Gift history
Please access after login.


Wait a moment...

最小手数料乗数(minFeeMultiplier)を下げたらどうなるの?

657
0
2021-07-09 20:47:03
19100 mXYM
(7)
<本記事の執筆にあたって>
sayoです。

前回書かせていただいた記事を発表後、様々なご意見をいただきました。
その中で、記事内容に一部誤り及び誤解を生む表現があったため、修正を行いました。

今回、情報が不確定なまま記事にしたことから、混乱を生む結果となったことをお詫び申し上げます。
今後記事を執筆するにあたり、情報の正確性にはさらに気をつけて参りたいと思いますので、何卒よろしくお願いします。

また、訂正記事を執筆するにあたり、ご協力いただいた目指せ北海道様、XEMBook様、だい様におかれましては、改めて感謝申し上げます。


※記事内の情報は執筆時(令和3年7月)のものです。今後状況が変化した際は、加筆修正する可能性があります。

1 はじめに

最近、最小手数料乗数(=minFeeMultiplier、最小手数料係数)について、乗数を10に設定する動きが活発化しています。

その中で、この性急な動きに不安を覚える方も少なからずいらっしゃると思います。少なくとも、私は不安を覚え、前回の記事を執筆するに至りました。
記事公開後、様々なご意見をいただくなかで、私なりに調べ、考えた結果を本記事に反映させています。

今回は、この最小手数料乗数がどのようなものなのか、また、乗数設定をさげた時の問題点と現在の改善状況についてご説明いたします。

2 最小手数料乗数について

Symbolのノードは、『一定の手数料』以上のトランザクションを認識することができます。



その『一定の手数料』の値を決めるのが、最小手数料乗数です。
詳しい計算方法は、目指せ北海道様の記事
【NEM技術勉強会】8.2 ブロックスコア 8.3 ブロック生成(前半;手数料率)【Symbol白書】
【NEM技術勉強会】ノードのminFeeMultiplierを低く設定するとエンタープライズ導入が進むかも知れない【低手数料トランザクション活用促進】をご参照ください。
この最小手数料乗数の設定を低い値に変更すれば、低手数料のトランザクションもノードが認識することができます。





3 最小手数料乗数を低くしたときの問題点と改善状況

最小手数料乗数の設定を低くしたとき、いくつか問題が発生することが7月時点の状況では考えられます。

(1)送金速度が遅くなる

送金時の際発生したトランザクションは、ノードに認識され、未承認トランザクションとなります。
その後、ノードがハーベストを行うことで、トランザクションが承認され、取引が成立します。

※ハーベストについては、シマリス様のnemedia Symbol(XYM)ハーベストを解説!確率、やり方、注意点など がわかりやすいので、ぜひ、ご覧ください。

ここで問題となってくるのは、最小手数料乗数です。
ノードがハーベストを行う際に承認されるトランザクションは、『一定の手数料』以上を払ったトランザクションです。
例えば、乗数設定が100のノードは、0.02xym以上の手数料を支払ったトランザクションしか承認しませんが、乗数設定が10のノードでは、手数料が0.002xymのトランザクションまで承認することができます(下表参照)。


※数値はおおよその数値です。参考程度としてください。
※ノードの乗数設定の分布に変化が生じた場合、最小手数料も変化します。


しかし、見方を変えてみると、0.02xym以上の手数料を支払ったトランザクションは、全ての乗数設定のノードがハーベストすれば承認されますが、0.002xymしか支払っていないトランザクションは、乗数設定10か5のノードがハーベストした時にしか、承認されません。
このことから、必然的にハーベスト頻度が減るため、つまり送金完了するまでの時間が長くなることがわかります。
ですので、ハーベストをどんどん行う高インポータンスのノードが乗数設定を10に下げることが望まれたのです。



6月までの問題点として、乗数設定10のノードが少なかった(インポータンス総量が低くハーベストが中々発生しなかった)ため、低手数料のトランザクションを投入しても、承認に時間がかかっていました。2時間経過してトランザクションが無効となる事例があったようです。
[>目指せ北海道さん 【NEM技術勉強会】低手数料係数ノードの増加がSymbolのエンタープライズ利用に変化をもたらす可能性について【ShizuiNet】
6月、実際に私もノードを乗数設定10にして、送金を行ったところ、15分~30分程度かかっていました。


