Gift history
Please access after login.


Wait a moment...

11/3(日)横浜Symbol決済イベント「関内フード&ハイカラフェスタ」にお越しいただきましてありがとうございました!

450
3
2021-11-20 17:21:04
69390 mXYM
(2)
1 good

横浜関内にて、4月に続いてSymbol払いができるイベントブースを提供させていただきまして誠にありがとうございました。
本イベントやローズ(@nrq_jp)のつぶやきを拡散いただきました全ての皆様、感謝申し上げます。
おかげ様で多くの方にツイートが届けられたことで多くの方に関内に足を運んでいただくきっかけにつながりました。
また、本イベントブースの開設ご協力をいただきました関内まちづくり振興会の皆様、誠にありがとうございました。



(写真:Symbol払い決済ブースを担当してくれた地元の協力者たち)
============================================

2021年11月3日、『関内フード&ハイカラフェスタ』が開催されました。関内地区連合町内会、横浜市交通局協力の中、横浜市都市整備局、TVK、神奈川新聞社後援の元、「関内まちづくり振興会」が主催するイベントで、今回で13回目となります。)
関内まちづくり振興会HPはこちら
https://www.kannai.or.jp/
=============================================

11/3(日)の横浜関内Symbolブースは、遠くから足を運んでくださるSymbolerのみなさんに楽しんでいただければと思っていたことに加えて、Symbolコミュニティと街に住む人たちも参加できて、混じりながら楽しめる空間になったらいいなと思って企画して参りました。

関内まちづくり振興会の会長から勉強会をしていいですよとコメントをしっかりといただいたので、「そうだ、暗号資産を使えるような勉強会になればいいんだ」と考えまして、
まずはwalletをダウンロードして使うところからの勉強会を実施しました。奇跡的にスケジュールの調整がうまく行きまして10月末までに全3回の勉強会を行い、送受信を完璧にできるようになり、イベント当日になりました。


(写真:第1回Symbol等ブロックチェーン勉強会 in 横浜関内)
https://twitter.com/gotohhiwatashi/status/1457717696003330052?s=20


その甲斐あって、当日多くの振興会の会長だけでなく近隣の理事や会長も決済をしにきてくださって、このSymbolで支えられた決済という未来体験をして楽しんでいただくこともできました。
ねむぐまさんの運営されているシンくまノード支援検討先であるピクニックルーム後藤さんのツイートから抜粋

>>https://twitter.com/gotohhiwatashi/status/1457718159708868608?s=20
( 写真:横浜市中区区長と関内まちづくり振興会会長がSymbol払いでコーヒーが買える話をしている絵)



(写真:横浜の方が、SymbolWalletをその日にDLして、偶然きてくださっていた参加者(しんたそさん)から投げXYMされて決済に挑戦!!!)
Youtuber、しんたそさんのYoutubeにその模様もございます!!!
(https://www.youtube.com/watch?v=7mbR9hyHric)

イベント当日、朝は11時ちょっと前から奇跡の17時少しすぎまで、多くの方にご来場いただきまして、


(初決済のお客様!!!)

おかげさまで今回の合計トランザクション数は、コーヒーショップ+アルコールショップで合わせて、



「「「   44回でした、すげー!!!!すげーー!!!!!   」」」

いやほんとにすごすぎます。
ご来場、誠にありがとうございました。感謝感激です。。。!
タイミングによって直接お話しできた方もそうでなかった方もおられたかと思います。本当にきてくださって盛り上げてくださってありがとうございます。

そして、最後にはなりましたが、Nem奈々さん(@nem_symbol7)イベントを盛り上げるためのオリジナル作品、とっても可愛いポストカード本当にありがとうございました!!!!!めっちゃ人気でした!!!✨
いろんなところで当日は活躍してくれました!!!



ねむぐまさん(@nembear )、当日を迎えるまではイベントの拡散にお力添えをいただいて、さらに当日は午前中は横浜市のイベントみらソンにご参加(トレストさんもみらソンのご視聴、拡散とコメントありがとうございました!!!)、そして一瞬のお昼タイムを挟んでの関内ピッチへの御登壇で関内を盛り上げていただきまして誠にありがとうございました!!!

(写真:ねむぐまさん、2021/11/3(日)の関内ピッチに登壇)


関内まちづくり振興会の会員としてブロックチェーンブースの設営を許可いただけたので、4月18日よりパワーアップして特設コーナーを設けさせていただくことができました。
3月にSymbolが誕生して、1ヶ月後の4月に実証実験の暗号資産決済イベントとして"さくらまつり"にSymbolを利用してみてから、
ブロックチェーンがまちづくりにおける公共性や特異性、可能性を探りながら、"正しく使えるように"全3回の勉強会開催を認めていただいて、通常の街づくり部会前にその時間をとっていただきました。
今回のイベントは、私にとっても関内にとってもSymbolにとってもすごく重要な意味があったと思います。結果として街づくりにブロックチェーンがもたらす可能性について、今後探りながらも色々取り組んで行けるようになるのではないかと、肌感覚ですが感じています。

それもこれも、4月、11月と取り上げて拡散、そしてご来訪くださいましたコミュニティの皆様のおかげです。
本イベントや今後始まる街づくりは、決してハードフォークや上場といったような派手なものではないかもしれませんが・・・

私がイベントの際に関内にある別の地域の会長に教えていただいたことがあります!

