Gift history
Please access after login.


Wait a moment...

dHealthのノードを建ててみた

979
6
2021-06-14 12:39:05
57146 mXYM
(8)
もなかです。

先日、自力でハーベストを行ったXYMアカウントに対してDHPのエアドロップが行われました。

しかし、現状dHealthのノードの委任のできる数はエアドロップが行われたアカウントの数に対して”圧倒的に不足”しております。

そこで現状を打破すべく、dHealthのノードの建て方を調べたところノードの建て方を発見いたしました。

http://api-peer-voting-dhealth.xym-node.com/
です。委任上限数100に設定してみたのでもしよければ委任してみてください!

方法をここに書いてみようと思います。
建て方はsymbol-bootstrapを使うときとほぼ同じですので、もしご興味がある方は一緒に建てましょう!!

注 公式から建て方のアナウンスが出ているわけではありません。また、今回使用するツールが信頼できるものなのか、判断がつきません。ご利用は自己責任でお願いいたします。

建て方
1.環境を整える
symbolのノードを建てる時と同様にnode, docker, dockcer-composeをインストールします。symbol-bootstrapでノードを建てる時と同じですのでここは省略します。

2. YourDLTをインストールする
YourDLT(https://www.npmjs.com/package/yourdlt)をインストールします。
sudo npm i -g yourdlt

その後、フォルダを作成し、移動します。
mkdir yourdlt
cd yourdlt


3. カスタムプリセットを作成する
ここから先の作業はsymbol-bootstrapの作業と同じような感じになります。カスタムプリセット(custom.yml)を作成します。

$ vi custom.yml
nodes:
  -
    host: hogehoge.com
    friendlyName: hogehoge
    beneficiaryAddress: (ノード報酬を入れたいアカウント)
    maxUnlockedAccounts: (最大委任数)

symbolのノードを作成するときと同じように設定してみてください。


4. ノードをセットアップする
ノードをセットアップします。peer,api,dualはお好きなものを選んでください。私はdualにしました。
yourdlt config -p dhealth -t node -a peer|api|dual -c custom.yml
yourdlt compose -t node


5. ノードを起動する
ノードを起動します。symbol-bootstrapと操作は似てます。

yourdlt run  -d -t node


6.立ち上がっているか確認する

yourdlt healthCheck -t node

-t nodeの指定がないと動きません。targetが無いと怒られてしまいます。
他のコマンドを実行するときもsymbol-bootstrapのコマンドに-t nodeをつければ大丈夫そうです。
未検証ですが、4で-t nodeを指定しなければ不要になるかもしれません(誰かやってみてください!)

その他
https://dhealth.network/documents/ 
こちらにRessourcesがあります。ネットワークについて書かれているので読んでみるのも良いと思います。

参考にしたサイト
https://www.npmjs.com/package/yourdlt

Writer
プログラミングと電子工作が趣味です。 symbolのノード運営(api-peer.xym-node.com)を始めてみました、ノード報酬の8割還元やってます

Comment
Login required to post comment
Loading...
https://symbol-sakura-16.next-web-technology.com:3001,https://symbol.harvest-monitor.com:3001,https://hideyoshi-node.net:3001,https://harvest-01.symbol.farm:3001,https://criptian-xym-node.net:3001,https://35665.xym.stir-hosyu.com:3001,https://yuna.keshet.finance:3001,https://cryptocat-xym-node.com:3001,https://misaki-xym.com:3001,https://ik1-305-12844.vs.sakura.ne.jp:3001,https://17107.xym.stir-hosyu.com:3001,https://23639.xym.stir-hosyu.com:3001,https://sym-main-01.opening-line.jp:3001,https://sym-main-02.opening-line.jp:3001,https://sym-main-03.opening-line.jp:3001,https://sym-main-04.opening-line.jp:3001,https://sym-main-05.opening-line.jp:3001,https://sym-main-06.opening-line.jp:3001,https://sym-main-07.opening-line.jp:3001,https://sym-main-08.opening-line.jp:3001,https://sym-main-09.opening-line.jp:3001,https://sym-main-10.opening-line.jp:3001,https://symbol-node-01.kokichi.tokyo:3001,https://50038.xym.stir-hosyu.com:3001,https://27423.xym.stir-hosyu.com:3001,https://angel.vistiel-arch.jp:3001,https://xym.stakeme.tokyo:3001,https://00-symbol-node.yagiyoshi.com:3001,
6BED913FA20223F8,051FAEC15105C808,73019335A785A3AE,5289A9B0DBB7EB25,6B245EAF1302E444,2C4A4893229DD0A9,63509D495CAD7B80,481D74291A71FD1F,009388A38C91A8B2,4E94920841641B77,027C6AD49DE2C9F9,