しかし、7月現在では、乗数設定10のノードが増え、インポータンス総量が増加したことから、1分半~3分半程度で承認されるようになり、以前のようなデメリットが軽減されました。
トランザクションが2時間たっても承認されないことも無くなったようです。

今後、さらに乗数10設定のノード群のインポータンス総量が増えると、低手数料であっても、送金速度が十分に速いという状況が生まれてくると思います。

ただし、現在は、1分半~3分半程度は送金に時間がかかってしまうため、状況に合わせてウォレットのノード接続設定を変更して、活用していくのが良さそうです。
>参考:Symbolウォレット 接続ノード設定の選び方 ~手数料を安く、送金を早くするには!?~


(2)悪意ある攻撃に狙われてしまったら

乗数設定10など、低手数料の場合、悪意ある攻撃を安価に仕掛けることもできてしまいます。
もし、そのような攻撃に晒された場合、ノードは大丈夫でしょうか?

以前の記事では、キャッシュオーバーフローのような悪意ある攻撃の対象となる可能性をお話しさせていただきました。
6月の段階では、乗数設定10のノードが少なかったため、キャッシュフルに陥ることも考えられました。
しかし、現在は、乗数設定10のノードが増えてインポータンス総量も上昇したため、ノードをキャッシュフルにさせる状況は生まれにくいと考えられます。


それでは、どのような仕組みで攻撃を受けるのか、何故今大丈夫と言えるのかお話します。

①最小手数料乗数設定の低いノードへ大量の低手数料トランザクションを投入




②低手数料トランザクションが、乗数設定が同値以下のノードへ伝播する



③どこかのノードでハーベストが来れば、トランザクションは承認されて処理されるが、ハーベストが来なければトランザクションでいっぱいになり、あふれてしまう(キャッシュオーバーフロー)

●ハーベストが来ればトランザクションは刈り取られます





●ハーベストが来ないと、トランザクションのキャッシュが貯まり続けてしまいます。


6月と7月とでは、状況が大きく異なります。
7月には、最小手数料乗数10への設定促進キャンペーンがあったこともあり、設定10のノードが増えました
その結果、ハーベスト頻度も上がったため、このような攻撃が来てもハーベストによって刈り取られてしまいます。




もし攻撃があっても高インポータンスノードが存在すれば、ハーベストを行い、トランザクションを刈り取ります。

6月の状況であれば、トランザクションが処理されず詰まってしまいますが、7月の状況であれば、高インポータンスノードのハーベストによりトランザクションが刈り取られます。

<攻撃された場合、どのような不利益を被るのか>

もし、攻撃された場合どのような事象が発生するのでしょうか?
まず、先日の記事で書かさせていただいたような、キャッシュフルになるとノードが停止したり、ハーベストが停止するという事象は発生しないことがわかりました。
また、キャッシュフル攻撃を行う場合、1000万円以上の費用がかかると考えられますが、その割に攻撃の効果が薄いこともわかりました。

では、何が起こるのでしょうか?

①低手数料トランザクションばかり処理させられる

ひたすら低手数料トランザクションをハーベストすることになります。高額な手数料のトランザクションが飛んできても、刈り取ることができません。
ただし、今のところ、手数料報酬は無視できるほど低いので、気にする必要はありません。

②キャッシュフルになった場合アプリケーションの動作に影響を与える可能性がある

XEMBookさんによると、もし、アプリケーションが接続しているノードがキャッシュフルになってしまった場合、未承認のトランザクションが飛んできても、アプリケーションがそのトランザクションを認識することができないようです。

例えば、未承認トランザクションが飛んできた場合、ロード画面を表示し、トランザクションが承認されると画面が変わるようなプログラムを組んだ場合、いきなり承認トランザクションが飛んできて一連のアクションが全く動作しない、という不具合が発生するため、対策が必要となります。