▶︎横浜関内の歴史を覚えてくれないとダメとは言わないが、なぜ?このような街になっているのか、なぜこのような名前がついているのかしっていますか?それは先人たちが作ってきたモノで、歴史あることである、こういったものを大事にできることが大切。ただそのまま残すのではなく、これからに繋げていくものと混ぜ合わせて新しいことを取り入れていくことがイノベーションであり、それができるのがこの横浜関内の魅力。これからのまちづくり、デジタル技術が良い影響を与えられるのであればここら辺をぜひ大事にしてください。

まさしくブロックチェーンテクノロジーは公共性の高い街づくりにおいてここに可能性があると感じました。
息長く活動が必要な街づくりにブロックチェーン"Symbol"がそう使われるのか!決済がブロックチェーンシステムを介した上で起きるとこういうことも考えられるのか!など、試行錯誤しながら挑戦する横浜関内を応援いただければ幸いです。

今回のイベントを通じていよいよ"関内として"どう対応していくかの話にも繋がっていくようになりました。
少しずつ進みますが、公開できる情報からまたつぶやいてまいりますので、どうぞお知恵やお力添えの方、よろしくお願い申し上げます。

今までは二つ返事でOK!やりましょう!やっちゃえますよ!!!という感じで軽く答えられておりましたが、そこもしっかり確認してからの活動になると思います。そこだけは申し訳ないですが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

(いい意味では、それくらいSymbolが街の人に知っていただき始めた、悪い意味では情報公開スピードがちょっとだけ遅くなるカモ?まだ実感はないですが、そんな気がしています。)

これからもどうぞ横浜関内をよろしくお願いいたします!

