Gift history
Please access after login.


Wait a moment...

今週「NEMLOGマルシェ」公開します

327
2
2021-11-15 23:25:01
216099 mXYM
(6)
1 good

こんばんは。今日はNEMLOGの新機能「NEMLOGマルシェ」の紹介です。
簡単に言えば「Symbol決済可能な商品を掲示します」というサービス。開発のきっかけはこのSymbolの新しいロゴ。

ロゴを見てギターピックを作りたくなったんですが、専門業者さんに製作依頼すると100枚単位での発注が必要。当然一人で100枚持っててもしゃーないので、余剰を捌くためのフリマ的なのが欲しいなぁと考えてました。
昨日NEMLOG基金のmatsunoさんと別件で話してて、「決済機能なくてもいいからイベント用の景品を探せる場が欲しい」という案が出たので、「じゃあ作りましょうか~。」って流れに。名前は「NEMLOGマルシェ」。

NEMLOGマルシェを作るもう一つの理由はnem store復活の検証。僕は以前「nem store」という nem決済可能なフリマサービスを運営していたのですが、 カタパルトアップデート(とりあえずSymbolのことと思ってもらえばいい)に備えてサービスを停止していました。Symbolはローンチしましたが、今や時間を割いてnem storeを復活させる価値があるか未知なので、NEMLOGマルシェで様子を見たいと思っています。

本案、一週間くらい掛けてゆっくり作ろうと考えていたのですが、今日少し時間があったのでNEMLOG既存機能を活かしながらパパッと作ってしまいました。システムの作動はすでに確認してあるので 後日使い方記事をアップしてから開始しようと思います。開始目標は今週中。(開発は1日で終わるのにヘルプやらなんやらを作るのが億劫で進まない。謎。)

以下NEMLOGマルシェの概要です。
NEMLOGマルシェはnem storeの決済、在庫管理、出品者評価、カテゴリ検索といった機能を全てカットし、「商品紹介の場を提供するだけ」というコンセプトにしました。発送・決済等は出品者と購入者で連絡を取りあって実施していただくこととなります。連絡にはNEMLOG DMだけでなくツイッター等の外部ツールを使っても問題ありませんし、決済に関してはNEMLOGの投げXYM機能やウォレットを活用してもらえればと思います。最近Symbol関連グッズの情報が飛び交ってるのをよく見ますので、NEMLOGマルシェにたくさんのSymbolグッズが並ぶと嬉しいです。
また、Symbolコミュニティは多才な人が多いので、グッズだけでなく、「イラスト描くよ~」「プログラム教えるよ~」等、スキル販売も面白いかもしれませんね。


正直NEMLOGマルシェのニーズはあまりないと思っていて、僕の不用品処理場になる可能性大ですが、とりあえず半年を目標にNEMLOGマルシェを続けたいと思います。賑わってきたなと感じたらより多くの機能を盛り込んだ、新しい「nem store(仮)」をモバイルで開発します。

ご意見等々あればコメントください。

Writer
NEMLOG、nem store、nemgraphを作った人。 これら全部ひとりでプログラム書いて、英訳したと思うと吐き気がしますね。 こんなもん作ってますが、別にNEM・Symbol推しではないという変な人。

Comment
Login required to post comment
Loading...
https://symbol-sakura-16.next-web-technology.com:3001,https://symbol.harvest-monitor.com:3001,https://hideyoshi-node.net:3001,https://harvest-01.symbol.farm:3001,https://criptian-xym-node.net:3001,https://35665.xym.stir-hosyu.com:3001,https://yuna.keshet.finance:3001,https://cryptocat-xym-node.com:3001,https://misaki-xym.com:3001,https://ik1-305-12844.vs.sakura.ne.jp:3001,https://17107.xym.stir-hosyu.com:3001,https://23639.xym.stir-hosyu.com:3001,https://sym-main-01.opening-line.jp:3001,https://sym-main-02.opening-line.jp:3001,https://sym-main-03.opening-line.jp:3001,https://sym-main-04.opening-line.jp:3001,https://sym-main-05.opening-line.jp:3001,https://sym-main-06.opening-line.jp:3001,https://sym-main-07.opening-line.jp:3001,https://sym-main-08.opening-line.jp:3001,https://sym-main-09.opening-line.jp:3001,https://sym-main-10.opening-line.jp:3001,https://symbol-node-01.kokichi.tokyo:3001,https://50038.xym.stir-hosyu.com:3001,https://27423.xym.stir-hosyu.com:3001,https://angel.vistiel-arch.jp:3001,https://xym.stakeme.tokyo:3001,https://00-symbol-node.yagiyoshi.com:3001,
6BED913FA20223F8,051FAEC15105C808,73019335A785A3AE,5289A9B0DBB7EB25,6B245EAF1302E444,2C4A4893229DD0A9,63509D495CAD7B80,481D74291A71FD1F,009388A38C91A8B2,4E94920841641B77,027C6AD49DE2C9F9,