ただし、現在は乗数設定10のノードが増えて、3分程度でトランザクションが承認されるようになったため、キャッシュフルになることも考えにくく、乗数設定10も実用レベルなのかもしれない、とのことでした。


4 まとめ

以上のことから、最小手数料乗数設定を10にしたノードが増えているため、6月に心配していた送金速度は改善され、悪意ある攻撃にも耐えられる状況になっていることがわかりました。

また、アプリケーション利用の観点で見てみても、攻撃に晒されず、かつ低手数料での決済を検知できるノードの利用が望ましいということから、この状況をさらに改善していくと、乗数設定10のノードも、アプリ利用の選択肢に入ってくるかもしれません。

修正前の記事では、私が運用するノードは、乗数設定を25に戻すとお話していました。
しかし、このように状況が変化していますので、しばらくは設定10のままにして、微力ながら手数料の低廉化に貢献したいと考えています。

修正前の記事でもお話ししたとおり、乗数設定は、0~100まで色々な設定のノードがあるほうが良いと思います。
今後の情勢をみつつ、ノード運営者それぞれの戦略で、適宜設定を考えていくことが大切だと感じています。
そして、手数料の低廉化が図られていき、エンタープライズ利用がどんどん促進されることを願っております。

この記事公開後、目指せ北海道様が新しく記事を公開されました。
【NEM技術勉強会】低手数料係数ノードの増加がSymbolメインネットに及ぼした影響について【minFeeMultiplier = 10】


こちらの記事も内容修正しております。
Symbolウォレット 接続ノード設定の選び方 ~手数料を安く、送金を早くするには!?~

sayo
Writer
はじめまして、sayoと申します。 Symbolのノードを運営するとともに、Symbolのさらなる発展に貢献するため、ノード報酬を原資としたツール等開発者への寄付活動及びSymbol初心者向けの委任ハーベストガイド集を作成しています。 現在は、NFT-Drive及びNFT-Museumのスポンサーとして定期的な寄付を行っています。 寄付活動にご興味のある方は是非委任していただけると嬉しいです。 【活動内容詳細】:https://nemlog.nem.social/blog/62710 【ノードURL】:0-0-0-akmr-symbol.com 【Twitterアカウント】:https://twitter.com/sayosayo712