この度はリアルやオンラインを通じてイベントを共に盛り上げていただき誠にありがとうございました!!!!!
Writer
Comment
Login required to post comment
Loading...
https://symbol-sakura-16.next-web-technology.com:3001,https://symbol.harvest-monitor.com:3001,https://hideyoshi-node.net:3001,https://harvest-01.symbol.farm:3001,https://criptian-xym-node.net:3001,https://35665.xym.stir-hosyu.com:3001,https://yuna.keshet.finance:3001,https://cryptocat-xym-node.com:3001,https://misaki-xym.com:3001,https://ik1-305-12844.vs.sakura.ne.jp:3001,https://17107.xym.stir-hosyu.com:3001,https://23639.xym.stir-hosyu.com:3001,https://sym-main-01.opening-line.jp:3001,https://sym-main-02.opening-line.jp:3001,https://sym-main-03.opening-line.jp:3001,https://sym-main-04.opening-line.jp:3001,https://sym-main-05.opening-line.jp:3001,https://sym-main-06.opening-line.jp:3001,https://sym-main-07.opening-line.jp:3001,https://sym-main-08.opening-line.jp:3001,https://sym-main-09.opening-line.jp:3001,https://sym-main-10.opening-line.jp:3001,https://symbol-node-01.kokichi.tokyo:3001,https://50038.xym.stir-hosyu.com:3001,https://27423.xym.stir-hosyu.com:3001,https://angel.vistiel-arch.jp:3001,https://xym.stakeme.tokyo:3001,https://00-symbol-node.yagiyoshi.com:3001,
6BED913FA20223F8,051FAEC15105C808,73019335A785A3AE,5289A9B0DBB7EB25,6B245EAF1302E444,2C4A4893229DD0A9,63509D495CAD7B80,481D74291A71FD1F,009388A38C91A8B2,4E94920841641B77,027C6AD49DE2C9F9,29FCA5D3092205EC,56085AD9FCE150AC,7D47EE5423795E68,1FCD7C6B47C7AC5C,34F165131675B97B,2277A3D3C939E3BD,1BEE7E51C52B9E4C,7DE0FA227D5C284A,69C715D2F4E80338,5CF9D768B02E51EA,5B96E6496754C18E,35584939456EE19C,430AB6F115D709C5,202FC8C6762F1286,1DA6F5986C56CAB4,77F0C0918BDDCA75,05D935AB3DBBBDA7,3AB05B7B3373067F,383EEBD409479BDD,282E5F730EEF0F3C,108AFF21E54B77EB,0C4AAE8E82E054FD,18964001EF89D687,15BDE2DDF36FE763,01E2769C92FFB187,427C7F0474B2170B,3F2EEE17968715D5,6C0AFBA20EEBF08B,22975F2097F16D15,2A30D04FF35E8641,03ACEC4F51A71804,5235C4249928922B,2BFEB24F70B91041,741320E728843965,7C4E97850A863208,0586FF7E5ED1C680,606432C50BDE4EB5,15A6AD5E5ED6AC0E,59932634EDBF2A21,5E4F05ED77C64434,71C79278A325FF67,616EC15DE7D641A0,25C2DAB4FE687CBE,3D78B91922741293,5DC4B8DCDC4D3098,2693037B1881D5FA,178FE008F5DCE797,174A93DA9B651FBD,128B2CD071838D3E,1F5630200C5A6025,43449FF761B3DD67,4B20F46C289CA548,35DBA0A70A96615F,78CE44A425CD4514,37179FDE046FE7F2,1739E47C99BAF114,0F3B4A0F2E58703B,3C41561BE3DF7461,2AF0FBFEBF29231F,74CD75720BA4F553,1A5229DC90802C6C,0D2888CD0CBB78EE,2558F02FE439C78F,5DDD07C51EC896A7,437B094116B91BF3,6C9E7CFE33220C8F,38E1C92F412FCA96,2FB263845F59AF82,28C3C38B84138804,659821D4511185A7,7C6095DA82D3E981,70ADA95932385F9F,0BE6C51AD316BF2B,78E6ED1B6C05FD98,39534A8DFD9C0F1E,1BAF1FE1AAF90CD0,6782B8D9162D0C12,5EF22919F6EA15F7,04A3F3F5C088626A,7484B044AC8EF734,305B0ECE763A1E81,08738DB598D0BA37,6F4018163AC51F88,46650CE0C72739A8,0208FCB9186781E5,4E685399C9F8C991,77DB7D348B042A18,578ED7B270B43E64,0B34212023AA5139,479CEDAEE6FAC642,4266458B86437B4B,1F7022D092066B94,0CA28E24CB575AA6,4DCC3C025CDC0BB8,1BD05266C7410EE1,45C46BC710C187AF,7CC2C672543CA102,555BA3719D30D3B9,75C4079CCCCF3E82,66C98D947EAC56FB,1C041AB88A8D222B,79C13E9FE7DA49AB,54D872B5DB378F52,5C97B2414157B039,31E7A64CFF778586,1DFD11EEDA4662C4,18506C180280D8AB,02E95DB8811B3F7A,2D289599AF071703,17EA80052AF590B0,5239AE78AA9011CC,6B6511925501765B,2730974F2D11E9FA,08AB4E53E95E417E,1D0DD379C8C4BA49,26EE7E07E1255FAB,015FABE3F602FA91,366D7D6540335156,2D1E8E73B9F09391,043694AD272BCEBA,064335A213099492,3C40AE05D9758591,71C4BCA24A2FA6C1,20170ABD32244B78,74EBE4C9FD9C3BC8,713583F712D574FA,7C05BBBD486CF544,634D5A328A659C41,2DA0EC8CA32B7CE6,4D0ECC9F6F70D67D,7426EE72B3DFD620,3C3E58B64A8CD43C,5007CF79DF192FB2,1531F39F1B0AA8C3,5D1E928E7902404F,74599424DE012A19,52F96AC0043B02D8,0C694031CFC22C84,03D6EE58174D16DD,054B071E97323D54,2B58942A0A9D3908,7FE10DF86F32776F,1A08F9B88AE4CCF9,03CB7A99E6F6F65A,2F0BAAAD886013B2,7D8FF6C570E909C3,237ACBD2073D7C22,29498519D19B27CF,03E85F9F15A92D27,62B4F899B6DADDFF,6649A6F82740775E,1FA7CAD8017C3045,5FFB7126DD87CC5B,07039874D46F8B44,3391DD8105AD0C82,56C97E544EA9C149,6103DBFFA022249B,41E9771D99FF96A5,65CF7BE26FC7BF56,789063B9FDA7D02B,3EE026A17E4D1895,44B13D3F4EEB8AC9,248AAD9D9E2C1984,0CEDE2DEDDB4832F,5DFE51E2C6617CA4,4FAE3B092339A328,03B7E30D264E586B,3B5B8D2389EEB8C9,0058930348E8DA39,43C44AE173D50661,16E0B9B56763A2A6,43B05E6CCD87A765,33276E3A53106C11,24F35BCEA31E9AFB,49320DB27BA10BF5,01B69528B052EFA3,21C3025E1B2B9D3C,613FFCD9027A73D9,79A5BC34AE8B6314,35BFF98EA19690D4,156CDDD2D6791814,6E4E5A6C8F1ECA31,21BCF4CD26C307FF,15F6E07EAC6D5186,71A24162BA611651,0EDC8542160D8DAA,771BAE5451E881A8,1E47CA21337876B5,7688DC299D77C545,1166391DB32354A4,6A0AF7328EBBE113,38E48122C0FC8BCF,484874B2C669D6E1,