ik1-305-12844.vs.sakura.ne.jp:3001,https://17107.xym.stir-hosyu.com:3001,https://23639.xym.stir-hosyu.com:3001,https://sym-main-01.opening-line.jp:3001,https://sym-main-02.opening-line.jp:3001,https://sym-main-03.opening-line.jp:3001,https://sym-main-04.opening-line.jp:3001,https://sym-main-05.opening-line.jp:3001,https://sym-main-06.opening-line.jp:3001,https://sym-main-07.opening-line.jp:3001,https://sym-main-08.opening-line.jp:3001,https://sym-main-09.opening-line.jp:3001,https://sym-main-10.opening-line.jp:3001,https://symbol-node-01.kokichi.tokyo:3001,https://50038.xym.stir-hosyu.com:3001,https://27423.xym.stir-hosyu.com:3001,https://angel.vistiel-arch.jp:3001,https://xym.stakeme.tokyo:3001,https://00-symbol-node.yagiyoshi.com:3001,
6BED913FA20223F8,051FAEC15105C808,73019335A785A3AE,5289A9B0DBB7EB25,6B245EAF1302E444,2C4A4893229DD0A9,63509D495CAD7B80,481D74291A71FD1F,009388A38C91A8B2,4E94920841641B77,027C6AD49DE2C9F9,