Comment
Login required to post comment
Loading...
https://symbol-sakura-16.next-web-technology.com:3001,https://symbol.harvest-monitor.com:3001,https://hideyoshi-node.net:3001,https://harvest-01.symbol.farm:3001,https://criptian-xym-node.net:3001,https://35665.xym.stir-hosyu.com:3001,https://yuna.keshet.finance:3001,https://cryptocat-xym-node.com:3001,https://misaki-xym.com:3001,https://ik1-305-12844.vs.sakura.ne.jp:3001,https://17107.xym.stir-hosyu.com:3001,https://23639.xym.stir-hosyu.com:3001,https://sym-main-01.opening-line.jp:3001,https://sym-main-02.opening-line.jp:3001,https://sym-main-03.opening-line.jp:3001,https://sym-main-04.opening-line.jp:3001,https://sym-main-05.opening-line.jp:3001,https://sym-main-06.opening-line.jp:3001,https://sym-main-07.opening-line.jp:3001,https://sym-main-08.opening-line.jp:3001,https://sym-main-09.opening-line.jp:3001,https://sym-main-10.opening-line.jp:3001,https://symbol-node-01.kokichi.tokyo:3001,https://50038.xym.stir-hosyu.com:3001,https://27423.xym.stir-hosyu.com:3001,https://angel.vistiel-arch.jp:3001,https://xym.stakeme.tokyo:3001,https://00-symbol-node.yagiyoshi.com:3001,
6BED913FA20223F8,051FAEC15105C808,73019335A785A3AE,5289A9B0DBB7EB25,6B245EAF1302E444,2C4A4893229DD0A9,63509D495CAD7B80,481D74291A71FD1F,009388A38C91A8B2,4E94920841641B77,027C6AD49DE2C9F9,29FCA5D3092205EC,56085AD9FCE150AC,7D47EE5423795E68,1FCD7C6B47C7AC5C,34F165131675B97B,2277A3D3C939E3BD,1BEE7E51C52B9E4C,7DE0FA227D5C284A,69C715D2F4E80338,5CF9D768B02E51EA,5B96E6496754C18E,35584939456EE19C,430AB6F115D709C5,202FC8C6762F1286,1DA6F5986C56CAB4,77F0C0918BDDCA75,05D935AB3DBBBDA7,3AB05B7B3373067F,383EEBD409479BDD,282E5F730EEF0F3C,108AFF21E54B77EB,0C4AAE8E82E054FD,18964001EF89D687,15BDE2DDF36FE763,01E2769C92FFB187,427C7F0474B2170B,3F2EEE17968715D5,6C0AFBA20EEBF08B,22975F2097F16D15,2A30D04FF35E8641,03ACEC4F51A71804,5235C4249928922B,2BFEB24F70B91041,741320E728843965,7C4E97850A863208,0586FF7E5ED1C680,606432C50BDE4EB5,15A6AD5E5ED6AC0E,59932634EDBF2A21,5E4F05ED77C64434,71C79278A325FF67,616EC15DE7D641A0,25C2DAB4FE687CBE,3D78B91922741293,5DC4B8DCDC4D3098,2693037B1881D5FA,178FE008F5DCE797,174A93DA9B651FBD,128B2CD071838D3E,1F5630200C5A6025,43449FF761B3DD67,4B20F46C289CA548,35DBA0A70A96615F,78CE44A425CD4514,37179FDE046FE7F2,1739E47C99BAF114,0F3B4A0F2E58703B,3C41561BE3DF7461,2AF0FBFEBF29231F,74CD75720BA4F553,1A5229DC90802C6C,0D2888CD0CBB78EE,2558F02FE439C78F,5DDD07C51EC896A7,437B094116B91BF3,6C9E7CFE33220C8F,38E1C92F412FCA96,2FB263845F59AF82,28C3C38B84138804,659821D4511185A7,7C6095DA82D3E981,70ADA95932385F9F,0BE6C51AD316BF2B,78E6ED1B6C05FD98,39534A8DFD9C0F1E,1BAF1FE1AAF90CD0,6782B8D9162D0C12,5EF22919F6EA15F7,04A3F3F5C088626A,7484B044AC8EF734,305B0ECE763A1E81,08738DB598D0BA37,6F4018163AC51F88,46650CE0C72739A8,0208FCB9186781E5,4E685399C9F8C991,77DB7D348B042A18,578ED7B270B43E64,0B34212023AA5139,479CEDAEE6FAC642,4266458B86437B4B,1F7022D092066B94,0CA28E24CB575AA6,4DCC3C025CDC0BB8,1BD05266C7410EE1,45C46BC710C187AF,7CC2C672543CA102,