connecting...
Google translation for articles :
5 NEMBER donated to you!!

毒にも薬にもなるVR(バーチャルリアリティー)

nem4.21xem (5) 490 2 3

Oculus GOが発売されたこともあり、VR(バーチャルリアリティー)の本を読むことにしました。「VRは脳をどう変えるか? 仮想現実の心理学 」(ジェレミー・ベイレンソン著、倉田幸信訳)を読んで感じたことを書きます。

VRは脳をどう変えるか?

VRを使うことで、世の中をより良くしていく活用事例が紹介されていました。いくつか紹介します。(著者が心理学の教授ということもあり、大学での心理学実験の結果が多く記載されています。)

VRが我々の経験を加速する

冒頭は、アメリカンフットボールのクォーターバック(ゲームの司令塔の役割をする人)がVRを使って練習する、という話です。クォーターバックは様々な攻撃パターン、守備側の対応、などを頭に入れて試合に臨みます。そのための練習にVRを取り入れることで、成果が上がったそうです。ちなみにアメリカンフットボールには、170種類も作戦がある(これでも減らしたらしい)、ということにも驚きました。

アメリカンフットボール以外にも、パイロット・消防士・外科医・看護師・警察官などの訓練に役立つであろう、とも書かれています。訓練用のVRが開発されれば、身体的な危険なしにスキルアップしやすくなりますね。

治療にもVRが役立つ

VRを使うことで、病気などの治療にも役立ちます。PTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療法としてVRが選ばれることがあります。

VRは、PTSDだけに限りません。重度の火傷など、治療するために患者が苦痛を感じるような場合に、VRに没入してもらうことで、痛みを和らげる、という方法もあるそうです。

高齢者を模擬体験する

著者のグループは、アバター(VR上に投影される自分の分身)の見た目を高齢者にして、VR上では高齢者として他の人と会う、という高齢者を模擬体験する実験をしました。その結果、模擬体験した人は高齢者への印象が良くなる、という実験結果が出たそうです。

 

このように、VRを活用することで、私たちの生活がより良くなることでしょう。

しかし、使い方次第では危険な道具にもなりかねません。

プロパガンダでの使用

VRは、見る人に印象付けるのに効果的です。しかし、もし悪用されれば、プロパガンダ、フェイクニュースなどに使われてしまう、という危険もあります。

暴力的な体験

著者たちのグループは、暴力的な内容(例えば、人を殺すゲームなど)をVRで行わない、ということを決めています。しかし、(売れるのであれば)暴力的な内容のVRゲーム・映画などを制作するグループも出てくるかもしれません。

(この本を読んだ後にニュースで知ったのですが、ギロチン処刑を模擬体験するVRも実際に存在するらしいです。)

 

いくつか事例を紹介しましたが、VRは、うまく使えば凄く役立つ一方で、使い方によっては危険にもなります。暴力的な内容については、将来はルールやガイドライン(映画のレイティングシステムのようなもの)が作られていくと思います。現在はVRが世に出たばかり、ということで、使う人が危険性について、きちんと注意しておかないと危ないかもしれません。

ちなみに、著者たちは、安全を最優先する、という行動規範を設けています。

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
クイックネム
2018-11-04 19:09:14ID:5949

>>姉崎あきか::
VR、とても面白いです。今後広まることは間違いないです。

一方で、現在はまだ危険度の評価が無いので、危険なVRを知らないうちに体験してしまう、という可能性もあるのが怖いところですね。(危険な体験であっても、体験する人が内容や危険度等の説明をきちんと受けたうえで希望して体験するのであれば、それはそれで本人の選択なので、他人が口出しすることではないですけど。)

姉崎あきか
2018-11-03 20:44:16ID:5729

参考になります♪ VRはヴァーチャルだけど、やっぱり現実の経験にかなり影響を与えるんですね。
VRで苦痛をやわらげる……医療現場でそんな使い方も模索されているなんて驚きです。
VRもAIも、現実がどんどんSFみたいになっていて、わくわくする一方で、注意しなきゃいけないことも増えていくんだろうな~と思っています。ギロチン体験……怖い(>_<)

NEMber who posted this article

ホームページからリンクを貼るだけで仮想通貨決済できるQuickNEMを開発して公開している。 (為替レートの自動換算、住所入力フォームなどに対応)
https://quicknem.com/


WordPress(WooCommerce)と連携するプラグインを無償公開
https://wordpress.org/plugins/quicknem-for-woocommerce/

【こんな記事が書けます】WordPress, PHP, jQuery, Ajax

【執筆した書籍】
WordPress ユーザーのための PHP 入門 はじめから、ていねいに。第二版
徹底攻略 PHP5 技術者認定 [上級] 試験問題集 [PJ0-200]対応
6255
0

クイックネム's articles