555BA3719D30D3B9,75C4079CCCCF3E82,66C98D947EAC56FB,1C041AB88A8D222B,79C13E9FE7DA49AB,54D872B5DB378F52,5C97B2414157B039,31E7A64CFF778586,1DFD11EEDA4662C4,18506C180280D8AB,02E95DB8811B3F7A,2D289599AF071703,17EA80052AF590B0,5239AE78AA9011CC,6B6511925501765B,2730974F2D11E9FA,08AB4E53E95E417E,1D0DD379C8C4BA49,26EE7E07E1255FAB,015FABE3F602FA91,366D7D6540335156,2D1E8E73B9F09391,043694AD272BCEBA,064335A213099492,3C40AE05D9758591,71C4BCA24A2FA6C1,20170ABD32244B78,74EBE4C9FD9C3BC8,713583F712D574FA,7C05BBBD486CF544,634D5A328A659C41,2DA0EC8CA32B7CE6,4D0ECC9F6F70D67D,7426EE72B3DFD620,3C3E58B64A8CD43C,5007CF79DF192FB2,1531F39F1B0AA8C3,5D1E928E7902404F,74599424DE012A19,52F96AC0043B02D8,0C694031CFC22C84,03D6EE58174D16DD,054B071E97323D54,2B58942A0A9D3908,7FE10DF86F32776F,1A08F9B88AE4CCF9,03CB7A99E6F6F65A,2F0BAAAD886013B2,7D8FF6C570E909C3,237ACBD2073D7C22,29498519D19B27CF,03E85F9F15A92D27,62B4F899B6DADDFF,6649A6F82740775E,1FA7CAD8017C3045,5FFB7126DD87CC5B,07039874D46F8B44,3391DD8105AD0C82,56C97E544EA9C149,6103DBFFA022249B,41E9771D99FF96A5,65CF7BE26FC7BF56,789063B9FDA7D02B,3EE026A17E4D1895,44B13D3F4EEB8AC9,248AAD9D9E2C1984,0CEDE2DEDDB4832F,5DFE51E2C6617CA4,4FAE3B092339A328,03B7E30D264E586B,3B5B8D2389EEB8C9,0058930348E8DA39,43C44AE173D50661,16E0B9B56763A2A6,43B05E6CCD87A765,33276E3A53106C11,24F35BCEA31E9AFB,49320DB27BA10BF5,01B69528B052EFA3,21C3025E1B2B9D3C,613FFCD9027A73D9,79A5BC34AE8B6314,35BFF98EA19690D4,156CDDD2D6791814,6E4E5A6C8F1ECA31,21BCF4CD26C307FF,15F6E07EAC6D5186,71A24162BA611651,0EDC8542160D8DAA,771BAE5451E881A8,1E47CA21337876B5,7688DC299D77C545,1166391DB32354A4,6A0AF7328EBBE113,38E48122C0FC8BCF,484874B2C669D6E1,4EF142A5D00BDA63,0508049897379E24,50B28C0858AE222C,75F2674CEE45E919,2F0DC3D306469BF9,5A86884742F89C7F,78F0F31776134860,1576EB985E541EA9,17D9C6FCB4FAB2A0,6B2E9EAF2632AEC8,007050CE9F59E77C,5D88028B3A9E633A,554191B46C16E4C4,5A0E1268E65E99F2,41A67647778AEA4D,7EADDBC2119EADA0,3D4235EB6FC9247D,5D25658948613563,5629D816678CF8FC,48A147A7F34C0131,46DF1D828736AFE1,748D83A906C897E4,0708BF363BA9595A,58384D5F0D793C09,531A0934DE43FBAC,1C4EEB7AD6B44AF4,383B57EBD5272C12,41F8077951D07ADF,0F52B4D356FDA824,1FE0805A112A03DF,38E8FFDFCD6510FF,0F65746CB1D7AD53,1E9E3010A1412DDB,7401A59C5DBD66A4,5FDC6383C702EC40,3B97B8CA49739205,5A799437D541B2DA,187E2C0B8F401ED9,0ACA1FDDEB9F6A07,4F2DC8BA863044C6,7D2383791D91CD04,54ACEAF1E8632DF1,7B9DC57CC154B2E0,0B7766A119D5E4B5,49D82E72E99EB836,509A58B6FDFFC197,0C1058BB20787615,581B528745FE0F3B,28D1C21EDE70206A,23A72A2876482029,22EB02FCBC661527,5A8F12439B09B33E,5FF7741F1AE008DE,220DE9C58B8E0E71,5D9D5C6BFE968E2C,3F0B0C29CFD04713,11B52399E03C7E5C,14ABF8C934D15151,7290BAEF5C9CF307,6A44EB5C0F8ED639,255AC0628631B47B,7ADA0B238BB2E29D,05E545728E183EFA,73908A9FF9A309BE,7542C49F2737C4DE,6BE5318AED3E68DB,581F8B63FDF26797,6936D8BB20F4668A,410ECE9587841E7F,149C29AC78DA6465,2181451A49AB930A,7930B6BDAED90925,311AD92AC357CFD7,14340B796150DF92,4D4C35DA96550436,1B5CF0365D451EED,7691E0E6C687B9C0,76D453D709EEE2ED,22AE5C6526EBDE2B,